>   >  あにめたまご作品『斗え!スペースアテンダントアオイ』作画のようなタイミングを目指した、ケイカのオリジナル短編アニメ/No.1 モデリング編
あにめたまご作品『斗え!スペースアテンダントアオイ』作画のようなタイミングを目指した、ケイカのオリジナル短編アニメ/No.1 モデリング編

あにめたまご作品『斗え!スペースアテンダントアオイ』作画のようなタイミングを目指した、ケイカのオリジナル短編アニメ/No.1 モデリング編

斗え!スペースアテンダントアオイ』はケイカの由水 桂氏が同社の若手アニメーターらと共に制作したオリジナル作品で、「あにめたまご 2019」の4作品のひとつとして制作された。本作では、作画のようなタイミングやルックをCGで再現することに特に力を注いでおり、作画のノウハウを実地で学んだり、専用ツールを開発したりといった努力が重ねられた。そんな本作の完成までの道のりを紹介する。なお、本記事はモデリング編、カット制作編(7月9日(火)公開)の全2回に分けてお届けする。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 251(2019年7月号)掲載の「作画のようなタイミングを目指したケイカのオリジナル短編アニメ『斗え!スペースアテンダントアオイ』」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲『斗え!スペースアテンダントアオイ』ノンクレジットOP


▲左から、由水 桂氏(ケイカ)、喜田祐介氏(モズー)、滝ケ平真悠氏、大野莉緒氏、菅野 俊氏、伊藤尚貴氏、(以上、ケイカ)、服部 剛氏(フリーランス)

実制作だけでなく、企画の立案もトレーニングが必要

本作は、恒星間を航行する旅客機のアテンダントであるアオイと、その同僚のリリィ、レイの活躍を描いており、お洒落・カワイイ・カッコイイ・楽しい・セクシーといった要素を盛り込んだサービス精神旺盛なアニメCG作品に仕上がっている。本作の企画が最初に発表されたのは2007年の東京国際アニメフェアで、立案者の由水氏はその後も本企画を段階的に練り上げてきた。

▲2007年の東京国際アニメフェア出展時の企画書に掲載したアオイたち


▲2010年の東京国際アニメフェアにて公開したアオイたち


「『あにめたまご 2019』への応募を決めた2017年の暮れ頃に、以前から温めてきた3本の企画の中から本作を選出しました。相談に乗ってくれたグリオグルーヴの坂本雅司さん(プロデューサー)にも『一番破天荒で面白い』と言ってもらえたので、これをブラッシュアップしていこうと決めました」(由水氏)。

「あにめたまご」は、日本国内のアニメスタジオからオリジナル企画を募り、その制作現場でのOJTと若手育成講座(OFF-JT)を通して若手アニメーターを育成する「若手アニメーター等人材育成事業」の通称だ。主催は文化庁で、一般社団法人 日本動画協会が事業を受託している。「当社では設立当初から『社内ゼミ』と称する勉強会を定期的に実施し、若手の教育に力を入れてきました。とはいえ、普段はどうしても仕事優先になりがちで、かといって勉強しているだけでは成長できないというジレンマもありました」(由水氏)。

▲【左】社内ゼミ用の教材に掲載したアニメーションの解説図/【右】社内ゼミの様子


▲ロトスコープによるアニメーション課題


『あにめたまご』に採択されれば、ゆとりのあるペースで、教育に主眼を置きつつプロジェクトを推進できる。しかもオリジナル作品をプリプロから手がけられる点に魅力を感じたという。「実制作だけでなく、企画の立案もすごくトレーニングが必要だと思っています。いきなり『企画を立ててください』と言われても、なかなかできるものではありません。だから、この機会に若手たちにもプリプロから参加してもらい、ゼロからイチを創造することへの抵抗感をなくすトレーニングもしたいと思いました」(由水氏)。

▲あにめたまご 2019の企画書に掲載したアオイたち

企画段階から、なるべく若手のアイデアを採り入れる

本作のメインキャラクターであるアオイ、リリィ、レイは、デザインからモデリングまで一貫して由水氏が担当している。ただし企画をブラッシュアップする中で、若手たちにもスケッチやイメージボードを描いてもらい、なるべく彼らのアイデアを採り入れるようにした。なお、参加した6人の若手は全員が異業種からの転職者で、中にはCGを始めて3〜4ヶ月目の新人もいたという。「当社はアニメーションに力を入れているため、どの新人にも最初にアニメーションを教えます。ほとんどCGをやったことがない人でも、絵が描けたり、作画のアニメーションを勉強していたりすると、短期間で入社2〜3年目の人より上手くなることも珍しくないので、アニメーションはCGが得意ではない人にもチャレンジしやすい工程だと思います」(由水氏)。

▲若手によるアオイたちのコスチューム案。【左】は大野莉緒氏、【右】は滝ケ平真悠氏が制作


▲由水氏による、アオイのギャグ顔のスケッチ


▲左から、リリィ、アオイ、レイのデザイン決定稿


© ケイカ

次ページ:
100パターンを超える表情を全てポリゴンで造形

特集