>   >  「建築写真」と「広告CM」─「ビジュアライゼーション」が繋ぐ分野横断の知見共有〜「Tokyo ArchViz Camp」
「建築写真」と「広告CM」─「ビジュアライゼーション」が繋ぐ分野横断の知見共有〜「Tokyo ArchViz Camp」

「建築写真」と「広告CM」─「ビジュアライゼーション」が繋ぐ分野横断の知見共有〜「Tokyo ArchViz Camp」

CGクリエイターmoz氏が主催する「Tokyo ArchViz Camp」が2月8日に東京・市ヶ谷で開催された。同イベントは「ビジュアライゼーション」をキーワードに様々な業界の知見の共有を行う。第2回となる今回は建築を紹介する商業誌で建築写真の撮影を行うY氏と、映像制作プロダクション「SOARZROCK」のCGディレクター・デザイナーの寺村太一氏が登壇した。

TEXT & PHOTO_FUKUKOZY
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>空間を切り取るビジュアライゼーション

建築業界では建物を紹介するための写真を「建築写真」と呼ぶ。明確な定義が存在しているわけではないが、「建築写真」には人物や風景とは異なる建物を正確に写すための様々なテクニックが存在する。登壇したY氏は建築を紹介する商業誌に属するカメラマン。今回は建築写真では一般的な「竣工写真」と「雑誌写真」のちがいに触れながら、そのテクニックを語った。

まずY氏は「竣工写真」と「雑誌写真」のちがいについて下図のように説明した。

この中でY氏が手がけるのは「雑誌写真」。Y氏は「雑誌写真」を撮影するにあたってのポイントを3つに分けて紹介した。

ポイント1 本になることを想定して撮らなければならない

アウトプットがすでに決まっている「雑誌写真」では、そのアウトプットをイメージしながら撮影をしなければならないとY氏は語る。たとえば、本には「ノド」と呼ばれるページとページの間の谷になる部分がある。それゆえ、見開きで写真を配置すると必然的に写真の中心は「ノド」に吸い込まれてしまう。すると、本来その写真で伝えたかったことの情報量が減ってしまう。そのため、「雑誌写真」では中心をずらすことで「ノド」を避け情報量を保持できる写真を撮影しなければならない。

このように物理的なフォーマットにアウトプットされる「雑誌写真」は物理的な制約を考慮して撮影を行う必要があるとY氏は説明する。

ポイント2 写しすぎてはいけない

次に語られたのは、1枚の写真に何を収めるかについて。1つの建物に対して限られた枚数で紹介しなければならない「雑誌写真」では、それぞれの写真でどのように建物の意図を伝えるかを考えて撮影することが重要である。そこでY氏は「広く撮影しすぎない」ことの必要性を語った。「広く撮影しすぎない」ことは、つまり「風景を切り取る」こと。それによって写真に強弱がつき、誌面にメリハリが生まれるという。また、切り取られた以外の部分を想像できるような余地を残すことで、読者に想像を促すこともできるという。

ポイント3 生活感を残して撮らなければならない

続いてY氏は「雑誌写真」で重要なのは「人が居る空間」を撮り、そこでどのように生活して居るかを切り取っていくことが重要だと語る。そのためには撮影の対象となる空間がどう使われているかを読み解くことが必要だ。たとえば、住宅であれば住民の人柄が特にキッチンに表れるという。誰もいない、何もない空間を撮影する「竣工写真」は記録という意味では重要だが、一方で、コンセプチュアルな空間が施主の生活によって変容する。しかし、そんな姿も建物のありようだとY氏は話す。また、置かれている家具や小物、本などから時代を切り取ることができるのも「雑誌写真」の特徴だという。そのため「竣工写真」に比べ「雑誌写真」は、建物を演出して撮影できることが最大の魅力だとY氏は語った。

レクチャー後、Y氏は実際のレタッチ作業を実演。使用するソフトはBridgePhotoshop。写真の編集と言えば、Lightroomが思い浮かぶが、Y氏はデータの受け渡しが容易なBridgeを使用しているとのこと。1つの建物に対し、1,000カット程度の撮影を行うという。また、1つのアングルに対しそれぞれ明るさのちがう写真を4〜8枚ほど撮影し、それらを合成、より明暗差を細かく表現できるHDR画像とする。アングルが少しでも異なると、合成の際にエラーが発生してしまうため、三脚は必須だという。加えて、水平垂直の保持が求められる建築写真ではシフトレンズも必須だと話す。

1枚にかけるレタッチの時間は30〜60秒ほど。「雑誌写真」はスピード勝負なため、独学で自分のやりやすい方法を見つけていくのが通例だと話した。

次ページ:
<2>広告・PV制作におけるビジュアル制作ワークフロー

特集