>   >  RAIDの基礎から学ぶ「NAS」講座。初心者オススメのASUSTOR「LOCKERSTOR 4」セットアップ手順と活用方法を解説
RAIDの基礎から学ぶ「NAS」講座。<br/>初心者オススメのASUSTOR「LOCKERSTOR 4」セットアップ手順と活用方法を解説

RAIDの基礎から学ぶ「NAS」講座。
初心者オススメのASUSTOR「LOCKERSTOR 4」セットアップ手順と活用方法を解説

[PR]

クリエイターにとっての「資産」とは何でしょうか。人によって答えは様々だと思いますが、その中でも特に危うい資産は「データ」ではないでしょうか。ハードディスクを始めとした記憶装置には寿命がありますし、いつ不慮のトラブルで消えてしまうかもわかりません。納品直前にデータが消えたら......これまでの作品やアセットが消えたら......。

全てのクリエイターにとって、資産であるデータに対する保険としてのアーカイブは必須です。今回は、データアーカイブの1つの手段である「NAS」について、まだ使ったことのない方向けに初心者目線でご紹介します。クラウドにバックアップしているから十分、と思っている方もぜひご一読ください。
また、記事の後半では実際にNAS初心者として、コストパフォーマンスの高いミドルハイモデルであるASUSTOR のNAS『LOCKERSTOR 4(AS6604T)』に触れながら、具体的なセットアップ手順や、本機の強みについてご紹介します。

TEXT_三宅智之(38912_DIGITAL



  • CPU
  • Intel Quad-Core Celeron J4125 2.0GHz - 2.7Ghz Turbo
  • RAM
  • 4GB DDR4-2400 SO-DIMM (最大容量8GB)
  • 対応ハードドライブ
  • 4ベイ+ 2 x M.2 NVMeスロット
  • LANポート
  • 2x 2.5GbE
  • 製品価格
  • ¥71,500(税込)

そもそもNASとはどんなもの?

NASとは、家や事務所のネットワークに接続できるハードディスク(HDD)です。といっても難しいことはなく、PCからはUSBの外付けドライブと同じように扱えます。そして、USBの外付けドライブとは異なり、ネットワークにいる複数のデバイスから同時にアクセスすることができます。無線LANで接続すれば、ノートパソコンやスマートフォンからもアクセス可能です。さらに、データ消失のリスクを下げることができる技術「RAID」にも対応しています。(ASUSTOR NASは全てRAIDに対応しています。)
まさに、NASはデータをアーカイブするのにもってこいの機器なのです。

▲NASはLANケーブルでルーターやハブを介してPCと接続する。PCからは通常のハードディスクドライブと同じ感覚で使用できる。

RAIDって何?

RAIDとは、NAS内の複数のHDDを1つのドライブのように扱う技術です。RAIDにはデータを複製し消失リスクを下げる「ミラーリング」や、データを分散し処理を高速化する「ストライピング」の機能があり、使える容量と消失リスクとスピードのバランスを「RAIDレベル」としてユーザーが選択できるようになっています。

例えば4台のHDDをNASに使う場合、RAID 5構成を選択すれば容量は3台分になりますが、4台のうち1台が故障したとしてもHDDを交換するだけで全てのデータを元通り復元できます。RAID 6構成を選択すれば、容量は2台分になりますが、4台のうち2台同時に故障したとしても交換すれば全て復元できます。このようにNASは消失リスクを減らしながら、PC側では1つの大きなドライブとして見えるため、データアーカイブの管理にはとても便利です。

NASのメリット

とはいえ、クラウドに保存していれば十分じゃないか、とお考えの方もいるかと思います。確かにクラウドでもデータの消失リスクを減らすことは可能です。しかし、サブスクリプション形式のクラウドと比較すると、NASの方が大容量を低価格で導入しやすいほか、オンラインゆえの脆弱性がなくネットワークスピードにも依存しにくいといったメリットがあります。もちろん、クラウドとNASで二重にバックアップすれば、よりリスクを減らすことが可能です。

ASUSTORのNAS『LOCKERSTOR 4(AS6604T)』は、NASの中でも高機能でありながらコストパフォーマンスも優れたミドルハイモデルです。4つのHDDスロットで自由度の高いRAID設定が可能なほか、2つのM.2 SSDスロットでより高速なキャッシングを実現できます。さらに2つの2.5GbE LANポートにより、高速な転送も可能です。

NASを設定するASUSTORデータマスター(以下、ADM)のUIは非常にわかりやすく操作も簡単な上、公式ヘルプやチュートリアルも充実しているので、高機能でありながらNAS初心者にとっても優しいつくりになっています。

Adobe Creative Cloudをはじめとしたクラウドとの自動同期が付属ソフトで簡単にできるところもクリエイターにとっては魅力の1つです。クラウドの利点は、オンラインであればどこからでもアクセスできるところにあります。作業中のデータやよく使うデータをクラウドへ保存しておきNASと同期させておけば、クラウドの利便性を保ちつつデータの消失リスクを大きく下げることができます。ほかにも、アーカイブデータをクラウドからNASへ移せば、データの消失リスクへ保険をかけつつクラウドの空き容量を管理できます。

面倒なことをせずにデータ消失のリスクを下げられるのが『LOCKERSTOR4(AS6604T)』の良いところです。忙しくてバックアップが後回しになっている方にも、ぜひオススメしたいNASです。

▲ASUSTOR EZ Syncを使うことで、PCのデータをNASに同期することができる。これでAdobe Creative Cloudのパスを指定すれば、クラウドに保存したデータはすぐにNASへバックアップされる。(注:Windowsのみ対応)

これまではNASの魅力や基本機能について紹介してきましたが、いよいよ次ページからは、ASUSTORのNAS『LOCKERSTOR 4(AS6604T)』に実際に触れながら、そのセットアップ手順からアプリケーションに至るまで、実際の使い心地をご紹介します。

次ページ:
LOCKERSTOR 4のセットアップ手順

特集