>   >  BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 No.2 クラウドレンダリング篇
BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 No.2 クラウドレンダリング篇

BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 No.2 クラウドレンダリング篇

LiNDA ZOOはLiNDAのデジタル動物チームで、20種以上のフォトリアルなデジタル動物が所属している。そんな同社が、約250万人のInstagramフォロワーをもつ「柴犬まる」BULLET RENDER FARM(以下、BRF)とAMD Radeon ProRender(以下、RPR)で再現するプロジェクトに挑んだ。

本記事では、プロジェクトの課題とその解決策を全2回に分けて紹介する。No.1では「柴犬まる」の3Dスキャンに始まり、3Dモデル作成、リグ、シミュレーション、アニメーション、ファーの設定を経て「デジまる」の映像が生み出されるまでの過程を紹介した。No.2では、RedshiftからRPRへのレンダラ切り替え時の課題と、その解決策、BULLET RENDER FARMによるクラウドレンダリングについて解説する。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 262(2020年6月号)掲載の「BULLET RENDER FARMで「柴犬まる」を再現 デジまる/DigiMARU」に加筆したものです。

TEXT_澤田友明(コロッサス Rスタジオ)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲DigiMARU Project:ファーのレンダリング Trot


▲左から、ソフトウェアディベロップメントエンジニア・吉村 篤氏(日本AMD)、プロデューサー・桑原大介氏(LiNDA ZOO)、取締役副社長・渡慶次道隆氏(A.L.I. Technologies)、ディレクター・北田清延氏(LiNDA ZOO)

RedshiftからRPRへの切り替えにAMDが協力

本プロジェクトでは、BRFを用いてファーを高速にレンダリングすることが大前提であり、そのためにはレンダラをこれまでメインで使ってきたRedshiftからRPRに切り替える必要があった。

  • 「RPRとBRFの本格的な使用は今回が初めてだったので、課題の洗い出しから始めました」とディレクターの北田清延氏はふり返った。RPRは、CPUやGPUを生産するハードウェアメーカーとして知られるAMDがリリースした、パストレーシングレンダラだ。CPUとGPUの両方に対応し、OSを問わず様々な3Dプラットフォームで活用でき、物理的に正確なレンダリングが可能で、商用利用であっても無償で使用できる。そのため、大規模なクラウドレンダリングを行う場合でもライセンスコストが発生しないというメリットがある。


しかし、レンダラを切り替えるということは、それまで蓄積してきたノウハウをいったん横に置き、新たなノウハウを習得し直すことを意味する。多数のメリットがあっても、CGソフトウェアの素早い乗り換えが困難なのはそのためだ。

前述したようにRPRは物理ベースのパストレーシングレンダラなので、シェーダ、ライト、レンダリングの設定が比較的普遍的でわかりやすい。さらに、今回はA.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)がLiNDA ZOOとAMDのRPR開発チームをつないだため、前者の質問や要望を、後者に直接伝えることができ、迅速な回答が得られた。こうしてA.L.I.、LiNDA ZOO、AMDの3社によるタッグチームが誕生し、本プロジェクトの成功に向け、共に尽力することとなった。

LiNDA ZOOによる課題の洗い出しと、AMDおよびA.L.I.による対応

▲LiNDA ZOOが挙げた、RPRとBRFに関する課題と、その対応状況の一覧表(2020年6月下旬時点)。本プロジェクトにおいて優先順位の高いものから順番に解決しており、今後も継続して対応にあたる方針とのこと


▲RPRを使用中のMayaの作業画面。ビューポートウインドウからレンダリングできるが、前述の一覧表で列記されているように、LiNDA ZOOからは「作業の効率化のため、独自のレンダーウインドウもつくってほしい」という要望が出されている

RPRによるOrnatrixのサポート

▲OrnatrixのファーをRPRでレンダリングしている。RPRはMayaのXGenには対応していたが、Ornatrixには未対応だった。LiNDA ZOOの要望を受け、RPR開発チームはOrnatrixのサポートに着手し、約1.5ヶ月で新たなプラグインを完成させ、検証期間を経てプロジェクトに本格導入された


▲ファーの先端のテーパーはOrnatrixのアトリビュートでコントロールする


▲ファーの質感はRPR Uberシェーダで調整する


▲シェーダネットワークとUVマッピングを使い、ファーの根本と先端とで色を変える機能も新たに実装された


▲前述のファーの色変えに用いたテクスチャ


▲【左】先の例と同じく、ファーの根本と先端とで色を変えている/【右】生えている位置によってファーの色を変えることも可能

© Shibainu maru

次ページ:
シーンデータの自動変換とモーションブラーにおける課題

特集