>   >  AEでお手軽に高品質! イラスト制作で使えるAfter Effectsテクニック
AEでお手軽に高品質! イラスト制作で使えるAfter Effectsテクニック

AEでお手軽に高品質! イラスト制作で使えるAfter Effectsテクニック

背景美術に映像制作、イラストの分野で活躍し、ユニット「made in harutoshi」としても活動している、はるとし氏による解説。幅広い分野をまたにかけて活動する氏ならではのイラスト向けAfter Effectsテクニックを紹介してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 261(2020年5月号)の記事に一部加筆して、転載したものとなります。

TEXT_はるとし(made in harutoshi
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)

  • はるとし
    成人向けPCゲームメーカーに入社後、背景や映像制作を中心に担当。3年半ほどでフリーランスに転向し、PCゲームやコンシューマ、ソーシャル、アニメ、VTuberなど様々なジャンルに携わる。現在は背景美術と映像制作のほか、キャラクターイラストやLive2Dなど、幅広く手がけている。「made in harutoshi」は共にクリエイターの夫婦二人三脚のユニット名。
    Twitter:@MadeinHarutoshi

    本記事での主な使用ツール
    Photoshop 2020/After Effects 2020/Cinema4D R20/Live2DDesignDoll、ほか

    同記事のメイン画像について
    「本記事のために制作したイラストです。様々な手段を用いて半日ほどで制作しました」

After Effectsは優秀な助手だ、もしかしたら自身よりも

Adobe全部入りプランを契約し、気になってはいるものの、After Effects(以下、AE)は使っていない。普段AEを使っているが、イラストにも興味がある。イラストレーターを目指している。そもそもAEってどんなことができ るんだ? そんな方々、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。私は映像とイラストどちらも承る都合上、「これはイラストにもAEは有用なのでは?」と、たびたび活用するようになりました。もとよりAEは映画制作などで簡素な映像に、エフェクトなど見映えする要素を足すことに活用されているので、動かないイラストに何かを足したり、調整したりなどは朝飯前なわけです。

さて、そこで今回はAEを存分に活用し、イチから全て手描きをしていたら非常に時間のかかってしまう、そもそも容易には描けないような一連のイラストを用意しましたので、その制作プロセスをご紹介していきます。「どこ か冷たい雰囲気の世界観、まるで兵装のひとつ、消耗品のように並べられた双子らしき少女たち。片割れを失い、苦悩のなか戦いに身を投じていく......」。街並みや兵器類、燃え盛る戦火や雨や雪、いずれも手描きは骨の折れる要素ばかりです。このイラストを例に、詳しい制作のながれを解説したいと思います。

POINT:AEで"動くイラスト"化!

今回はAEで制作する利点を活かし、このイラストを10秒の動くイラストとして仕上げています。時間の経過と共にエフェクトや視点が移り変わっていることがわかると思います

<1>ステージの用意からアングル決めまで、全部After Effectsで!

とにもかくにも、まずどんなイラストにするか、イメージを膨らませていかねばなりません。この段階からAEを使ってしまってもいいのですが、今回は手描きで初期案ラフを用意しました。少し前に海外のSNSで流行った「Tetris Challenge」(警察や軍人などが車や装備品、搭乗者などをプラモデルのパーツのように整列し、上空から撮影して投稿する遊び)をモチーフにしたイラストにしようと思います。右図がそのラフで、戦闘機と兵装、双子らしき女の子2人です。

1.舞台を組み立てて自由なアングルで検討する ~Element 3D

構想が固まってきたらさっそくAEでの作業に移ります。AEユーザーにとっては頭が上がらない定番プラグイン、VideoCopilotのElement 3Dを使ってキャラクター以外の舞台を全て組み立 ててしまいます。このプラグインはAE内で3Dモデルを自由に配置したり、簡素ではあるものの動作を加えたりでき、また3D専用ソフトでのレンダリングにはおよばないものの、リアルタイムで最終出力映像を確認しながら作業できるという優れものです。同プラグインで利用できるモデルパックやライトセットなどもあり、さらにプラグインとは無関係の3Dソフト用モデルなども、知識があれば簡単に利用できることから、非常に使い勝手の良いプラグインです。

このElement 3Dで、ポチポチとそれらしい兵器類をモデルパックから配置していきます。3Dは基礎程度しかできない筆者も迷うことなく舞台をつくり上げていける親切設計。その後、舞台の作成が終わったら、カメラアングルやレンズ設定、ライティングなどを満足いくまで様々に試します。手描きでこの案出しをする場合、そもそもの画力がなければ頭の中では思い浮かんでも、結局アウトプットできずに妥協した案になってしまうこともありますが、この手法であれば簡単に難しいアングルにも挑戦できるでしょう。

Element 3D操作画面。専用のUIを備えており非常に使いやすく、動作もモデルを増やしすぎない限りとても軽いです

ライティングのプリセットも数多く用意されています。軽い動作のわりに非常に綺麗な見映えです

専用モデルパックはイラストレーターにも使い勝手の良い充実の内容


兵器類をモデルパックから配置していきます。便宜的にキャラクターはパックにあったパイロットを配置していますが、必要があれば3Dポーズソフトなどから書き出したモデルを利用することもできます

ラフをベースにしたアングルやキャラクターをアップにした低い目線のアングル、真上から垂直に見下ろしたアングルなど、様々なアングルを手軽に試せます

次ページ:
<2>舞台は整った。ここからの作業もどんどん助けてもらおう

特集