>   >  VTuber向けシアターや大型VR装置等、機材とソリューションを知る〜第7回ライブ・エンターテイメントEXPO
VTuber向けシアターや大型VR装置等、機材とソリューションを知る〜第7回ライブ・エンターテイメントEXPO

VTuber向けシアターや大型VR装置等、機材とソリューションを知る〜第7回ライブ・エンターテイメントEXPO

2月5日(水)~7日(金)の3日間、幕張メッセにて開催された第7回ライブ・エンターテイメントEXPO。コンサート、ミュージカル、演劇、各種ショー、最近ではeスポーツなどの開催に必要な映像機器、照明機材、音響機器、特殊効果機材、ステージ機材、舞台美術、装置、VR機器、プロジェクションマッピング技術などが所狭しと展示された本イベント。同時開催のイベント総合EXPOと合わせて、注目の展示を紹介する。

TEXT&PHOTO_安藤幸央(エクサ)/ Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

<1>モノが売れない時代の、リアルでライブな体験

約120社の展示は、ライブイベント向けの大規模な映像機器のレンタル企業から、舞台の造形、美術制作、機器や装置などといったハード面、ソリューション提供、コンサルティングなども含めたソフト面まで多岐に渡った展示が見られた。今回のEXPOで初めて展示された機器や、日本初上陸の海外企業の展示も見られ、屋内外のライブ、舞台や展示といったエンターテインメント業界におけるトレンドを知ることのできる展示会でもあった。数多くの展示から、CGWORLD読者の仕事や興味に関係するものをピックアップして紹介しよう。

レイヤードジャパン社のCLI2.6M2シリーズによる3面LEDウォール

●harevutai
harevutai.com

harevutaiは池袋にオープンしたばかりのVTuber向けCGライブや配信ライブを主な用途とする「未来型ライブ劇場」。機材紹介のために展示会場には小型ながらも仮設のステージが組まれていた。池袋駅徒歩4分の立地にある本劇場では映像、音響の最新機材を備え、スタンディングで500名、着席で200名のライブが可能。1.9mmピッチの高精細な344インチLEDスクリーンや、10,000ルーメン、レーザー光源のプロジェクタにより4K投影もできる。

harevutai 仮設ステージ

さらに特徴的なのは 300インチの「FUSION WALL」と呼ばれる(いわゆる)3Dホログラム演出が可能な網状のスクリーンが常設されていることだ。FUSION WALLに投影される映像はどのような映像でも良いわけではなく、向き不向き、特別なノウハウが必要とのこと。

演者と映像との共演、ステージ前面に設置されたFUSION WALLに投影されている

FUSION WALL に映像が投影されている様子

FUSION WALLの接写。粗めの網に特殊な塗装がなされている

●匠工芸
takumikougei6.co.jp

プラスチック加工、看板、コスプレ造形を手がける株式会社匠工芸は、制作事例のひとつとしてファンタジーゲームの中に出てくるような光る魔法陣を実際に作って展示。実物が光を発していると思わせるよう黒いペイント部分から光が漏れない工夫や、上に乗ってもたわむことがないような構造強化など様々な工夫がなされているそうだ。

光る魔法陣(全景)

光る魔法陣(左)、RPGゲームに出てくるような数々の武器(右)

●Pixie Dust Technologies
pixiedusttech.com

落合陽一氏が代表を務めるPixie Dust Technologiesの「SOUND HUG」は、抱きかかえると光の色と振動で音楽を楽しむことのできる装置だ。音楽ライブでの音を取り込み、音の成分に応じて微細に振動したり色合いが変わったりと変化する。装置そのものからも音が出るようになっている。現在販売は行なっておらず、イベント等への有償レンタルのみ。

音に応じて変化する様子

●星光技研
www.seiko-giken.jp

超音波で霧化した水を使ったミストスクリーンを提供するのが星光技研。映像の投影はごく普通のプロジェクタ、普通の水をタンクに入れておけば使えることと、霧が微細なため霧スクリーンを通っても全く濡れた感じがしないのが特徴だ。霧を重層的に噴霧すれば立体映像的な表現も可能になり、霧に触ることで映像に触った感覚にもなる。下から上に霧が出るブローアップタイプ、上から下に霧が出るブローダウンタイプのものがある。

上から霧が降りてくるタイプの霧スクリーン

何層かの霧を同時に噴霧することで、立体的な映像表現も行える

●フォトロン
www.photron-digix.jp

フォトロン映像システム事業本部のブースでは、放送用のリアルタイム合成3Dグラフィックスシステム「Vizrt」「VioTrack R」が紹介されていた。特徴的なのは、特殊なスタジオセットを必要とせず、画像解析によって3次元空間を把握し、3DCGと合成ができることだ。ブースのデモではカメラを少なくとも2箇所に移動することで床面や設置物の特徴点(物体の角や、背景との境目、色の違いなど)を自動解析し、映像の中にある床面がどこにあるのかをリアルタイムで解析し、遅延なくCG映像と合成していた。つまり特殊なマーカーやスタジオを必要とせず、どこでも利用できるというわけだ。

フォトロンブースの様子

その場の映像とリアルタイムCGが合成された様子

画像解析用には撮影用とは別のセンサーカメラを映像撮影用のカメラリグに取り付けて利用する。センサーカメラといっても単なる計測用カメラなので、SDI映像を無線で飛ばして利用することもできる。事前にレンズの歪み調整が必要なため指定の機材が使われているが、特に制限はないそうだ。また、リアルタイムでズーム・フォーカスが連動する合成 (VioTrack R)の他にもズーム・フォーカス固定で利用する場合(VioTrack R0 TTL)はセンサーカメラも必要ないとのこと。

左:トラッキング用のセンサーカメラ(Marshall社のCVシリーズ)、右:センサーカメラの映像から、特徴点を抽出し解析している様子

次ページ:
<2>イベント向け大規模VR装置やコンテンツが目白押しの「イベント総合EXPO」

特集