>   >  ヨルシカ『春泥棒』、n-buna・森江康太ロング対談で語るミュージックビデオの現在地
ヨルシカ『春泥棒』、n-buna・森江康太ロング対談で語るミュージックビデオの現在地

ヨルシカ『春泥棒』、n-buna・森江康太ロング対談で語るミュージックビデオの現在地

YouTube公開約2ヵ月で1,600万回再生(2021年3月時点)と、斬新な一人称映像で話題沸騰のヨルシカの新作『春泥棒』のアニメーションミュージックビデオ。この作品を手がけたのは『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のCGアニメーションスーパーバイザーで知られるCG映像作家・森江康太だ。ヨルシカのn-bunaが「森江さんしか頭に浮かびませんでした」と熱望して実現した本作。このたび、2人に経過と意図を語ってもらうと、お互いの相性の良さが浮き彫りに。クリエイティビティに迫るロング対談をお届けする。なお、MVの詳しいメイキングは本誌272号に掲載!

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda

ヨルシカ - 春泥棒(OFFICIAL VIDEO)

■ヨルシカが2度目のMV制作を依頼した理由

――まずは2人の創作上の出会いを教えてください。森江康太さんが初めてヨルシカの楽曲のミュージックビデオ(以下、MV)を手がけられたのは、2019年8月発表の『ノーチラス』の際でしたが、当時森江さんに依頼をされた経緯を教えてください。

ヨルシカ - ノーチラス (OFFICIAL VIDEO)

n-buna:『ノーチラス』は、ヨルシカを始めたばかり頃につくった楽曲でした。これは自信作でもあったのですぐには発表せず、最適なリリースのタイミングを窺っていたんです。そして、いざリリースすることになったときには、かねてからお願いしたかった森江さんに映像を頼もうということでオファーをさせていただきました。

  • n-buna(ナブナ)/ヨルシカ
    ヨルシカのギタリスト兼コンポーザー。2012年ボカロPとして活動開始。2017年ヨルシカを結成し、2019年ユニバーサル ミュージック ジャパンよりメジャーデビュー後、3枚のフルアルバムをリリース。3rdアルバム『盗作』は各種配信サイトで販売ランキング1位を獲得(18冠)。最新作は『春泥棒』を含む1st EP『創作』。公式YouTubeチャンネル「ヨルシカ/n-buna Official」登録者数203万人(2021年3月現在)
    yorushika.com

――n-bunaさんは以前から森江さんの作品はご覧になっていたんですか?

n-buna:はい。僕が高校生の頃に強い衝撃を受けたHIDETAKE TAKAYAMAさんの『Express feat. Silla (múm)』という曲があって、そのMVを森江さんが手がけられていたんです。曲と映像の調和が素晴らしくて、観たときに衝撃を受けたことを今も覚えています。あのMVは「銀河鉄道の夜、その後」というテーマでつくられたそうなのですが、僕も宮沢賢治が大好きで『銀河鉄道の夜』は、それこそ子供の頃から何度もボロボロになるまで読み返したほどです。そんなわけですから、音楽と文学の融合というものが大の好物で、音楽を扱った文学作品も好きですし、文学を扱った音楽も大好きなんです。それはヨルシカとしての音楽づくりにもつながっているのではないかと思います。『Express feat. Silla (múm)』でも、そうした要素に惹かれたところがあったと思います。

HIDETAKE TAKAYAMA 「Express feat. Silla (múm) 」 Music Video

――そして新作の『春泥棒』のMVを再び森江さんが手がけられました。n-bunaさんは楽曲制作時から森江さんにお願いすることを念頭に置いていましたか?

n-buna:はい。曲が出来上がったときから考えていました。森江さんの映像はひとつひとつのアニメーションももちろん素晴らしいのですが、情景描写や映像全体の雰囲気から静謐さを感じさせてくれます。今回の『春泥棒』も、桜というものがメインにくる楽曲なので、そのアニメーションを美しく見せてくれるのは誰かと想像したときに、森江さんしか頭に浮かびませんでした。

森江康太(以下、森江):とてもありがたいですね。たぶん、n-bunaさんと僕は好みが近いのではないかと思います。僕も文学が好きで、つくる映像も物語性がある方が好きなんです。その点でも好みがリンクしているのかなと思います。

  • 森江康太(MORIE Inc.)
    アニメーション監督・演出家。MORIE Inc.代表。OVAシリーズ『FREEDOM』でキャリアをスタートし、NHKスペシャル「恐竜」シリーズをはじめ、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック、日清食品 カップヌードルCM「HUNGRY DAYS」シリーズ、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』など、多くの著名作品に参加。ヨルシカのMVを手がけるのは『ノーチラス』に続き『春泥棒』で2作目。長年にわたり蓄積してきたアニメーション技術を徹底図解した書籍「ポーズ・モーション・アニメーション!」が3月30日(火)リリース
    twitter.com/kohta0130

――『春泥棒』の映像づくりはどのように進められていきましたか?

森江:楽曲は2020年4月にいただきました。9月の頭に映像制作の打ち合わせをして、その際に、先ほどの桜をアニメーションで綺麗に見せたいというお話と、『盗作』(2020年7月にリリースされたヨルシカの3rdアルバム)の初回特典の小説をモチーフにしてはどうかという話題が出ましたね。

n-buna:僕は情景から曲をつくるタイプでして、この曲は何もない広大な空間に1本の巨大な桜が立っているイメージです。モデルとなったのは立川市の昭和記念公園にある欅の樹で、それを桜に見立てて書きました。『春泥棒』とは、桜を散らしていく春風のこと。また『盗作』の物語の中において、桜とは妻の生命のメタファーでもあるので、「泥棒」はその生命を散らそうとする時間のことも表しています。という、今お話した内容を森江さんにお伝えして、その後の映像づくりについてはいっさいをおまかせしました。

森江:今回の作品は悩みましたね。当初は9月にシナリオ、10月にコンテを仕上げる予定だったのですが、1ヵ月くらい遅れてしまいました。特に、命のメタファーである桜をどのように表現すればよいか、という部分に頭をひねりました。テクニカル的に桜を綺麗に表現するのはさほど難しいことではないのですが、「なぜ桜を見せるのか」という、音楽に対する映像的な解釈の部分を考え込んでしまいました。

――そうして考えを重ねていった結果、主観映像というアイデアを思いつかれたんですね。

森江:はい。『盗作』の小説の妻の主観に立ったらどういう風に見えるのだろう、目線だけで映像を語るとどう見えるのだろうと考え、この映像表現を思いつきました。当事者になって2人の関係性を描き出すという表現はMVでは見たことがないし、主観映像だからこそわかる面白さがあるだろうと思ったんです。第三者視点ではなく、相手が自分をどう見ているのかという視点であれば、よりその愛情や距離感というものがわかる。このアイデアを思いつい