>   >  小学生がVTuberになって地元商店街を紹介~千葉大教育学部とグリーの連携授業にみる、教員養成の最前線
小学生がVTuberになって地元商店街を紹介~千葉大教育学部とグリーの連携授業にみる、教員養成の最前線

小学生がVTuberになって地元商店街を紹介~千葉大教育学部とグリーの連携授業にみる、教員養成の最前線

千葉大学教育学部GREE(以下、グリー)は、2013年度より「教育の情報化」を担う教員の育成を目的とした授業を展開中だ。2020年度は小学生がVTuberとなって地元商店街の紹介動画を作成し、ネットで公開する授業を展開した。ポイントは本授業が、教員志望の大学生を対象とした演習科目として行われている点だ。コロナ禍で急速に変わる学校現場と、教員に求められる資質とは何か。公開授業の模様をレポートする。


TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE





ICTを授業に活用できる教員をどう養成するか

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、急速に変化した学校教育。2020年2月27日(木)に、安倍晋三首相(当時)の要請で始まった全国一斉休校は、最長で3ヶ月に及んだ。一斉休校が終了した後も、大学や専門学校ではオンラインやハイブリッド授業が続いている。2021年度も同様で、オンライン会議システムや授業支援システムなどを活用し、全国の学校で様々な試行錯誤が続いている。

もっとも、こうした「教育の情報化」のあり方とその対応については、コロナ禍で変化が早まっただけで、過去十数年にわたって議論が行われてきた。中でも鍵を握るのが「教員の養成」だ。ICT(情報通信技術)を活用した新しい学びを公立学校の中でどのように位置付け、学校現場で活躍できる教員をどのように養成するか。教員養成課程をもつ大学にとって、大きな課題といえる。

こうした社会課題に対して継続的に取り組んでいる教育機関の1つに、千葉大学教育学部がある。モバイルゲーム大手のグリーと協業し、2013年度から大学の授業の一環として、アプリ教材の開発などを進めているのだ。授業名は「メディアリテラシー教育演習」で、2015年度からは完成したアプリを用いて、千葉大学附属小学校で模擬授業まで行なっている。他に例のない取り組みだろう。

  • 年度
  • 学習内容・教科
  • 主なアプリ名・概要
  • 模擬授業
  • 2013年度
  • 敬語・防災・元素記号など
  • 大奥~女の闘い~(敬語クイズ)他
  • 2014年度
  • 職業理解・世界遺産・計算など
  • 少年探偵団(職業選択クイズ)他
  • 小学5年(体験会)
  • 2015年度
  • 国語科、算数科
  • まもって!十二支(辞書を使ったしりとり)他
  • 小学2年
  • 2016年度
  • 社会科、家庭科
  • SHOW TIME!!(被服にまつわるクイズ)他
  • 小学5、6年
  • 2017年度
  • 英語科
  • ピンキーと魔界の大冒険(英語での道案内)他
  • 小学6年

中でも、2017年度は商用ノベルゲームエンジン「ティラノビルダー」を用いて、学生チームが自ら企画・素材制作・コーディングを実施。グリー社員からのフィードバックを受けつつ改良を進め、完成にこぎつけた。いずれも小学校の授業で導入されることを前提に、授業設計まで考えてデザインされている点がポイントだ。全ゲームがネット上で公開されるなど、5年間の集大成的な取り組みになった。

▲iPadを使用して行われた、2017年度の模擬授業の模様

●2017年度学生成果物

▲(左)『Chiba Tour』/(右)『ピンキーと魔界の大冒険』

▲(左)『手伝ってほしい』/(右)『お正月を伝えよう』

2018年度からはテーマを一新し、VTuberを題材とした授業づくりがスタートした。現場で「教育の情報化」に取り組む教員に求められるのは、教材のデジタル化などに留まらない。急速に社会に浸透するAI(人工知能)とどのように向き合っていくかも、重要なテーマというわけだ。こうした問題意識の下、2018年度は小学6年生がVTuberとなり、事前に小学4年生から募集した悩み相談を校内放送で回答することを念頭にカリキュラムが組まれた。使用ツールには「FaceRig」が用いられた。

続く2019年度は、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」とスマートフォンを使用し、VTuberが登場する「脱出(謎解き)ゲーム」をデザインする授業が行われた。大学生が全15回の授業の中で、小学6年生と共に世界観、クイズ、シナリオ、アバターなどを作成してイベントを準備。当日は小学5年生が地図を頼りに、小学6年生が演じる7人のVTuberを探して校内を探索した。配信用のPCとスマートフォンをモニタと接続し、探索者がVTuberとリアルタイムに受け答えできるよう配慮がなされた。

このようにメディアリテラシー教育演習では、毎年異なるテーマを基にカリキュラムが設計され、徐々に内容の深みが増している(※1)。その上で2020年度は、小学生がVTuberを活用した地元商店街「ゆりの木商店街」の紹介動画を作成し、ネット上で公開して拡散させるというテーマが新たに設定された。授業に参加したのは、小学4年生から6年生までの帰国学級12名で、動画制作にはスマートフォンとREALITYを使用。動画編集もスマートフォンアプリの「CapCut」が用いられた。

※1:過去の授業内容は論文にまとめられ、ネット上で公開されている。年度ごとの詳しいカリキュラム設計や工夫点なども掲載されており、本稿執筆でも参照している

  • 年度
  • 学習教科
  • 活動内容
  • 模擬授業
  • 2018年度
  • -
  • 大学生の支援の下、小学6年生がVTuberとなって、学内放送で4年生の悩み相談を実施
  • 小学4、6年
  • 2019年度
  • 探究学習
  • 大学生の支援の下、小学6年生がVTuberとなって、小学5年生向けに脱出ゲームを実施
  • 小学5、6年
  • 2020年度
  • 探究学習
  • 大学生の支援の下、小学6年生がVTuberとなって、地元商店街のPR動画を作成・配信
  • 小学4-6年生(帰国学級)

●2018年度授業の模様

▲VTuberとして配信する小学6年生

▲(左)校内放送を聞く小学4年生/(右)放送に使用されたアバターの一例



次ページ:
コロナ禍で実施された大学生と小学生の協業

特集