>   >  12の国・地域から気鋭の作品が集ったアジア最大規模の映像コンテスト「第20回 DigiCon6 ASIA Awards」授賞式レポート
12の国・地域から気鋭の作品が集ったアジア最大規模の映像コンテスト「第20回 DigiCon6 ASIA Awards」授賞式レポート

12の国・地域から気鋭の作品が集ったアジア最大規模の映像コンテスト「第20回 DigiCon6 ASIA Awards」授賞式レポート

アジア最大規模の映像コンテスト「DigiCon6 ASIA Awards」が今年第20回を迎え、11月17日(土)東京・丸ビルホールにて授賞式が開催された。参加国は増え続け、今年は中国・台湾、インド、インドネシア、香港、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、スリランカ、タイの12の国・地域を数える。アジア各国・地域から多様な才能が集った授賞式の様子をレポートする。

TEXT_横小路祥仁(いちひ) / Yoshihito Yokokouji(ICHIHI
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_DigiCon6 ASIA 事務局、横小路祥仁

プロ・アマ問わず、アジアの気鋭が集う映像の祭典

「DigiCon6 ASIA Awards」はアジアのデジタルコンテンツクリエイターの発掘と育成を目的として2000年から開催されている映像コンテストで、今年で20回を数える。15分以内の短篇作品であればCGアニメーション(2D/3D)、ストップモーション/クレイアニメーション、実写映像など表現方法は問わず、またアジア出身、在住、もしくはアジアで制作された作品であればプロ/アマ、年齢なども一切問われない。日本国内のみの募集からスタートした第1回から徐々に規模を拡大し、今年は12の国・地域が参加するなど、アジア最大規模の映像コンテストとして成長を続けている。

本コンテストは、まず各国内で優秀作品が選出され、それらの中からDigiCon6 ASIA Awardsの各賞が審査によって決定する、というしくみだ。審査員にはポリゴン・ピクチュアズ代表取締役社長の塩田周三氏やI.TOON代表の伊藤有壱氏、韓国の映画監督クァク・ジェヨン氏など、錚々たる顔ぶれが名を連ねる。

Regional Gold(各国金賞)

まずはじめに、国ごとの金賞作品が発表された。カンボジアGoldはPhann Sokheng氏の『The Drug』。都会のストリートを舞台に、薬物の脅威と再生への希望を描いた作品。カンボジアは国としては昨年に続いて2回目の参加となる。

  • 201812-digicon6
  • Phann Sokheng氏(左から2人目)

続いて、インドネシアGoldはBryan Arfiandy氏、Jason Kiantoro氏の『Life of Death』。死神へのインタビューというユニークなドキュメンタリー形式、過酷な労働に愚痴をこぼす死神など、死にまつわるブラックユーモアが高く評価された。

  • 201812-digicon6
  • Bryan Arfiandy氏(中央)、Jason Kiantoro氏(右)

中国Goldは『Hundred Miles Red』(Zheng Wu氏、Huang Liying氏、Shen Jiawen氏)。全ての面で細部までつくり込まれた作品。鮮烈な赤を主軸に、黒、黄色といったコントラストに加え、力強い音楽も印象的な美しい作品。7分に満たない短い尺で壮大な叙事詩と喪失感を描ききったと評価された。

  • 201812-digicon6
  • Zheng Wu氏(左)、Huang Liying氏(右)

マレーシアGoldには現地CGプロダクションThe R&D Studioの『Batik Girl』が輝いた。アニメらしい豊かな表現力で、アニメの概念そのものに迫る作品と評価された。

  • 201812-digicon6
  • ジュナイディ氏(The R&D Studio/写真右)

インドGoldはSomnath Pal氏の『Death of a Father』。映画のリアリズムの伝統を踏襲し、日常を見事に描写した類い稀な作品。アニメならではのミニマルな表情と緻密なディテールが描かれている。何重にも重なる形式と感情面を綴っていくことで、自然の摂理である死が、そこに意味を見出すための儀式に組み込まれているところを描いた。

  • 201812-digicon6
  • Somnath Pal氏

韓国GoldはChoi Yujin氏による『Love Spark』が選出。アニメーションは優れた想像力があればどんなものにも命・個性を吹き込むことができるということを証明した。オス型、メス型プラグが回路を繋ぎ電球を灯すことで愛の成就を表現するというコミカルなスタイルを取りつつ、感動を呼び起こす秀逸なCG作品となっている。

  • 201812-digicon6
  • Choi Yujin氏(中央)

台湾GoldはLiu, De-wei氏の『Robots' Design Academy』。人型ロボットを通じて人間らしさを考えさせる力を秘めた作品。

  • 201812-digicon6
  • Liu, De-wei氏(右)

スリランカGold『Song of the innocent』(Dananjaya Bandara氏)は、いじめをテーマにした実写作品。いじめをなくすために何ができるのか、そんな議論のきっかけになる力をもっていると評価された。

  • 201812-digicon6
  • Dananjaya Bandara氏

シンガポールGoldは南洋理工大学のDavide Benvenuti氏による『APPLE OF MY EYE』。ピクサー作品を彷彿とさせるコミカルなCGアニメーション。色鮮やかで楽しい作品と評価された。

201812-digicon6

  • 201812-digicon6
  • Davide Benvenuti氏(右)

そして、香港Goldは『Infidelity』(FUNG'S PRODUCTION HOUSE)。力強いブラックユーモア、意外性のあるビジョンが印象的で粋な作品。

タイGoldはNatunyarat Klinruang氏、Supakorn Permpoontaweechai氏による『VIRTUAL』が受賞。比喩をふんだんに使い、今日の社会における本当の心理を反映したクレイアニメ作品。社会で働きはじめた若者の夢をテーマとしているという。

  • 201812-digicon6
  • Natunyarat Klinruang氏(中央)、Supakorn Permpoontaweechai氏(右)

最後に、ジャパンGoldには見里朝希氏の『My Little Goat マイリトルゴート』が選ばれた。幾重にも描かれたストーリーでくり返し観たくなる作品。

  • 201812-digicon6
  • 見里朝希氏(右)

次ページ:
DigiCon6 ASIA Awards

特集