>   >  人気スタジオがそれぞれ自社のモデリング哲学を語る「キャラクターモデリングセッション」~あにつく2019(3)
人気スタジオがそれぞれ自社のモデリング哲学を語る「キャラクターモデリングセッション」~あにつく2019(3)

人気スタジオがそれぞれ自社のモデリング哲学を語る「キャラクターモデリングセッション」~あにつく2019(3)

昨年9月28日(土)、秋葉原のUDX GALLERY NEXTにて、アニメ制作技術に関する総合イベント「あにつく 2019」が開催された。「キャラクターモデリングセッション」と題された講演には、サンジゲンサムライピクチャーズ東映アニメーションオレンジのCGプロデューサーらが登壇し、キャラクターモデリングへの取り組みについて解説を行なった。モデリングにおける制作工程や目標設定など、それぞれのスタジオの哲学が垣間見える内容だ。講演はパネルディスカッション形式で行われ、各社が互いのプレゼンに対して質問を投げかけ、コツを探ろうとするライブ感のある講演が展開された。

■関連記事はこちら
『海獣の子供』監督&CGI監督が語る、作画とCGを組み合わせたアニメーションのつくり方~あにつく2019(1)
イラスト、キャラデザ、モデリング監修......人気イラストレーター4名が語る『イラストレーターのウラバナ!』〜あにつく2019(2)

TEXT&PHOTO_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

4社4様のキャラクターモデリング術

講演には、サンジゲン、サムライピクチャーズ、東映アニメーション、オレンジの4社からCGプロデューサーなど総勢7名が登壇した。いずれも人気作品を手がける錚々たる面々だ。

登壇者、写真左から林 和正氏(サムライピクチャーズ・CGディレクター)、大曽根 悠介氏(東映アニメーション・CGディレクター)、野島淳志氏(東映アニメーション・CGプロデューサー)、鈴木大介氏(サンジゲン・CGスーパーバイザー、モデリングセクションマネージャー)、山本健介氏(オレンジ・VFXアートディレクター)、長川 準氏(オレンジ・CGモデリングアーティスト)、瓶子修一氏(サンジゲン取締役)

■東映アニメーション

『スター☆トゥインクルプリキュア』©ABC-A・東映アニメーション

最初は東映アニメーションから、TVアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』のキュアスターを例に解説が行われた。同業者からもエンディングのダンスは日本のCGアニメの代表例と言われるほどの知名度を誇る『プリキュア』シリーズ。同シリーズでは作品性に合わせてルックを調整しており、本作ではPencil+4 for Mayaを使用し、さらにセルルックに近づけた印象だ。

キュアスターの設定画

まずは上記の設定画からローポリゴンのモデルを作成し、それを基にハイモデル化、それをアニメーターが動かすという段取りを踏む。レイアウトやボディモーションのアニメーション作業は軽いローモデルで行い、詳細な部分はハイモデルで行うという効率化が図られている。この両モデルの LOD(Level of Detail)をアニメーターが手元で切り替えられる装置を使っている。この装置は双方向で、作業が進んでからローに戻すということも可能だ。



  • プライマリモデル:25,420ポリゴン



  • セカンダリモデル:33,024ポリゴン

アニメーターがボディモーションを付けると、続いてリガーが髪の毛や服を揺らすシミュレーションを組む。揺れものは操作1つで動かすことができる。これらのシミュレーションはコリジョン(衝突判定)がない簡易的なもので、めり込み修正は手付けで行うが、ある程度までは自動で行なってくれるため、アニメーターからも好評だという。

続いてフェイシャルリグを設定する。TVシリーズ用のフェイシャルターゲットは21個

リグもボディのみに入れたプライマリと、揺れものにまで入れたセカンダリがあり、これらも切り替えが可能

ローモデルに入れたリグ。ハイモデルにはアニメーターがパラメータ1つでポーズを付けやすいように細かいアトリビュートを用意しているという。写真右下はリグのセレクタツール

■サムライピクチャーズ

続くサムライピクチャーズは、『モンスターストライク』のスピンオフ音楽コンテンツ『モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言』中のダンスパートを例として解説を行なった。

主人公ダルタニャンのキャラクターデザイン(左)と衣装デザイン(右) ©mixi,Inc.

3ds Maxのターボスムースを使ってローモデル(左)とハイモデル(右)を切り替えている ©mixi,Inc.

髪は細かく層を当ててつくっている。顔のモデルと身体のモデルを一体でつくる会社もあるが、サムライピクチャーズではポリゴン数を抑えるために分けている。これは、会社が小規模であるため管理が行き届くというメリットを活かしたもの ©mixi,Inc.

フェイシャルのモデリング。白目部分も球体でつくっている ©mixi,Inc.

白目の影はカメラマップで投射している ©mixi,Inc.

顔チェック用のレンダリング画像。左:パース詰め気味、右:パースが空いている状態。作品ごとに監督の個性が異なるため、望遠にも広角にも対応できるようサムライピクチャーズではチェック画像を2パターン用意している ©mixi,Inc.

モデラーがファイナルの画まで見られるようにしておくべきという思想がサムライピクチャーズにはあるという ©mixi,Inc.

リギングでメインに使うのはBiped。日常芝居はAスタンスでつくることが多いが、本作のようなダンスが多い作品の場合はTスタンスでつくる。肩が開いているため、ねじれの調整を行う際にはTスタンスのほうが目立たないという。髪と衣装の揺らしにはSpring Magicを使用。それぞれの関節の根本にヘルパーを仕込んでレイヤー調整ができるようにしている。アニメーターが熟練するにつれ、これらのシミュレーションは卒業し、手付けに移行していくという ©mixi,Inc.

次ページ:
■オレンジ

特集