>   >  ゲーム化まで見越して提案! UE4をフル活用したエンディングアニメーション、TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』
ゲーム化まで見越して提案! UE4をフル活用したエンディングアニメーション、TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』

ゲーム化まで見越して提案! UE4をフル活用したエンディングアニメーション、TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』

ゲーム開発からビジネスソリューションの開発、アニメ制作とエンタメ領域に留まらないコンテンツ開発を手がけるORENDAが、UE4をフル活用してTVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』のエンディングアニメーションを制作した。ゲーム画面を意識したグラフィカルな映像と、ED制作を機にゲーム化の提案と企業ブランディングまで図った、骨太で包括的なビジネス戦略が斬新だ。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 265(2020年9月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン)
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』
2020年7月よりMBS・TBS・BS-TBSほか全20局にて毎週金曜25時55分~好評放送中!
fireforce-anime.jp
©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

クリエイティブ×テクノロジーで世界をおもしろくする

まるで横スクロールゲームのプレイ画面のような演出が印象的な、TVアニメ『炎炎ノ消防隊弐ノ章』のエンディングアニメーション(以下、ED)。実際、本EDと連動して、ゲーム開発までシームレスに一緒につくるという斬新なアイデアを実現した。そんな同作を制作したのは、「クリエイティブ×テクノロジーで世界をおもしろく」をミッションに掲げるORENDAだ。2015年に3D制作を主軸にスタートした同社は、3Dと画像認識技術を組み合わせた自動運転シミュレータやVRコンテンツの開発など、活動範囲を多角的に広げて順調に業務を拡大してきた。2019年からは一気通貫でコンテンツ制作が可能な環境を構築するべく、関連会社を次々と設立。アニメを含む映像分野、プログラミング技術の強化、声優、アーティスト育成など大幅な体制強化を行い、音声合成、AIソリューション開発にも取り組んでいる。

▲左から、ディレクター・糸曽賢志氏(ワールドエッグス)、取締役 ・塩谷尚史氏、コンポジター・千田 岳氏、Unreal Engine 4 アーティスト・小倉理生氏
※以下、写真なし。PM・石田健二郎氏、ディレクター/2Dアニメーター・小森秀人氏、ラインPr.・平井憲一氏、ゲームデザイナー・石川裕章氏、コンセプトアーティスト・コルプス・ジョシュア氏、3Dモデラー/2Dエフェクトアーティスト・ヨエル パルメナス氏。以上、ORENDA

取締役の塩谷尚史氏は「既存の枠に囚われずに制作に挑めるよう徹底しています。チームメンバーの自由な発想を生み出し、人々が考えつかなかったものをつくり驚かせたい」と、同社の方向性を語る。また本ED制作についてディレクターを務めた糸曽賢志氏は、「葛藤を抱えつつも目標を目指して成長する主人公をはじめ、特殊能力をもったキャラクターひとりひとりの魅力が引き立つ映像にしました。EDでもゲームの中でも、キャラクターの魅力をつかんで再現し、ファンに喜んでもらえる映像を目指しました」と話す。糸曽氏は、劇場アニメ『サンタ・カンパニー~クリスマスの秘密~』などORENDAと制作を共にしていく中で、同社がもつ技術の多彩さに多くの可能性を感じたという。今回のEDとゲーム開発を結びつけるというアイデアも、その中から出てきたものだ。また、発注元であるデイヴィッドプロダクションから斬新なアイデアを求められていたこともあり、「アニメっぽくないUnreal Engine 4(以下、UE4)を使った映像制作を」との構想を練っていたと話す。アニメーション映像に加えて「ORENDAだからこそできることとは何か?」と考え、ゲーム開発を一緒に提案して実現するという斬新なアイデアに至ったそうだ。

<1>ED制作からゲーム開発までしかける骨太な戦略

エンディング制作からゲーム化まで一括して提案する

本作の企画に関して糸曽氏は、「クライアントからご依頼いただいたのはEDの制作のみでした」と、ふり返る。しかし前述したとおり、既存の枠を超えた斬新なアイデアをと考えていた糸曽氏とORENDA制作チームは、同プロジェクトで制作したコンテンツをゲームとして開発したいと考えたという。ゲーム開発についてクライアントに提案したところ好評が得られたそうで、ひき続き開発を続行中とのことだ。「『炎炎ノ消防隊』というコンテンツにとっても、意義のある提案ができたのではないかと思います」と糸曽氏。単にED映像を受注制作するだけではなく、UE4によるゲーム開発の技術をもつORENDAの可能性を十二分に引き出し、「ゲームとアニメを一緒に制作できるORENDA」というブランドを構築。既成概念に囚われない糸曽氏のブランディングは見事に功を奏した。さらに、視聴者からゲームプレイ動画を募集してオープニングやエンディング映像に使用したりSNSで発信したりと、同氏のアイデアは尽きない様子だ。

本作の制作は、ほぼORENDAのスタッフで構成されている。ラインプロデューサーの平井憲一氏は、「過去の実績を考慮して、コンセプトアートからアニメーション制作、そしてゲーム開発にいたるまで社内でスタッフを構成しました。セル調アニメという表現にこだわらず、UE4などのツールを駆使してスタッフの能力を活かしつつ、効率良く進めることを心がけました」とふり返る。また、今回は絵コンテという概念がなかったとのこと。「通常のアニメだと、コンテから逆算して考えて素材をつくっていくのが一般的なのですが、今回は制作の最初にタイムラインが引かれて、それに素材を乗せてブラッシュアップしていくという、ゲーム開発的なつくり方をしています」と、プロジェクトマネージャーの石田健二郎氏。子供の頃、友達がプレイするスーパーマリオの映像をみんなで喜んで見ていた思い出もあり、また、以前からゲーム実況での神プレイなどもひとつの映像作品として捉えていたという石田氏。同様に糸曽氏も「アニメをゲーム風につくってみたら、そのゲームをプレイしたくなるはず。そして、そのゲームをプレイすることで、アニメの世界を体験できるのではないでしょうか」と語っている。また、制作フローにおける挑戦として、ディレクターに雑務をさせずに演出に集中できるよう心がけ、ORENDAならではの一方通行ではないアプローチに挑んだという。原作を読み込んだスタッフや外部のテレビバラエティの構成作家を入れてアイデア出しをするなど、技術的な知識が豊富なORENDAスタッフからは、合議制のように多くの提案が出てきた。その結果、糸曽氏は1本も線を引くことなく、イメージを伝えることでディレクションができたそうだ。

ジョシュア氏によるイメージボード

▲コルプス・ジョシア氏によるイメージボード
©大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

▲ED本編の画像。TVアニメで多く使われている暖色系の色味を使いつつ、各キャラクターを黒いシルエットで表現することでコントラストの強い特徴的なビジュアルをつくり出すことができた

制作フロー

▲UE4を使用した本プロジェクトにおける指示系統、素材の受け渡しを表した図。今回は、素材管理にGoogleスプレッドシートを使用。2Dアニメーション、3D背景モデル、UIアセット等、100点程度のアセットを制作した

次ページ:
<2>企業のブランディングまで考慮したビジュアル制作

特集