>   >  民生向けとしては最大規模の32コア64スレッドCPU「第2世代Threadripper」が登場! AMDが仕掛ける新たなCPU戦略とは
民生向けとしては最大規模の32コア64スレッドCPU「第2世代Threadripper」が登場! AMDが仕掛ける新たなCPU戦略とは

民生向けとしては最大規模の32コア64スレッドCPU「第2世代Threadripper」が登場! AMDが仕掛ける新たなCPU戦略とは

AMDは8月6日(火)、民生向けおよびワークステーション向けのCPUとして第2世代Ryzen Threadripperシリーズを発表した。その最上位モデルの「Ryzen Threadripper 2990WX」は実コア数32、同時処理可能スレッド数64の32C64T構成のCPUであり、現状、競合のIntelが民生向けおよびワークステーション向けのCPUとしてリリースしている最上位モデルCore i9-7980XEの18C36T構成を大きく上回ることで注目を集めている。

TEXT&PHOTO_西川善司 / Zenji Nishikawa(トライゼット
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

2nd Gen AMD Ryzen™ Threadripper™ Processor - Create with Heavy Metal


第2世代Ryzen Threadripperの製品ラインナップ

第2世代Ryzen Threadripperのチップを掲げるJim Anderson氏(SVP and General Manager, Computing and Graphics Busniess Group/AMD)。左は製品状態、右はヒートスプレッダを外した状態だ

まずは基本情報から整理しよう。今回発表されたモデルは以下の4モデルになる。


  • チップイメージ


  • パッケージ

おおむね競合Intelの同クラスCPUよりも100ドルから200ドルほど安価な設定で、しかも実効性能は+20%〜+50%ほど高く、コストパフォーマンスはかなり優秀だ。下位モデルから見ていくと、AMD的にはハイエンドゲーマーやPCエンスー向けと位置づけているのがXシリーズになる。

Xシリーズは12コア24スレッドの2920Xと16コア32スレッドの2950Xからなり、パッケージ内のプロセッサコアはいずれも既に発表済みの第2世代Zenコア、通称「Zen+」が採用される。「16コア32スレッド」となるスペック的に競合する第1世代Threadripperの1950Xと2950Xのちがいは、見かけ上は「第2世代Threadripper向け専用機能の有無」ということになるが、このあたりについては後述する。なお、今後しばらくは第1世代Threadripperは継続的に販売される見込みとのこと。

上位モデルとして発表されたWXシリーズは、AMD的にはクリエイターや先進技術開発者向けを想定している製品だという。なお、WXシリーズのWは「ワークステーション向け」の意味も込められているらしい。WXシリーズは24コア48スレッドの2970WXと32コア64スレッドの最大スペックモデル2990WXの2モデルからなる。こちらも、パッケージ内のプロセッサコアには「Zen+」が採用される。

マザーボード搭載イメージ


第2世代Ryzen Threadripperのコアアーキテクチャ概説

第2世代Threadripperは、12nm製造プロセスで製造されたZEN+コアのうち、上位5%の良品を選別して製造される。選別の理由は定格で安定した動作を果たすことは当然として、同じ電気的条件下、温度条件下でもより高クロックで動作することを期待するためだ。

第2世代ThreadripperはZEN+コアの最上位5%の良品を選別して構成されている

選別された実動ZEN+コアを2基搭載した第2世代Threadripperは2950X(16C32T)や2920X(12C24T)となり、4基搭載したものは2990WX(32C64T)や2970WX(24C48T)となる。一方の2950X(16C32T)や2920X(12C24T)は第1世代Threadripperと同様に、実動CPUコアは2基しかなく、残りの2基のコアは無効化されたダミーだ。

まずは、実稼働コアが「ZEN+コア✕2基」の2950Xのブロックダイアグラムを見てみよう。ちなみに2920Xも、パッケージ内の各ZEN+コアにおいて物理コアが2基ずつ無効化(6コアだけが有効化)されているだけでブロックダイアグラムとしての構成自体は2950Xと同じである。

実動ZEN+コアが2基構成の第2世代Threadripperのブロックダイアグラム(図中のダイ間伝送帯域50GB/secは誤記)

実稼働する2つのZEN+コア同士は、このブロックダイアグラム上で「∞」として表されるInfinity Fabricで接続される。このInfinity FabricはAMD製の様々なプロセッサや周辺I/Oを接続するデータ伝送アーキテクチャの総称で、ZENコア、そしてZEN+コアでは、このインターフェイスがInfinity Fabric On-Package(IFOP)という機能ブロックとして4基搭載されている。ブロックダイアグラム上では各ダイに赤い∞マスが1つずつしかないが、実際にはこのIFOPを2つ活用した2リンク構成でZEN+コア同士を接続している。1リンクあたりの帯域が50GB/secなので、2リンク接続の場合は100GB/secとなる。

続いて実稼働コアが4基の2990WXのブロックダイアグラムを見てみよう。ちなみに2970WXも、パッケージ内の各ZEN+コアにおいて物理コアが2基ずつ無効化(6コアだけが有効化)されているだけでブロックダイアグラムとしての構成自体は2990WXと同じである。

実動ZEN+コアが4基構成の第2世代Threadripperのブロックダイアグラム(図中のダイ間伝送帯域25GB/secは誤記)

この実稼働4コア構成では、4つあるIFOPのうち(この図では3つしか描かれていないが)、3つを使って自分以外の3つのZEN+コアに対して接続されていることがわかる。この構成では各ZEN+コアとのInfinity Fabric接続は1リンクずつとなるので、その帯域は、前段の実動ZEN+コアが2基構成の第2世代Threadripperの半分、50GB/secとなる。

次ページ:
Threadripperを取り巻くプラットフォーム

特集