>   >  ブロードウェイミュージカルの4K映像を映画館で体感、松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』レビュー
ブロードウェイミュージカルの4K映像を映画館で体感、松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』レビュー

ブロードウェイミュージカルの4K映像を映画館で体感、松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』レビュー

本場のブロードウェイミュージカルを映画館で堪能することのできる「松竹ブロードウェイシネマ」。その第3弾となるのが今回紹介する『42ndストリート』だ。これまでのCGWORLDでこのようなミュージカル映画が扱われることはなかったが、映像エンターテインメントに興味のある方には、知識と感性の幅を広げるためにもぜひ観ていただきたい作品である。トップクラスのダンサーによる多幸感あふれるダンス映像には新しい驚きと発見があるはずだ。『42ndストリート』のもつ映像エンターテインメント力を、撮影監督Austin Shaw氏のインタビューと併せて紹介する。

TEXT_石坂アツシ / Atsushi Ishizaka
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

『42ndストリート』
10.18(金)から 東劇(東京)先行公開、10.25(金)より なんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエア シネマ(名古屋)ほか 全国公開
演出/共同脚本:マーク・ブランブル、共同脚本:マイケル・スチュワート、作曲・作詞:ハリー・ウォーレン&アル・ダビン、振付:ランディ・スキナー
配給:松竹
www.instagram.com/shochikucinema
www.facebook.com/ShochikuBroadwayCinema 

今回ご紹介する松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』は、トニー賞を受賞した大ヒットブロードウェイミュージカル『42ndストリート』のリバイバル公演(2017~2019)を映像に収めたもので、このミュージカル自体は1933年のモノクロ映画『四十二番街』を舞台化したものだ。つまり『42ndストリート』は、映画から舞台、そしてまた映画へと進化し続けている極上のエンターテインメント作品なのだ。

■映画『四十二番街』

1933年の大ヒット映画『四十二番街』は、ブロードウェイの華やかな舞台の裏側を描いた作品で、圧巻のレビューシーンとその演出が話題となり、1934年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた。ストーリーは、新作ミュージカル『プリティ・レディ』の公演準備を舞台に、再起を目指すかつての名演出家、大物プロデューサー、主演女優にご執心のスポンサーらの人間模様がくり広げられる中、プレミア前日に主演女優が怪我をしてしまい、突如新人のコーラスガール、ペギーに大チャンスがおとずれる。というサクセス・ストーリーだ。作品の中で特に注目されたのがバスビー・バークレイの振り付けによるレビューシーンで、円を描く群舞を真上から撮影して万華鏡のような映像をつくり出している。観客席から絶対に見ることのできないこの映像効果は「バークレイ・ショット」と呼ばれ、その後のミュージカル映画に多大な影響を与えた。

■ミュージカル『42ndストリート』

映画『四十二番街』は1980年にブロードウェイミュージカルとして舞台化された。ミュージカル『プリティ・レディ』の舞台裏をミュージカルにするという二重構造が楽しく、中盤の主役女優の怪我で公演が中断するシーンでは、実際の舞台に幕が降りて司会者が現れ、彼が『プリティ・レディ』の公演中止を告げるとそのまま『42ndストリート』もインターミッションに入る、という粋な演出がある。ダンスシーンではタップダンスが大幅に加えられ、新人ペギーのタップダンス能力を披露するランチシーンでは、飛び跳ねるような陽気なタップダンスで観客をワクワクさせる。クライマックスのダンスシーンも圧巻だ。このミュージカルはトニー賞を受賞し、8年間のロングランヒットとなった。

陽気なタップダンスが楽しめるランチシーン
©Brinkhoff/Mogenburg

■松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』

ブロードウェイミュージカルを鑑賞するには当然のことながらニューヨークまで行かなければならない。そこで、手軽に本場の舞台を楽しんでもらおうと誕生したのが「松竹ブロードウェイシネマ」だ。舞台を映像化して劇場で鑑賞する、というと、日頃最先端技術にアンテナを張り巡らしているCGWORLDの読者なら、ドレスのスパンコールの一粒一粒が認識できるような高精細映像を思い浮かべるかもしれない。ところが『42ndストリート』は、4K撮影した映像をひとつの映像作品として仕上げるために映画的なルックでチューニングしている。この「映像作品としての仕上げ」演出は映像のルックだけでなく、ユニークな形で随所に現れる。

©Brinkhoff/Mogenburg

まず、観客の笑い声や拍手が入る演出。アメリカンホームコメディのいわゆる「シットコム」でおなじみの手法だが、これにより我々はブロードウェイミュージカル舞台を観ている観客と同化する。映像も、観客席からの様々な角度のショットで構成されて自然な形で舞台に没入することができるようになっている。映画『四十二番街』で登場した「バークレイ・ショット」。舞台を真上から撮影するこの効果を『42ndストリート』でどのように表現しているかというと、巨大な鏡を使ってそれまでのシーンと同様に観客席にいながら堪能することができる。なるほどと感心したが、後述の撮影監督のインタビューでそれがカメラ位置の制約によるものと知って驚いた。ピンチをチャンスに変えるとはまさにこのこと。巨大な鏡のアイデアは先に述べた「舞台を観ている観客と同化する」という意味で大正解だ。映画『四十二番街』ではダンスシーンに突如真上からの万華鏡映像がインサートされて驚いたが、同様の演出を今回の『42ndストリート』で行うと、観客の気持ちは一瞬観客席から離れてしまう。巨大な鏡を天井から斜めに吊るし、そこに下で踊るダンサーを写すことで通常目線のダンスとバークレイ・ショットの両方を見ることができる。華やかさの面でも絶大な効果の演出だ。

巨大な鏡を使って観客席からもバークレイショットを楽しむことができる
©BroadwayHD

ブロードウェイミュージカル演出の再現においても抜かりがない。前述の中盤でのインターミッションだが、この演出も作品中で使われているだけでなく、さらに「映像作品としての面白さ」が加わっている。ここまで我々は舞台を観ている観客席の客と同化しているわけだが、司会者が公演の中断を告げると、カメラがいきなり舞台最上段から舞台とその前の観客を映すのだ。今までそこにいたはずの自分がいきなり映像的な目線(上から見下ろすいわゆる「神の目線」)で舞台と客席を見ることになる。これが意図した演出かどうかは不明だが、一瞬にして現実に引き戻されるようなクラッとした感覚に見舞われ「してやられた」と微笑むことになる。そこから始まる1分強のインターミッション映像は映像作品としては必要ないわけだが、あえてそれを入れることで我々は再び観客席に戻ってくる。アメリカらしい何とも愉快な演出である。こうした「ブロードウェイミュージカルを客席で鑑賞」することと「映像作品として鑑賞」することの両方を楽しませるべく、クライマックスにも面白い演出が用意されている。これはぜひ劇場で楽しんでいただきたい。また、終盤に突入する重要な場面で1カットだけ、これまで上がることのなかった舞台にカメラが上がる。シーンの盛り上がりとペギーのキュートさが相まった遊び心満載のカットだ。

松竹ブロードウェイシネマ『42ndストリート』は、単にブロードウェイミュージカルを撮影して上映するのではなく、映像作品としての面白さも十分備えている。さらに、劇場上映のメリットは音にもある。臨場感溢れるタップダンスの音を劇場の音響システムで堪能することができるだろう。

次ページ:
撮影監督・プロデューサーAustin Shaw氏インタビュー

特集