>   >  わかりやすく解説! CADとの円滑な連携方法&建築業界における3DCG活用動向
わかりやすく解説! CADとの円滑な連携方法&建築業界における3DCG活用動向

わかりやすく解説! CADとの円滑な連携方法&建築業界における3DCG活用動向

数年前からBIMが導入されはじめ、建築業界における3DCG用途の多角化が加速している。建築をはじめとする産業界への3DCG導入サポートに精力的に取り組んでいるウィニー・ビレッジ代表・宋 明信氏が最新事情を解説する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 258(2020年2月号)からの転載となります。

TEXT_宋 明信(ウィニー・ビレッジ)
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)
メイン画像:不動産広告用・営業用ビジュアル(画像提供:合同会社 ナカジマ デザイン オフィス

非常に多岐にわたる建築3DCGの用途

建築CGと聞くと「マンションのCGパース画でしょ?」といった認識があると思いますが、建築建設業界では様々なCGコンテンツの使用用途があります。エンターテインメント向けのビジュアルとは異なり実際に施工される建築物を事前に視覚化(ビジュアライズ)するという目的で様々なかたちでCGが活用されており、これは工業製品などの製品視覚化と同じと言えます。

ちょっとおおまかに使用用途を分類してみましょう(あくまでも代表的な使用用途なので、それ以外にも様々な用途が存在します)。

・不動産広告用・営業販促用ビジュアル制作
・競争入札でのコンペ用ビジュアル制作
・設計段階のプロポーザル用ビジュアル制作
・企画・設計段階や保守目的でのVR,ARの活用

不動産広告用・営業販促用またはコンペ用ビジュアルでは、フォトリアルなイメージ制作が求められるケースが多く、また依頼主からの要望に合わせるために、レンダリング出力イメージに対して2Dレタッチ作業がかなり多く含まれます。単純にフォトリアルにすれば良いというわけでなく、メッセージを明確にする必要もあるので 一般的には3DCG作業とレタッチ作業の時間比率は5:5から6:4と言われています。場合によっては4:6の場合もあるようです。

画像全体のトーン調整はもちろんのこと、床への映り込み調整や画面上各構成要素の修正、演出など想像以上の作業が求められます。昨今のイメージ制作ではVRやARといったリアルタイム系コンテンツの需要も大きくなっているので、PBRやPBSの概念を理解し、マテリアルなどの共有化パイプラインも構築していく必要があります。つまり、レタッチ工数が多いとデータの共有化がかなり厳しくなるので、作業比率を変えていく必要もあると思います。

3ds Max + V-Rayによるレンダリングイメージ(RAWデータ)

Photoshopを使ったレタッチ処理後(画像提供:合同会社 ナカジマ デザイン オフィス)

フォトリアルなイメージは広告営業用もしくはコンペ案件のビジュアルで求められますが、設計段階ではカラースキーム検討やVR/ARコンテンツを展開して設計データのチェックが行われます。こういった確認は2D図面だけでは検証が難しいため、一般的に3DCGビジュアルやVRなどのコンテンツが使われています。こういった検討用のコンテンツは設計内部でのプロポーザル用コンテンツと呼ばれています。 プロポーザル用のコンテンツ作成は、設計の初期段階では膨大な数を作成するケースが多いと言われています。1つの案件に対して場合によっては数百といったビジュアルを制作することもあります。3DCG制作を請け負う部署や制作会社では、設計者のスケッチから初期のモデリングを起こすケースもありますし、平面図や立面図、展開図などを基にデータを構築することも多いので、2D図面を理解するスキルや建築学の基本的な知識も求められます。

設計段階のプロポーザル用ビジュアル(画像提供: 合同会社 ナカジマ デザイン オフィス)

BIMの台頭

設計手法も昔とは大きく変化してきます。近年は「BIM(Building Information Modeling)」といった手法が急速に広がりつつあります。エンターテインメント系の読者にとってBIMという言葉はあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、2次元図面からではなく設計者がダイナミックに3Dモデリングを行い、その結果を2Dの図面に展開するというフローです。設計初期から3D空間で行えるので、照明検討や室内の空気対流のシミュレーション、構造計算などを加味しながら設計できることも利点のひとつです。また、壁や床や構造体といった基本部材はもちろんのこと、ドアや窓、さらには壁裏にある配線や配管などの各建設部材はライブラリとして全てデータベース化されており、各部材のメーカーや単価などをメタデータとして埋め込んであるために積算作業も容易になります。施工が終わった後も保守メンテナンスに設計データを活用できるなど、様々な運用が可能になります。

BIMを活用したワークフローでは設計作業終了時と共に3次元モデルデータは完成しているので、そのデータを3DCGソフトウェアに転送すれば基本的にモデリング作業は終了しているわけです。このあたりが2D図面で情報共有していた従来の手法と大きく異なる点ですね。

一般的なBIMで用いるライブラリにはシェーダ情報やテクスチャ素材などもデータベースに格納されています。FBX形式などでもそれらの属性情報を3DCGソフトウェアへ移行できるのでかなり効率化が図れるしくみになっていますが、実際はそれほど単純ではないのが現実です。この辺の現状や問題点については後述します。

資料提供:オートデスク株式会社

次ページ:
BIMツールの現状

特集