>   >  消防士訓練から生理痛まで体験できる! 手づくり感あふれる学生VR作品が並んだIVRC2019決勝大会レポート
消防士訓練から生理痛まで体験できる! 手づくり感あふれる学生VR作品が並んだIVRC2019決勝大会レポート

消防士訓練から生理痛まで体験できる! 手づくり感あふれる学生VR作品が並んだIVRC2019決勝大会レポート

学生インタラクティブ作品のコンテスト「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)2019」の、第27回決勝大会が11月16日(土)・17日(日)に開催された。総合優勝に輝いた「VR消防体験 -炎舞-」(筑波大学)をはじめ、個性豊かな10作品が並んだイベントの模様をレポートする。

TEXT&PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

キーワードは「感覚フィードバック」と「世界観」

学生が企画・制作した手づくりインタラクティブ作品が並ぶ「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)2019」(主催:日本バーチャルリアリティ学会IVRC実行委員会)。Windows3.1日本語版が発売された1993年にスタートし、今年で27回目を迎えるイベントだ。この決勝大会がテレコムセンタービル(東京都江東区)で11月16日(土)・17日(日)に開催され、消火活動を体験する「VR消防体験 -炎舞-」(筑波大学)が総合優勝に輝いた。

IVRCの特徴はその国際性だ。フランスで毎年3~4月に開催される欧州最大のVRイベント、Laval Virtualと提携を結び、2003年から相互に学生作品の招待参加を行なっている。また、総合優勝チームは副賞としてSIGGRAPHでの出展・渡航支援が受けられ、これまで少なくない作品が採択されている。他にIVRCは産官学連携で高度なモノづくり人材を育成する21世紀型の教育システムを形づくる試みでもあり、数多くの卒業生がゲームや3DCGの分野で活躍している。

今年は決勝大会がサイエンズアゴラ2019の会場内で、しかも週末に開催されたこともあり、会場内は親子連れなどの一般客で終始にぎわっていた。作品数は昨年度の15作品から10作品と減少したが、そのぶん作品のレベルは向上した印象で、来場者の投票で決まる観客大賞を何と高校生のチームが受賞したほど。審査委員長の岩田洋夫氏(筑波大学)も「感覚フィードバックと世界観を重視した作品が上位入賞をはたした。この2つがバーチャルリアリティの重要な本質であることが示された」と評した。

IVRCは例年、企画審査・予選大会・決勝大会と半年間のスパンで実施され、参加する学生は指導教官のサポートのもと、作品制作にいそしんでいく。今年も5月下旬に企画審査が行われ、100件以上の応募から23作品が絞り込まれた。その後、9月12日(木)・13日(金)に日本バーチャルリアリティ学会内で行われた予選大会で9作品を選出。フランスからの招待作品も含めた10作品が決勝大会に進んだ。以下、出展作品の概要について紹介していく(※)。

※動画は予選大会のもの。また、ユース部門(20歳以下)では予選大会は存在せず、9月の時点で本選となる

1:VR消防体験 -炎舞-

  • 総合優勝、ドスパラ賞、ソリッドレイ賞
    筑波大学システム情報工学研究科
    チーム名:CyberSpaceLab

これまで映像表示が中心だったVRの消火活動体験に、新たに力覚・温冷覚・風覚を加えて、総合的な消火活動訓練を可能とする作品。火災現場を再現したVR HMDの映像に加えて、消防用散水ホース型コントローラをDCモーターで後方に牽引することで、散水時の水噴流反力を表現。他にジャケットに紐をつけ、DCモーターで振動させることで強風を表現したり、顔にファンで温風を当てたりして、火災現場の臨場感を高めている。体験内容もチュートリアルから始まり、屋外・屋内と2段階の消火活動を行えるようにつくり込んだ。体験時の迫力はかなりのもので、映画『バックドラフト』を彷彿とさせるほど。チームメンバーに現役の消防士を父親にもつ者がおり、感想などをヒアリングしつつ、作品に反映させたと語っていた。

2:La Plume et La Lanterne

日本VR学会賞
パリ国立工芸学校
チーム名:Frenchie Kokonattsu

仏Laval Virtual 2019の学生部門で最優秀賞を獲得し、IVRC2019に招待出展された本作。ランタンをかざしながら絵本の世界を探索するという内容で、VR HMDを装着して実際に探索する側と、本型コントローラで仮想世界に介入する側に分かれて、2人1組で体験できる。『不思議の国のアリス』をモチーフとした内容で、VR HMD側は物語を主観的に体験。一方で本型コントローラには物語が記されており、第三者視点でストーリーを楽しむといった具合に、1つの物語を3つの視点で体験できる点もポイントだ。トレーラーを見ればわかるとおり、世界観のつくり込みが秀逸で、学生作品とは思えないほど。この点が高い評価を受けて受賞につながった。

3:昆虫体験かぶとりふと

川上記念特別賞
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
チーム名:餅は餅屋

VR世界でカブトムシとなり、餌場をめぐって他のカブトムシと戦うという作品。バトルでは実際に頭部を動かし、カブトムシで特徴的な「角」を相手にぶつけたり、相手をひっくり返したりするようなアクションがとれる。頭部の左右ではCDが回転し、頭を振るたびに独特のフィードバックが返ってくる点も新鮮に感じられた。本作に顕彰された「川上記念特別賞」とは、IVRC第一回優勝チームに所属し、運営にも尽力したものの、惜しくも早逝した故・川上直樹氏を記念してつくられたもの。予選大会から大きく内容を変えた作品でもあり、「人を驚かせることが大好きで、学生らしい挑戦心を愛した」川上氏の精神を受け継ぐ作品ということで、受賞となった。

4:きになるき

Laval Virtual賞
東京大学 大学院情報理工学系研究科
チーム:チルドレン

自分自身が木となり、外界とのインタラクションを疑似体験できる作品。VR HMDを通して木の視点で外界を眺めつつ、スピーカーや左右の腕に装着したデバイスで触覚体験などが得られる。また、目の前の模型型デバイスを通して、第三者が木の枝に鳥や動物を止まらせることも可能だ。こうしたエコロジー的な視点が高く評価され、本作はLaval Virtual賞に輝いた。2020年度の招待作品として、フランスで展示される予定だ。

次ページ:
5:グランドサーフィン

特集