>   >  海外で活躍するコンセプトアーティストの脳内を公開! コンセプトアートにおける3DCGアセットの活用術
海外で活躍するコンセプトアーティストの脳内を公開! コンセプトアートにおける3DCGアセットの活用術

海外で活躍するコンセプトアーティストの脳内を公開! コンセプトアートにおける3DCGアセットの活用術

現在ポーランドのゲーム会社CD PROJEKT REDにて、シニアコンセプトアーティストとして活躍中の沢田匡広氏。ここでは過去の自主制作作品を例に、コンセプトアートの中で3DCGをどのように活用しているかを中心に解説してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 253(2019年9月号)からの転載となります。

TEXT_沢田匡広 / Masahiro Sawada(CD PROJEKT RED/シニアコンセプトアーティスト)
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

南極にそびえ立つ巨大な海上設備『Work in Antarctica』

ハードサーフェスを用いたコンセプトアートの練習として作成した習作。オイルリグ(石油掘削装置)は、人類が建造した移動可能な建造物としては世界で最も大きいという。そのスケール感を維持しつつ、縦にさらに長い構造の石油掘削装置を描いた。

使用ツール
3D-CoatOctaneRenderPhotoshop

<1>アセットの再利用

おおまかに分けると、この色分けした部分では全て同じアセットを使い回している。これらを2Dで描こうとすると膨大な時間を要するため、このような巨大建造物は3DCGを最も有効活用できるシーンのひとつだ。また、はじめから遠い距離でレンダリングすることを想定していたため、各アセットもベースのシェイプ以外はほとんどつくり込んでいない。距離に応じてつくり込みを行うことで、作業時間をかなり削減することができる

<2>CGでどこまで詰めるべきか

3DCGをコンセプトアートのワークフローに導入した当初は、どこまで3Dで詰めてどこから2Dに移行するか迷い、かなり試行錯誤をした覚えがある。同じような悩みを抱えている人のために、私なりの線引きをお伝えしよう。図がベースとして使用した3Dのビューティパス。3Dの段階ではマテリアルや構図に注力し、逆にライティングやテクスチャには時間をかけない。マテリアルが意図した素材としてしっかり見えるようになれば、あとは光源の方向を意識し、一方向のシンプルなライトでライティングを調整する。CGのライティングは物理的には正しいものの、往々にして画的に正しくない場合が多いので、あくまでこの段階ではアタリくらいのつもりで調整を行うと良いだろう。また、テクスチャに関してはシームレスなものを使用する。柱部分に注目すると、同じダートのパターンのくり返しが見えると思うが、この段階ではまったく気にする必要はない。また、テクスチャを3Dで詰めるにはUV展開など複数の工程が必要で時間を要するが、写真を用いて2Dで作業することにより簡単に描くことができる。3Dと2D、各々得意な作業工程をミックスできるような活用方法を意識しよう

<3>マジックワンド(自動選択)ツール

ペイントオーバーする際は、マテリアルIDパスを使用するとマテリアルごとに簡単にマスク分けできるのでオススメだ。マジックワンド(自動選択)ツールを使用すれば、選択した色ごとに選択範囲を作成してくれる。この際、アンチエイリアスの設定にチェックが入っていることを確認しよう。CG素材にマジックワンド(自動選択)ツールを使用する際は、ここにチェックを入れないとエッジを綺麗に拾ってくれないので注意が必要だ

<4>別シーンへの展開

同じ3Dモデルを使用した別シーンのコンセプトアート。実際の業務では、角度ちがいやそのアセットの詳細画、さらに天候や時間帯が変化したときなど、別の見え方を描く必要性も出てくる。そういった際に一貫性を保つことができるのは3DCGの大きな利点と言えるだろう

自動ゴミ処理マシーンが働くゴミ捨て場『Life in Landfill』

実際の業務でゴミ捨て場のリファレンスを探していたとき、ゴミ捨て場で暮らす子供に関する記事を偶然見つけ、それにインスパイアされて描いた作品。一般的にゴミの運搬にはクレーンが使われるが、それでは面白みに欠けると思い、少し先の未来のAI制御で自動で動くゴミ処理マシーンを想像して描いている。

使用ツール
OctaneRender、3D-Coat、Photoshop

<1>黄金比の採用

本作の構図では普段あまり使用しない黄金比を取り入れている。完全に黄金比に沿っているわけではないものの、クレーンの向きなどにおいて黄金比を意識しているのが見て取れるだろう。黄金比を使ってみようと思い立ったのはすでに描いている途中だったのだが、クレーンは3Dなので角度を変えてレンダリングし直すだけで済んだ。こういう柔軟性も3Dの良い点と言える

<2>2Dと3Dの馴染ませ方

本作は2Dの絵をベースに3Dのクレーンを足したものなので3D素材を2Dに馴染ませる必要があるが、そういったとき注意すべきなのはエッジである。3Dのエッジはどうしてもパキッとした直線になってしまうからだ。そこでエッジを馴染ませるのにオススメなのが、Motion Blur(ぼかし(移動))。馴染ませたい背景に薄く適用するだけで同じ方向にぼけるので、馴染みが良くなる

次ページ:
宇宙の他惑星における農業モデル『Space Plantation』

特集