>   >  歌やダンスではない自然な演技を魅せる、アイドリッシュセブン『RabbiTube』クリエイターにチャレンジ!
歌やダンスではない自然な演技を魅せる、アイドリッシュセブン『RabbiTube』クリエイターにチャレンジ!

歌やダンスではない自然な演技を魅せる、アイドリッシュセブン『RabbiTube』クリエイターにチャレンジ!

大人気スマートフォンアプリを原作とし、2020年で5周年を迎えた『アイドリッシュセブン』。毎年各アイドルの誕生日に合わせて趣向を凝らした企画を実施してきた本プロジェクトが、2020年の誕生日企画として選んだのはIDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeのアイドルたちが『RabbiTube』クリエイターに扮して様々なコーナーに挑戦するというものだ。MVとはまったくちがう異色の番組制作について、制作陣に聞いた。

TEXT _川島基展(もももワークス)/ Motonobu Kawashima
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

『RabbiTubeクリエイター』にチャレンジ!
アイドリッシュセブンYouTube公式チャンネルにて好評配信中!

【2021年誕生日企画】
今年はŹOOĻの4人が、誕生日に『RabbiTubeクリエイター』として『RabbiTube』に挑戦いたします! 今回もアイドルたちが様々なことにチャレンジしたり、メッセージをお届けします! トップバッターは、3/15生まれの虎於くんです!ぜひ、お楽しみに...!

idolish7.com
©アイドリッシュセブン

4社の綿密なタッグが描き出したアイドルたちの新しい魅力

『RabbiTube』クリエイターにチャレンジ!(以下、『RabbiTube』)は、『アイドリッシュセブン』に登場するアイドルたちの誕生日企画として実現した配信番組である。ラジオなど声だけの企画はこれまでにもやってきた中で「今回はアイドルがちゃんと見えるコンテンツをつくりたい」という意向のもと、様々な案の中から実現した。

いわゆるYouTuberということで、これまでの歌やダンスのコンテンツとはまったくちがう表現が求められるため、プロジェクトの座組もゼロから検討。バンダイナムコオンラインのプロデューサー・下岡聡吉氏、企画プロデューサー・根岸綾香氏と、以前から振り付けやモーションアクターコーディネート等で関連プロジェクトに長く関わってきたソリッド・キューブに加え、ダンデライオンアニメーションスタジオ(以下、ダンデライオン)、MOZOOが新たに参画するかたちで2019年8月頃からのスタートとなった。普段TVシリーズや劇場映画の受託制作を多く手がけるダンデライオンやMOZOOにとってもYouTube番組の制作は初めての経験であり、全てが手探りの状態から制作フローを固めていったという。

制作において特に意識されていたのは、各アイドルがVTuberに見えないよう、あくまでYouTubeの番組としてつくり上げることだった。「リアルタイムモーションキャプチャを行わず、しっかり演技を仕上げているのはそのためです。また、編集も普段行なっている映像編集ではなく、あくまでYouTubeクリエイターの方が行う編集に近づけるよう心がけました」と下岡氏は話す。YouTube番組のフォーマットに合わせながらもしっかり計算した演出がなされており、プロがつくる番組としての矜持が感じられる。各社の綿密なタッグが『アイドリッシュセブン』の新たな魅力を生み出した。ではその詳細をみていこう。

▲写真左から モーションディレクター・原田奈美氏(ソリッド・キューブ)、プロデューサー・下岡聡吉氏、企画プロデューサー・根岸綾香氏(以上、バンダイナムコオンライン)

▲前列左から アニメーションスーパーバイザー・松島有香氏、プロジェクトマネージャー・礒脇由妃見氏、後列左からリードアニメーター・井崎正裕氏、プロデューサー・中山佳代氏、ディレクター・山崎拓哉氏(以上、ダンデライオンアニメーションスタジオ)

▲写真左から テクニカルアニメーター・中澤魁斗氏、モーションキャプチャエンジニア・磯崎良樹氏、モーションキャプチャアシスタント・春原夏樹氏、モーションキャプチャプロデューサー・竹原真治氏(以上、MOZOO)

手探りで構築した制作フロー

各アイドルの誕生日が配信日として確定しているため、プロジェクトの初期はワークフローを検討しつつ、第1弾和泉一織編・第2弾二階堂大和編の2本の制作を急ピッチで進めた。まず、バンダイナムコオンラインで作成した台本に基づいて作打ちを行い、ソリッド・キューブにて原田奈美氏が演技の方針を検討、その内容に基づいてモーションアクターのリハーサルを行う。次に、撮影したリハ映像をYouTube番組に適した展開になるように編集し、これを仮のVコンテとして制作チーム内で共有し、プレスコ用のガイド映像とした。「当初、リハーサルは2本分同時並行で丸1日かけていたりしましたが、今はかなり短時間で済んでいます。コロナ禍の影響もあり、なるべく少人数でということでアクターと私にお任せいただいたので、とてもスムーズでした」と原田氏は話す。

ダンデライオンでは、基本的にはこれまで積み上げてきたワークフローに沿ってアニメーション制作を進めた。撮影したモーションキャプチャデータはMOZOOでいったん調整した後にダンデライオンに渡され、Vコンテに合わせてYouTube番組らしい演出やテンポの仕上げが行われた。モーションキャプチャ撮影時の映像を基にもう一度バンダイナムコオンラインにて2度目の編集を行い、その正式Vコンテを目標として仕上げを行う徹底ぶりである。

台本から完パケまで、1本あたりの制作にはおよそ3~4ヶ月かけているとのこと。アニメーションの制作ラインは複数同時並行で進んでおり、ダンデライオン社内だけで約30名が関わっている。非常に手間のかかる工程を踏み、リアリティにこだわり抜いた制作フローと言えるだろう。

パーカーの着こなしで個性を表現

本作では、ダンデライオンの誇る「イケメン制作部隊」がキャラクターモデルを全て新規でつくり下ろした。検討の末、普段のアイドルたちとはちがったアットホームな雰囲気を出したいということで、コスチュームはステージ衣装ではなくパーカー、素足とした。アイドルごとに袖をまくったり、着こなしに個性をもたせたりしている。

なお、モデリングにはMayaを使い、トゥーンレンダリングについてはV-RayPencil+との組み合わせで仕上げている。アイドル1人あたり、フェイシャルポーズの作成を含めてモデリングに2ヶ月程度をかけているとのことだ。

下岡氏によれば、『RabbiTube』は企画そのものの難しさと、番組として継続して制作していけるものにできるかどうかという壁があったという。そこで、使い回しが利くよう、舞台セットは特設ステージなどではなく、YouTube番組らしさを意識しつつ、ソファやテーブルのある部屋のシチュエーションとした。ソファを飛び越えるような場面はあるものの、部屋の外に出るような演出は制作の手間を考慮してNGとしたとのこと。

▲IDOLiSH7。登場するアイドルたちの衣装はメンバーカラーを採り入れたパーカーと素足で統一。パーカーの丈や紐の長さ、ボトムスなどに個性が表れている

▲TRIGGER

▲Re:vale

次ページ:
『RabbiTube』のために専用設計した新スタジオ

特集