>   >  イラスト、キャラデザ、モデリング監修......人気イラストレーター4名が語る『イラストレーターのウラバナ!』〜あにつく2019(2)
イラスト、キャラデザ、モデリング監修......人気イラストレーター4名が語る『イラストレーターのウラバナ!』〜あにつく2019(2)

イラスト、キャラデザ、モデリング監修......人気イラストレーター4名が語る『イラストレーターのウラバナ!』〜あにつく2019(2)

9月28日(土)、秋葉原のUDX GALLERY NEXTにて、アニメ制作技術に関する総合イベント「あにつく 2019」が開催された。「イラストレーターのウラバナ!出張スペシャル」と題されたセッションには人気イラストレーターの米山 舞氏、PALOW.氏、BUNBUN氏、abec氏らが登壇し、彼らが所属するクリエイティブスタジオ「SSS by applibot」の様子やこれまで手がけた作品の解説、仕事への心得などの話題が展開された。

■関連記事はこちら
『海獣の子供』監督&CGI監督が語る、作画とCGを組み合わせたアニメーションのつくり方~あにつく2019(1)

TEXT&PHOTO_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

スタジオで共同作業する人気イラストレーター集団

この講演はクリエイターユニット「COJIRASE LUNCH BOX」のクリエイティブディレクター宮本祐輔氏がMCを務める動画配信番組『イラストレーターのウラバナ!あにつく2019出張SP』の公開配信として行われた。

宮本祐輔氏

登壇した米山 舞氏、PALOW.氏、BUNBUN氏、abec氏ら4名のイラストレーターが所属する「SSS by applibot」は、サイバーエージェントグループのapplibotが2019年に設立したクリエイティブスタジオで、彼らの他に『ポケモンカードゲーム』、『ポケットモンスター サン・ムーン』キャラクターデザインの7ZEL氏らゲーム・アニメ・ライトノベルなどで活躍するイラストレーターが集い、スマートフォンゲームの世界観構築、キャラクターデザインやコンセプトアートなどのデザインを手がける。実際の作業もスタジオ内で机を並べて行い、全員で話をしながら進められていくという。

自己紹介につづいては登壇者それぞれが、自らの代表的な仕事について解説を行なった。米山氏は2013年に放送されたTVアニメ『キルラキル』。彼女が初めてシリーズを通して作画監督を務めた作品だ。今石洋之監督、キャラクターデザイン・すしお氏という強力な体制で作られた本作には凄腕のアニメーターが続々集結していた。自分よりも上手い人たちの絵を活かして修正作業を行うことに対するプレッシャーを日々感じており、ときには帰宅して涙を流した日もあったという。

米山 舞(ヨネヤママイ)
2007年に株式会社ガイナックスに入社し、アニメーターとして活動。2017年からイラストレーターとしても活動の幅を広げる。代表作は、アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ED演出、『キルラキル』作画監督や、ファミ通文庫『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』装画など

本作では「頭を柔らかくして作画をする」ことが求められ、実際の人体の曲がり方は気にせず画面の勢いを優先して描いていた。そんな米山氏はabec氏が原作イラストレーションを手がけた『ソードアート・オンライン』(第8話『黒と白の剣舞』)の作画監督を務めた経験をもつ。後に「SSS by applibot」に所属した際に、スタジオでabec氏が彼女のイラストを参考に版権イラストを描いていたという逸話も披露された。

abec氏は「アニメーターさんは画的表現の頂点のひとつ」というリスペクトがあり、アニメ化ではキャラクターデザイナーらにまかせ、求められた質問に答えることを除いて意見を述べないというスタンスだ。これは「原作サイドの要望が通ってしまいすぎても良くない」という意図もあるという。結果、同作のアニメ化では「自分が想定していなかったものが出来上がって、あとで描くときに参考にしている。これがメディアミックスの良いところ」と話す。

abec(アベシ)
フリーランスのイラストレーターとして、ライトノベルの挿絵やゲームのキャラクターデザインを行う。代表作は『ソードアート・オンライン』、『ブレイブリーセカンド』キャラクター原案など。今回はぬいぐるみとして登場

BUNBUN氏は原作でのイラストレーションを「表紙と口絵は映画の予告編のようなもの」と、まずはイラストで魅力を与え小説に興味をもってもらうためのものとして考え、整合性よりもイラストとしての完成度や勢いを重視していると語る。

アニメオリジナル企画のキャラクターデザイナーとしても活躍するBUNBUN氏は、キャラクターデザインの仕方も企画によって様々であると話す。『終末のイゼッタ』では脚本を受け取ってからデザインするというライトノベルに近い方法だったが、『結城友奈は勇者である』の場合は、キャラクター名と性別ほか4行程度の設定しかなく、魔法少女が変身するシーンまで氏が考えたという。これは岸(誠二)監督らによるBUNBUN氏のクリエイティビティを引き出し作品に落とし込むための発注の仕方だった。

BUNBUN(ブンブン)
フリーランスのイラストレーターとして、ライトノベルの挿絵やゲームやアニメのキャラクターデザインを行う。代表作は『サクラクエスト』、『結城友奈は勇者である』、『終末のイゼッタ』キャラクター原案など

次ページ:
短期制作のTVCM仕事に対応するイラストレーターの仕事術

特集