>   >  興行収入760億円の大ヒット!映画『流転の地球』を制作した中国VFX業界の最新動向/No.2 Base FXの歩み
興行収入760億円の大ヒット!映画『流転の地球』を制作した中国VFX業界の最新動向/No.2 Base FXの歩み

興行収入760億円の大ヒット!映画『流転の地球』を制作した中国VFX業界の最新動向/No.2 Base FXの歩み

Netflixで配信中の中国産SF映画『流転の地球』(原題『流浪地球/The Wandering Earth』)は、全世界での興行収入が760億円に達する爆発的ヒット作となった。加えて作中のクオリティの高いVFXは、プリプロダクションからポストプロダクションまでの全工程が中国のVFXスタジオ主導でつくられている。これは中国初のモデルケースと言える。

そんな本作のVFX制作を牽引したBase FXのNeil Xie氏(副社長)によるセミナーが、6月6日、東京都千代田区のワテラスコモンホールにてVFX-JAPANの主催で開催された。10年前には「50セントの価値しかない」と評されていた中国VFXが、どうして今日のような飛躍を遂げることになったのか? その背景が語られたセミナーの模様を「No.1 VFX制作の舞台裏」と「No.2 Base FXの歩み」の2回に分けてお伝えする。

TEXT_山口 聡 / Satoshi Yamaguchi(ACW-Deep
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の、Base FXによるVFXブレイクダウン | FilmIsNow Movie Bloopers & Extras


ILMと独占契約を結び、ハリウッドと同等のパイプラインを構築

「No.1 VFX制作の舞台裏」で述べた通り、中国における現時点での2019年興行収入1位の映画は『流転の地球』だ。Base FXは、2018年の興行収入2位の映画『Monster Hunt 2』と、3位の『僕はチャイナタウンの名探偵2』(原題『唐人街探案2』)のVFXも制作している。さらにハリウッド映画も数多く手がけており、2018年公開の映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『アクアマン』、『バンブルビー』のVFXを制作している。


  • ▲Neil Xie氏
  • 『アクアマン』と『バンブルビー』は『流転の地球』のVFX制作を他社に引き継いだおかげで携わることができたため、ある意味ラッキーだったかもしれないとXie氏は冗談まじりに解説した。


Base FXの歩みは、2006年に小さなオフィスから始まった。最初の12人のスタッフは、CGの専門学校の先生や生徒たちで、映画やTVのVFX制作経験者はいなかった。社長のクリストファー・ブレンブル(Christopher Bremble)氏はアメリカ人で、ハリウッドでシナリオライター、監督、プロデューサーなどを務めていたが、映像業界での成功を手にしたのは中国に来てからだという。

▲設立当時のBase FXの社内


当時はアメリカから中国にVFX制作が発注されることはほとんどなく、ブレンブル氏のネットワークを通じて、アメリカのTVドラマや、いわゆるB級作品の仕事を得るような苦しい状況だった。しかもVFX制作の受注額はハリウッドの1/8で、その額で受けた仕事を、それに見合ったクオリティで納品する状態だった。文字通り「50セントの仕事」だったとXie氏は笑った。


  • ▲エミー賞受賞時のブレンブル氏
  • そうやって苦労を重ねる中で、スタッフの技術はかなり速いスピードで成長していった。そしてHBOのドラマシリーズ『ザ・パシフィック』(2010)を手がけ、初めてのエミー賞を受賞。翌年には同じくHBOのドラマシリーズ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(原題『Boardwalk Empire』/2010〜2014)に参加し、2度目のエミー賞を獲得。その後はマイケル・ベイ(Michael Bay)監督総指揮のドラマシリーズ『Black Sails』(2014〜2017)で3度目のエミー賞を獲得した。


▲セミナー後、筆者によるインタビューに応じるXie氏


2012年にはルーカスフィルム、およびIndustrial Light & Magic(ILM)と業務提携の契約を交わした。当時のBase FXのVFXクオリティはそれほど高いわけではなかったが、ハリウッドの競合他社に比べれば非常にコストが安い点が売りだったという。ILMを通さなければ全てのハリウッド作品のVFX制作を受注できないという独占契約を結ぶ見返りとして、ILMが仕事を保証することになった。VFXのクオリティを維持するため、Base FXのスタッフに対し、ILMのスタッフによるトレーニングも行われた。その結果、Base FXはさらに発展することになり、世界中の有名企業が集まる北京の中心地にスタジオを移転し、ハリウッドのVFXスタジオと同等のパイプラインを社内に構築するにいたった。

▲現在、北京の中心地にあるBase FXのエントランス


周知の通り、ルーカスフィルムは2012年にディズニーの傘下となった。ILMとの契約を進めているとき、ルーカスフィルムとディズニーの契約が同時進行していたことは全く知らされていなかった。望んでいたわけではないが、Base FXもディズニーファミリーの一員になっていた。ディズニーはルーカスフィルムを買収する前に、ピクサー・アニメーション・スタジオマーベルも買収していたので、ディズニーファミリーの各社から仕事を受注できるようになったのである。

映画『パシフィック・リム』(2013)では、全体の40%のVFXを制作した。映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)では、それまでで最も難しいVFX制作を請け負った。グリーンバックの撮影スタジオでロープの上を歩く女優の、風に舞う髪の毛のマスクを切り、CGの背景と合成する仕事だった。この作業は『トランスフォーマー』のロボットのショットをつくるよりもはるかに難しく、全作業を完了するまでに2ヶ月を要した。しかし、この作業によって実力が認められ、ほかの大作映画のVFXも受注できるようになった。

数多くの努力が実を結び、400カットを手がけた映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)と、350カットを手がけた映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で、アカデミー賞に2回ノミネートされるにいたった。

▲Base FXのスタッフ集合写真

次ページ:
VFXに十分な予算を割くよう
政府や出資者に訴えかけている

特集