>   >  BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 No.1 「デジまる/DigiMARU」誕生篇
BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 No.1 「デジまる/DigiMARU」誕生篇

BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 No.1 「デジまる/DigiMARU」誕生篇

LiNDA ZOOはLiNDAのデジタル動物チームで、20種以上のフォトリアルなデジタル動物が所属している。そんな同社が、約250万人のInstagramフォロワーをもつ「柴犬まる」BULLET RENDER FARM(以下、BRF)とAMD Radeon ProRender(以下、RPR)で再現するプロジェクトに挑んだ。

本記事では、プロジェクトの課題とその解決策を全2回に分けて紹介する。No.1では「柴犬まる」の3Dスキャンに始まり、3Dモデル作成、リグ、シミュレーション、アニメーション、ファーの設定を経て「デジまる」の映像が生み出されるまでの過程を紹介しよう。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 262(2020年6月号)掲載の「BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 デジまる/DigiMARU」に加筆したものです。

TEXT_澤田友明(コロッサス Rスタジオ)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲【事例紹介】デジまる:ファーのレンダリング


▲前列左から、プロダクションマネージャー・大城 圭氏、CGアーティスト・大羊小羊氏、CGアーティスト・荒井瑶史氏、アニメーションディレクター・橋本真作氏、CGアーティスト・朝倉未来氏。後列左から、アシスタントプロデューサー・木村淳也氏(以上、LiNDA ZOO)、ソフトウェアディベロップメントエンジニア・吉村 篤氏(日本AMD)、ディレクター・北田清延氏(LiNDA ZOO)、取締役副社長・渡慶次道隆氏(A.L.I. Technologies)、プロデューサー・桑原大介氏、システムエンジニア・中川知也氏(以上、LiNDA ZOO)

テレワークへの対応によって必要性を増すクラウドレンダリング

レンダーファームは、最先端のリアルで高品質なCG映像を生み出す上で欠かせないシステムだ。ひと昔前は、各CGプロダクションが自社専用のレンダーファームを所有することが当たり前だった。多数のコンピュータを設置できる一定のスペースを確保し、コンピュータの排熱を冷却するために専用のエアコンも設置し、常にアップデートされるソフトウェアとシステムを運用するために専任のエンジニアが配置された。

そこまで費用をかけたとしても、コンピュータを構成する主要パーツは毎年進化するため、稼働と同時に陳腐化していくことは避けられない。なによりレンダーファームのパフォーマンスを維持するにはかなりの電力が必要だが、使用できる電力はオフィスやビルごとに上限があるため、CGプロダクションにとっては頭の痛い問題となっている。

クラウドコンピューティングによるレンダーファームは、前述の課題(初期投資コスト、システム構築コスト、運用管理コスト、消費電力量)を迅速に解決できる手段だ。しかしCG映像制作に限って言えば、既存のソフトウェアはクラウドコンピューティングを前提に提供されているわけではなく、後付けで対応しているに過ぎない。所有するハード資産の償却やライセンスコストの問題もあり、クラウドコンピューティングによるレンダーファームへの切り替えがなかなか進まないのが現状だ。

それでも、ITインフラをクラウド化することは、コストを抑制し、リソースを最適化し、機会獲得の対応力を強化するための効果的な手段であることに変わりはない。テレワークをはじめとした新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)への対応においても、クラウドを活用したデジタルトランスフォーメーションが求められている。本プロジェクトで得られた知見は、そのための一助になるだろう。

不特定の柴犬ではなく「柴犬まる」を再現

A.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)が運営するBRFは、自律分散型アルゴリズムを用いて数千規模のGPUで高速にレンダリング処理を行うクラウドレンダリングサービスだ。大量のGPUを設置したレンダーファームという枠に留まらず、企業や個人が必要とする様々な規模のコンピュータ演算力の需要を、世界中にあるアイドリング中のコンピュータとマッチングさせるサービスの提供も視野に入れた開発が進められている。

つまりBRFは、大きなコンピューティングパワーを必要とする処理を、余剰コンピュータに分散・実行させるグリッドコンピューティングへの進化を目指しているというわけだ。そのBRFのプロモーションの一環として企画されたのが、とりわけレンダリング負荷が高いとされてきた動物の体毛(ファー)を、BRFで高速に処理するチャレンジだ。

  • 「リサーチの結果、フォトリアルなデジタル動物の映像は、ファーのレンダリングに大きなコンピューティングパワーが必要だとわかりました。これをBRFで表現するにあたり、ぜひLiNDA ZOOさんとタッグを組みたいと考え、協力を依頼しました」と渡慶次道隆氏(A.L.I. 取締役副社長)は語った。制作を依頼して「後はおまかせ」にするのではなく、「一丸となってつくり上げ、プロジェクトを成功させたい」という熱い思いも伝えたところ、快諾してもらえたという。


その後「具体的には、どんなデジタル動物をつくるのか?」を検討する段階に入り、A.L.I.から提案されたのが、「日本一有名な柴犬」と称され、各国の愛犬家をフォロワーにもつ「柴犬まる」だった。かくして「柴犬まる」を3DCGで再現し、さらにBRFのプロモーション映像も制作するという、「デジまる/DigiMARU」プロジェクトがスタートした。今回は不特定の柴犬を3DCGで再現するのではなく、「柴犬まる」という特定の個体に似せることを目指しており、この点においても挑戦的な企画だったと言える。

  • 「LiNDA ZOOでは、これまでにキリン、トラ、パンダ、クマ、ペンギン、フラミンゴなど、20種類以上のデジタル動物を手がけてきました。ザリガニや恐竜をつくったこともあり、3DCGの動物に命を吹き込むことを得意とする精鋭スタッフが揃っています。それでも、特定の個体の再現は容易なことではないので、アーティストたちは何度もリファレンスを確認していました」とプロデューサーの桑原大介氏は語った。


しかも、柴犬は日本人にとって馴染み深い動物なので、おかしなところがあれば、すぐに違和感をもたれてしまう。そういう点でも難しいプロジェクトだったと、アーティストの朝倉未来氏はふり返った。

フォトグラメトリーによる「柴犬まる」の3Dスキャン

▲「柴犬まる」は2007年生まれ、体重18kg、体長52cmの雄犬だ


▲3Dスキャンには、steam-studioのirisを使用。本システムはNikon一眼レフカメラ164台で構成されており、全てのカメラのシャッターと、閃光速度1/350のストロボを同期させて撮影を行なった。なお、スケールとカラーチャートも同時に撮影しており、後処理で実寸スケール調整とカラーキャリブレーションが行われている。本システムの本来の用途は人間の体の3Dスキャンで、上半身は特に高精細なデータを取得できる。今回は「柴犬まる」がおびえない程度の高さまで箱馬を積み上げ、撮影時の解像度を確保した。人間の心配をよそに、「柴犬まる」はおとなしく箱馬の上に乗り、撮影されていたという


▲フォトグラメトリーによる「柴犬まる」の3Dスキャン


▲柴犬らしいモフっとした体つきが、RAWスキャンデータでも再現されている。このデータは、1,000万ポリゴン、および300万ポリゴンの2種類の形状データと、8KテクスチャデータとしてLiNDA ZOOに納品された

© Shibainu maru

次ページ:
3Dスキャンデータから、2層構造の3Dモデルを作成

特集