>   >  ロボットと協業する「夢のワークスタイル」コンセプトムービーの裏側 ~フォトグラメトリとバーチャル撮影で変わるCG制作
ロボットと協業する「夢のワークスタイル」コンセプトムービーの裏側 ~フォトグラメトリとバーチャル撮影で変わるCG制作

ロボットと協業する「夢のワークスタイル」コンセプトムービーの裏側 ~フォトグラメトリとバーチャル撮影で変わるCG制作

自分そっくりのロボットと働く......20年後には現実になっているかもしれない、クリエイターの新しい働き方を示すコンセプトムービーが公開された。制作したのはCyberHuman Productionsをはじめとした、サイバーエージェントグループの面々だ。2020年4月1日(水)の「April Dream」プロジェクトに合わせて制作された、本ムービーのメイキングについて聞いた。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

クリエイターの新しい働き方を提案

政府が進める「働き方改革」も未だ進まず、プレミアムフライデーも名ばかりになった印象のある昨今。加えてコロナ禍の影響で、慣れないテレワークを続けているCGクリエイターも多いだろう。「自分と同じロボットが、自分の代わりに仕事をしてくれたら嬉しいのに......」と夢想したことも、一度や二度ではないのではないだろうか。

こうした誰もが抱く妄想を形にした映像が、4月1日(水)に「April Dream」企画の一環としてYouTubeで公開された。制作したのは高精細スキャンや3DCGなどを活用した映像制作で知られるCyberHuman Productions(以下、CHP)だ。映像はCHP取締役の桐島ローランド氏と瓜ふたつのロボット「桐島ローランド2号」が実務を行い、本人はディレクションを中心に、ゆとりある生活を楽しむという内容。「April Dream」とは、4月1日に、単に笑えるネタではなく、実際に企業や団体、個人が叶えたい「夢」を発信しようというPR TIMESによるプロジェクトで、200社以上が参加した。

本コンテンツは同社が掲げる「最先端技術を用いてクリエイターの『夢のワークスタイル』実現を目指す」ドリーム宣言に基づいて制作されたものだ。自分そっくりのロボットとの協業は、今は無理でも20年後には実現しているかもしれない......そんなふうに、夢のある内容になっている。

1人2役の映像自体は目新しいものではない。しかし、4/28(火)に公開されたメイキングムービーを見ると、二重の意味で驚かされるだろう。第一に「桐島ローランド2号」の頭部がCGで制作されていること。そして第二に、CGで作られたセットの中でバーチャル撮影が行われていたことだ。

そこには同社の技術力の高さもさることながら、サイバーエージェントグループの横の繋がりが活かされていた。約1ヵ月でつくられたという本映像の舞台裏について、制作陣に聞いた。

新サービスの紹介半分、遊び心半分

本企画のベースとなったのが、2019年にCHPが始めた出張型3DCGスキャンカー「THE AVATAR TRUCK」だ。自動車に3DCGスキャンのシステム一式を搭載して先方に赴きその場で撮影を済ませてしまうソリューションで、1名あたり数分でスキャン撮影が完了する。

「僕たちはタレントやアスリートといった有名人のスキャンを目標に掲げてきました。ただ、これまでそうした方々にスタジオまで来てもらうのが大変でした。皆さんとても忙しくて、最近はスチルとムービーの撮影を半日で済ませる、といった案件も増えてきています。そのため、3Dスキャンのために専用スタジオまで来てもらうことが、非常に難しいんです」と語るのは、本映像で主演を務めた取締役の桐島ローランド氏。

スタジオへの来訪が難しければ、こちらからスキャンシステム一式と共に、出張撮影すれば良い......。こうした逆転の発想で生まれたシステムが「THE AVATAR TRUCK」だ。一度の撮影でキャプチャする表情は約40種類にもおよぶ。研究開発の結果、スペキュラやラフネス情報の16Kでの抽出やデータ生成の自動化など、精度も速度も格段に進化しているという。

THE AVATAR TRUCKとキャプチャされたデータ群。コロナ禍の渦中で、スタジオでの収録が不安視されている中、本システムを使えば「三密状態」になりにくいメリットもあるという

もっとも、これまでにないサービスであるため、プロモーションにおいても従来にないやり方が求められる......本動画の企画とプロデュースを務めた芦田直毅氏は、こうした問題意識を抱えていた。

  • 芦田直毅/Naoki Ashida
    CyberHuman Productions
    企画・プロデュース

「スキャンデータを使ってどれくらいの精度のアウトプットができるのか、理屈で説明するよりも直接映像で示した方がわかりやすいのではないかと考えていました。また、弊社には多彩なデータアーカイブがあるため、これを活用して従来の「To ALL」ではなく、「For You」なコンテンツをユーザーに届けたい。 ......そうしたビジョンもありました。そこで、これらを体現できるような映像コンテンツ制作について、年明けから社内で議論を開始しました」(芦田氏)。

芦田氏を筆頭に、CG制作とクリエイティブディレクションを務めた田森 敦氏と児玉秀行氏をはじめ、数人で始まった企画会議。面白くて、世の中に関心をもってもらえる映像をスキャンシステムでつくりたい、それってなんだ......? 企画が二転三転する中、芦田氏から「4月1日のエイプリルフール企画向けに映像コンテンツをつくる」というアイデアが飛び出した。そうなると、おのずと制作期間が決まってくる。決め手になったのが児玉氏のひとことだ。

「何回目かの打ち合わせのとき、児玉さんが申し訳なさそうに、『すごく面白いことを思いついちゃった』と現れたんですよ。聞けば『CGでローランド2号をつくれば良いんじゃないか』って言うんです。それを聞いたみんなが賛同して、具体的な企画が動き出しました」(田森氏)。

  • 児玉秀行/Hideyuki Kodama
    CyberHuman Productions
    クリエイティブディレクション・CG

  • 田森 敦/Atsushi Tamori
    CyberHuman Productions
    クリエイティブディレクション・CG

もともとCyberHuman Productionsという社名から、ロボットをつくっていてもおかしくない印象があること。ローランド氏がファッションモデル出身で、有名人でも遜色のないリアルなCG映像がつくれる技術であることが、わかりやすく示せること。そして何より「2号」というアイデアが面白いこと......このように、様々なピースがピッタリとハマったと、芦田氏はふり返る。

「2号」のアイデアが飛び出したのが1月後半。具体的な内容と共に、制作体制を固めつつ、ストーリーボードや絵コンテが完成したのが2月後半。その間、企画/プロデュースを進行面から支えた岡村圭太朗氏をはじめ、スタッフが徐々に増えていった。ローランド氏に企画が提案されたのは、3月頭のことだ。通常より時間がかかっているように見えるのは、本企画が本業ではない「課外活動」だったため。スタッフは本業と並行して準備を進める必要があった。

ちなみにインタビューで田森氏は「最初にローランドさんに話をしたときは、ドキドキしました」と明かした。それを聞いたローランド氏は「僕がNOと言うわけないじゃん」と即答。同社の自由な社風が垣間見えた一幕だった。

サイバーエージェントグループの横の繋がりを活かす

このようにCHP社内の課外活動として始まった本企画。もっとも、全てを社内で完結させるには、1ヵ月という制作期間は短すぎた。そのためムービーモンスター6秒企画、サイバーエージェント音進化局のメンバーが制作チームに加わっている。いずれもサイバーエージェントのグループ会社で、結果的に横の繋がりを活かしたプロジェクトになった。

「最初はそんなつもりはありませんでしたが、いざロボットの映像をつくるとなったとき、全てをCGにすると時間的に間に合いませんでした。また、グループの連携を活かしたプロジェクトを進めたいという思いを昔から温めていたことも、背景にありました」(芦田氏)。

インターネット広告の代理店として急成長したサイバーエージェント。しかし、代理店業務に徹して協力会社に実制作を発注するだけでは、制作の深い工程が理解できず、イノベーションも生まれにくくなる。そのため社内に制作部隊をつくったり、子会社をつくったりというながれが生まれた。

インターネット広告向けに動画制作を手がけるムービーモンスター、短尺の動画広告に特化したクリエイティブ集団の6秒企画、そしてCHPも、こうした文脈で生まれたグループ会社だ。

ムービーモンスター【左】と6秒企画【右】は、共にサイバーエージェントグループのスタジオだ

もっとも、通常のクライアントワークだけでは、各々の強みを活かしたフレキシブルな連携が難しかった。クライアントの課題を解決することが主目的にならざるを得ないからだ。そのため、どこかのタイミングでグループ内連携を主目的に据えたプロジェクトをやってみたいと思っていた。

「そんなとき、このプロジェクトが最適だと気がついたんです。2月中旬にロボットが出てくるムービーをつくろうということになり、撮影でムービーモンスターさん、映像編集・コピーライティングで6秒企画さん、サウンドでサイバーエージェント音進化局といった具合に、お声がけしていきました」(芦田氏)。どの会社も、とてもフランクに賛同してくれたという。

企画段階で強力な援護射撃を行なったのが、6秒企画でコピーライターを務める大塚マリエ氏だ。田森氏や児玉氏ら中核メンバーにインタビューをくり返し、「この映像のコンセプトは何か」、「どのようなメッセージを視聴者に伝えたいのか」、「視聴者にわかりやすく理解してもらうには、どうしたらいいか」などと、企画意図を言語化しつつ、深掘りしていったのだ。

企画兼プロデューサーとして途中参加した岡村氏は「当初は映像しかありませんでした。絵コンテの初期バージョンが出来上がった時点で、言葉がないとストーリーがわからないよね、ということになりました。別の案件を一緒にやっているときに、どさくさにまぎれて大塚さんに相談しました」とふり返った。

  • 岡村圭太朗/Keitaro Okamura
    CyberHuman Productions
    企画・プロデュース

これに対して大塚氏は「ローランドさん『2号』という時点で面白そうだと思った」と快諾。通常業務とは異なる「課外活動」的なノリのプロジェクトに、積極的にかかわっていった。

「CGやAIで人間の仕事が奪われるみたいな考え方ではなくて、先端技術を上手く活用することで、人間自身の能力が拡張されるみたいなイメージを提示したい......そんな議論を皆さんとくり返しました」(大塚氏)。

次ページ:
緊急事態宣言下でギリギリまで調整

特集