>   >  未来のツールをいち早く――SIGGRAPH 2018における注目論文とその傾向~SIGGRAPH 2018<4>~
未来のツールをいち早く――SIGGRAPH 2018における注目論文とその傾向~SIGGRAPH 2018<4>~

未来のツールをいち早く――SIGGRAPH 2018における注目論文とその傾向~SIGGRAPH 2018<4>~

CG/VFXとインタラクティブ技術が集まる国際カンファレンスSIGGRAPH。その本分は学会であり、SIGGRAPHは数ある学会の中でも採択率が2割~3割程度と採択されるのが難しいトップカンファレンスの1つと言われている。今年は世界38ヶ国から464本の投稿があり、そのうち128本が採択され、それに加えて年次の論文集(Transactions on Graphics)から39本、合計167本の論文が発表された。その中から発表会場で話題になったものや注目の論文を、何本か紹介しよう。

※本記事は2018年8月13日に開催されたSIGGRAPH2018/Papers Fast Forwardでの取材内容に基づきます。

関連記事
伝統×最新技術の映像表現『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』VFXメイキング~SIGGRAPH 2018<1>〜
視野角210×130度が実現する圧倒的な没入感!「StarVR One」発表会&実機デモ~SIGGRAPH 2018<2>〜 数々のクロスオーバー作品が登場するVR空間はどうつくられたか『レディ・プレイヤー1』VFXメイキング~SIGGRAPH 2018<3>~

TEXT_安藤幸央(エクサ) / Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>米国大手企業の活躍も目立ち、実用的な論文が豊富

SIGGRAPHの論文は、採択本数が決まっているわけではなく、優秀な論文から各38カテゴリにおいて、それぞれ2本から4本が採択される。今年も多くの企業、大学機関、研究者からの論文が採択された。近年の傾向としては米国大手企業の研究所の活躍が目立つ。アドビリサーチ、グーグルリサーチ、ディズニーリサーチ、マイクロソフトリサーチ、そして今年はフェイスブックリサーチからの論文も数多く、身近なSNSや写真撮影への応用技術、最先端のVR応用技術など多岐にわたった発表が見られた。SIGGRAPHの論文発表の1つの特徴は、実務に近い研究がなされていることで、映画のVFXで利用された最新技術がそのまま論文化されていたり、今年論文発表された最新技術が、翌年には市販ツールの機能として取り込まれていたり、研究と実業との連携のスピードが早い。

SIGGRAPH 2018論文リンク集

SIGGRAPH 2018 Papers公式ページ
s2018.siggraph.org/conference/conference-overview/technical-papers/

論文の1stページ集
s3-us-west-2.amazonaws.com/client-smith-bucklin/technical-papers-first-pages.pdf

論文のPDF公開、カテゴリごとに分類されている
www.siggraph.org//learn/conference-content

SIGGRPAH 2018論文のダイジェスト動画

Technical Papers Preview: SIGGRAPH 2018

SIGGRAPH 2018 Papers Fast Forwardの発表動画

Technical Papers Fast Forward

論文、論文発表者、動画、サンプルプログラムなどへのリンク集(非公式)
kesen.realtimerendering.com/sig2018.html

次ページ:
<2>SIGGRAPH 2018、注目の論文紹介

特集