>   >  頭から木がニョキニョキ生えてくる? 学生ならではの個性豊かなVRコンテンツ15作品が並んだIVRC2018決勝大会
頭から木がニョキニョキ生えてくる? 学生ならではの個性豊かなVRコンテンツ15作品が並んだIVRC2018決勝大会

頭から木がニョキニョキ生えてくる? 学生ならではの個性豊かなVRコンテンツ15作品が並んだIVRC2018決勝大会

学生が企画・制作した手づくりインタラクティブ作品のコンテスト「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)2018」決勝大会が千葉・幕張メッセで2018年11月14日(水)から16日(金)まで開催され、頭から木が生える感覚を表現した「ブレインツリー」(明治大学)が総合優勝に輝いた。ブースはデジタルコンテンツEXPOとInter BEEで賑わう第5ホール入口近くに設置され、例年にも増して多くの来場者の注目を集めていた。

TEXT&PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

VR HMDとゲームエンジンが作品の底上げに貢献

IVRCはバーチャルリアリティの普及・啓蒙や次世代の人材育成などを目的に1993年から開催されており、今年で26回目を数える。2003年にフランスのLaval Virtual、2010年には米カーネギーメロン大学のEntertainment Technology Centerと国際協定を結び、優秀作品の招待展示をはじめ、日仏米学生の国際的な交流も進めてきた。2012年からは大学2年次以下などを対象としたユース部門を設置。2014年には国際ビデオ部門も設置されるなど、年々拡大を進めている。

特に近年はVR HMDとゲームエンジンの普及によりVRコンテンツ開発のハードルが大きく下がったことを受け、出展作品のクオリティが急速に上昇した。2018年はフランスからの招待作品1点を含む全15作品が展示(うち一般学生部門10作品、ユース部門4作品)され、そのうち13作品でVR HMDとゲームエンジンのUnityが併用されていたほどだ。その上で、多くの作品で視覚や聴覚だけでなく、触覚や嗅覚の再現が盛り込まれるなど、統合感覚の再現が追求されていた点が印象的だった。それでは出展作品を以下に紹介する。

●1:ブレインツリー(総合優勝・観客大賞)

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 橋本研究室
チーム名:にんにんラボ

頭の中で植物の種が生長する感覚を仮想体験できる作品。植木鉢を模したヘッドギアの内部に、歯車によって上下する頭皮マッサージ器状のデバイスが設置されている。これを被るとデバイスが頭を包み込み、適度な刺激を与えることで、独特な感覚が得られる。他にヘッドギアにはスピーカーと、冷水を通すパイプも張り巡らされている。これにより、じょうろで水をかけるような動作をしたり、コップで実際に水を飲んだりすると、コポコポと音が聞こえたり、頭が冷やされたりして、根が水を吸い上げるような感覚も味わえる。

●2:L'Allumeur de Réverbères(日本VR学会賞)

パリ第8大学ATI

仏Laval Virtualからの招待作品で、小説「星の王子さま」に登場する「点灯夫」(自転周期が1分間の惑星で、1分ごとにガス灯に明かりを灯さなければいけない)をモチーフとしたVR作品。プロジェクタで表示される映像の前でブロックを積み上げ、左から右へと点灯夫を導いていく。デプスカメラのRealSense D435をプロジェクタの前に設置し、C++で書かれたコードによって深度情報からブロックの位置や高さを計測。その情報をUnity側に提供することで、点灯夫の動きを制御するしくみだ。

●3:孤独をFoot Bath(川上記念特別賞)

電気通信大学 情報理工学部 総合情報学科 梶本小泉研究室
チーム名:足湯同好会

1人で足湯につかる孤独感を解消するため、VR空間上で浴衣を着た少女と一緒に足湯につかる感覚を再現した作品。バスタブに張られたお湯を水かきで動かし、少女の移動とともに波を起こしたり、ホースで水を足にかけたりして、少女と足湯で戯れる体験が再現されている。装置だけでなく、少女のモデリングにも力が入っており、見学者から「あらゆる意味で電通大っぽい」と称されていた点が印象的。

●4:出血体験(審査員特別賞・ソリッドレイ賞)

東京工業大学 工学院情報通信系 長谷川晶一研究室
チーム名:出血研究会

サーマルグリル錯覚を用いて体験者に対し、擬似的な出血と痛みの感覚を提示する作品。サーマルグリル錯覚は温刺激と冷刺激を交互かつ同時に提示すると、あたかも火傷を負ったかのような痛みや灼熱感、不快感が生じるという現象で、本作品ではアルミ箔を張り、それぞれ38度と19度に設定したペルチェ素子を交互に4個並べ、映像に合わせてパタンと腕に倒すことでその感覚を表現している。これにLeapMotion付きVR HMDと振動ユニットを組み合わせ、椅子に縛り付けられたまま狼に腕を噛まれる映像を表示することで、痛みの感覚を補強している。

●5:鼻腕(審査員特別賞)

岐阜大学 工学部 木島研究室
チーム名:KZMproductions

鼻が第三の手だったら、どんなに便利だろう」という仮定の下、VR空間上で鼻を伸ばし、本を片付けたり、果物を動かしたりといった仮想体験ができる作品。VR HMDに顎の動きを捉えるセンサと、鼻息を検知するセンサを設置し、顎の動きで鼻を前後に動かしたり、鼻息で物を掴んだり、放したりできる。頭部には頭の向きで動く重りがあり、鼻を前後左右に動かす体験を補完している。

●6:ARCO-Avoid the Risks of CO-(ユース部門金賞・GREE賞・メルカリ賞)

立教池袋高校 数理研究部
チーム名:カツゾー避難する

ビル火災の避難訓練シミュレータとして開発された作品。磁気センサをつけたスリッパを装着し、すり鉢型の台座上を歩くことで、VR空間内における360度の移動を可能にしている。VR HMDには体験者の二酸化炭素排出量を呼吸で測るセンサも取り付け、避難中に煙(一酸化炭素)をどれくらい吸い込んだか計測できるようにもした。これにより脱出時に生存率が表示されるしくみだ。

●7:なんでもじゃらし(ユース部門銀賞・明和電機賞)

神奈川工科大学 KaitVR
チーム名:独りぼっち党

自作の「しなり提示デバイス」を用いて、普段静止している家具とコミュニケーションが取れる作品。VR HMDにはHTC Viveが使用されており、デバイスに装着された位置マーカーをセンサが読み取ることで、VR空間内での位置や動きが決定される。これにより特定の家具がアニメーションするしくみだ。デバイスには棒や可動式の重りが存在し、振ると実際にしなり感覚も得られる。

●8:打ち上げ花火、下から見るか?指から打つか?(ユース部門銀賞)

会津大学 コンピューター理工学部 VR部
チーム名:Firefloworks

ファントムセンセーションとVR HMDを活用し、自分の腕を花火の煙火筒にして、花火玉を指先から発射させられる作品。ファントムセンセーションは皮膚のある2点を刺激したとき、中間点が刺激されているように錯覚してしまう現象のこと。本作ではこれを活用し、ガスバーナー型デバイスを用いてVR空間上で左腕の導火線に火を点けると、花火玉が腕の中を通って指先に移動していく感覚が得られる。そのまま腕を上空に挙げると、任意の方向に花火を打ち上げられるしくみだ。

●9:ピノーズ(Laval Virtual Award in IVRC2018)

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
チーム名:しゅわっと

童話「ピノキオ」をモチーフとし、嘘をつくと「鼻が伸びる」感覚を疑似体験できる作品。体験者はVR HMDを装着する際に、鼻の頭を紙のクリップでつままれる。クリップは糸でつながっており、VR空間の映像にあわせて、鼻を引っ張られるしくみだ。頭を左右に振ると、VR空間内で伸びた鼻を左右に動かし、物を動かせる。また、食べ物の近くに鼻を寄せると、コーヒー・紅茶・リンゴの香りを体験することも可能。

次ページ:
●10:TeleSight - HMDによるVR体験者の視点を介した傍観者とのインタラクション -

特集