>   >  「THE IDOLM@STER MR ST@GE!!」レポート&インタビュー(前編)>>彼女たちは、いかにして現実世界のステージに立ったのか?
「THE IDOLM@STER MR ST@GE!!」レポート&インタビュー(前編)>>彼女たちは、いかにして現実世界のステージに立ったのか?

「THE IDOLM@STER MR ST@GE!!」レポート&インタビュー(前編)>>彼女たちは、いかにして現実世界のステージに立ったのか?

バンダイナムコエンターテインメント(以下、BNE)が展開するアイドルコンテンツ『THE IDOLM@STER』。その作中に登場する芸能事務所「765プロダクション」(以下、「765プロ」)の女性アイドル13人が、横浜市のDMM VR THEATERにて「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆」(以下、「MR ST@GE!!」)というライブに出演した。

声優が出演するライブではなく、これまでゲームの世界にいたアイドルが現実世界のステージでリアルタイムに歌い踊り、来場者とインタラクティブなトークも行うライブ。彼女たちは、いかにして現実世界のステージに立ったのか? 今回は2018年10月7日に行われた「MR ST@GE!! 2nd SEASON」の「双海亜美・双海真美 主演回(第二部)」のレポートと、アイドルのパフォーマンスを陰で支えたバンダイナムコスタジオ(以下、BNS)の『THE IDOLM@STER』開発メンバーへのインタビューの模様をお送りする。

TEXT_田端秀輝 / Hideki Tabata(@hitabataba
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

「アイドルはすぐそこにいる」という感覚を抱かせてくれるライブ

『THE IDOLM@STER』は、アーケードゲームより始まり、今では家庭用ゲーム機やスマートフォンなど様々なハード向けのゲームがリリースされている。ゲーム内容はプレイヤーが「プロデューサー」になり、アイドルたちをプロデュースしていくというもの。多数のアイドルの中からユニットをつくり、好きな衣装と楽曲を選ぶことで、3Dモデルで描かれたアイドルによるライブシーンを楽しめるのもゲームの売りのひとつである(家庭用ゲームでは、さらにアクセサリーも自由に組み合わせることができる)。コンテンツのファンのことも、ゲームでのプレイヤーの職業をなぞらえて「プロデューサー」と呼称される。

ゲームやアニメだけでなく、作中楽曲のCDリリースやアイドルの声を演じる声優陣が出演するライブイベントなど、われわれが生きている現実世界でもアイドルを活躍させようとしているのが『THE IDOLM@STER』の大きな魅力である。そんな中、声優のライブではなく、「765プロ」のアイドル、つまり2次元の世界にいるはずのアイドルを最新技術を用いて現実世界へ呼び出し、ライブを行なったのがDMM VR THEATER(※1)で開催された「MR ST@GE!!」である。「MR ST@GE!!」の1st SEASONは2018年4月〜5月、続いて2018年9月〜10月に、よりパワーアップした2nd SEASONが開催された。

※1 DMM VR THEATER:「ホログラフィック」技術を用いて、3Dメガネなどを着用しなくてもリアルタイムの立体映像を見ることができる劇場。客席から舞台を見ると、舞台手前のスクリーン上に映った人物があたかも舞台に立っているように見える。詳しくはDMM VR THEATERの「技術紹介」を参照。

本ライブは2つのパートに分けられる。ひとつは「765プロ」の13人のアイドルがユニットに分かれて、代わる代わる人気楽曲を披露していくユニットライブパートだ。

▲楽曲「99 Nights」を歌う(写真左から)萩原雪歩、双海真美、水瀬伊織、星井美希、双海亜美。実際のライブと同様、レーザーやスモークによる演出効果でもステージを盛り上げる


▲楽曲「ToP!!!!!!!!!!!!!」を歌う(写真左から)三浦あずさ、秋月律子、如月千早、我那覇 響、双海真美


▲楽曲「虹色ミラクル」を歌う(写真左から)天海春香、菊地 真、双海亜美、高槻やよい、四条貴音。ステージ壁面のスクリーンには楽曲ごとに変わる背景が映し出されている


ゲームと同様、「MR ST@GE!!」でも様々なアイドルや衣装の組み合わせを堪能でき、「プロデューサー」を喜ばせるセットリストになっていた。

▲楽曲「my song」を歌う(写真左から)高槻やよい、秋月律子、星井美希。声優によるライブイベントでは見られなかったアイドルの組み合わせに、感涙する「プロデューサー」も少なくなかった


そしてもうひとつは、主演アイドルが楽曲を披露し、客席にいる「プロデューサー」とトークを行うパートである。このパートは事前収録されたデータではなく、BNSのインタラクティブ(双方向)なライブコンテンツ提供サービス「BanaCAST(バナキャスト)」(※2)を用い、まさに生で展開されていく。2nd SEASONでは、「765プロ」のアイドルのうち、天海春香、萩原雪歩、高槻やよい、秋月律子、三浦あずさ、菊地 真がひとりずつ日替わりで主演アイドルを担当。取材を行なった日は、いつも元気で賑やかな双子のアイドル、双海亜美と双海真美が2人で主演アイドルを務めていた。

※2 BanaCAST:BandaiNamco Character Streaming Technologyの通称。BNSが開発した、最新のモーションキャプチャ技術と、高品質なリアルタイムCG技術を組み合わせたインタラクティブなライブコンテンツ提供サービス。詳しくは「『BanaCAST(バナキャスト)』ができるまで」(前編)(後編)を参照。

▲うさぎの耳で隠れているが、向かって左側を髪留めで結わいているのが妹の双海亜美(写真左)。ねこ耳を着けている、向かって右側をサイドポニーにしているのが姉の双海真美(写真右)