>   >  Blenderで描き出すSci-Fi世界、オリジナル作品『Visitor』『Dragon Skyscraper』
Blenderで描き出すSci-Fi世界、オリジナル作品『Visitor』『Dragon Skyscraper』

Blenderで描き出すSci-Fi世界、オリジナル作品『Visitor』『Dragon Skyscraper』

現代では、意欲と実行力があれば若くても第一線で活躍できる場が増えている。このTIPSを寄稿してくれた、かずや氏もそのひとり。オリジナル作品の見事な出来映えが目に止まり、バーチャルヒューマン事業を展開するAwwのデジタルアーティストに招き入れられた。今回は、短い時間でクオリティを高めるBlenderテクニックを紹介してくれた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 278(2021年10月号)からの転載となります。

TEXT_かずや
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda

YouTubeをきっかけにBlenderの虜になった17歳

筆者は、Tom Studio(とむ氏)のYouTube動画をきっかけに3DCGを始め、それ以降ほぼ毎日Blenderを触るようになり、現在ではデジタルアーティストを生業にするに至った、まだCG歴10ヶ月の17歳。表現の面では、Ian Hubert 氏(www.youtube.com/c/mrdodobird)の作品に多大なる影響を受けている。本記事で解説するオリジナルの2作品『Visitor』『Dragon Skyscraper』も氏への憧憬がそこかしこに散りばめられている。

  • かずや/Kazuya
    宮城県出身、17歳。株式会社Aww デジタルアーティスト。Suishow株式会社 CVO(Chief Virtual Officer)。
    @adana_xxx

経験は浅いながらも、現在CG制作で心がけていることは、手の抜きどころを見極め、スピード感のある作業をし、モチベーションを維持することである。マイブームは、街の電柱やアンテナ、ヒューズボックスなどの写真を撮りながら散歩すること。友人と歩いていると、変な場所で急に止まって撮影し始めてしまい、引かれることが多いので、最近はひとりで外に出向くことが増えた。撮ってきた写真をリファレンスにして、Blenderで3DCG化するのが何よりの楽しみとなっている。また、YouTubeの活動にも力を入れており、初心者~中級者向けのチュートリアル動画などを投稿している。そのほか、新作をつくる工程のライブ配信も高頻度で行なっている。将来的な目標は、個人でCG制作をしながら自分ひとりで稼ぎ、暮らしていくことだ。

オリジナル作品『Visitor』では、シンプルなオブジェクトを多数組み合わせて複雑なSF構造物をつくる方法や、スマホを使った3Dスキャン、フォトリアルな表現のためのカメラワークと被写界深度表現、可視光や塵による空間表現などを解説した。ひとつひとつの要素に分けていくとそれほど複雑なものではない。メイキングはYouTubeBOOTHでも公開している。一方『Dragon Skyscraper』では、作品の世界観を引き立てるレイアウトとライティングの方法、情報量の増やし方、効率的にリアルに見せるコツなどについて解説している。

<1>オリジナル作品『Visitor』メイキング

荘厳で絶対的な力を感じる異世界からの訪問者

今回のメインテーマは「異世界からの訪問者」で、生命体が死滅した森に突如として出現するサークルというようなコンセプトで制作した。何もないところから突如出現する「訪問者」、立ち向かったところで絶対に勝てなさそうな荘厳な見た目をねらい、Geometry Nodesでできる限り物量を増やしている。特にこだわったのは、放射マテリアルのオブジェクトや、ワイヤーフレームのオブジェクトを使って構造や見た目を複雑化すること。ひとつひとつは単純な構造のオブジェクトだが、物量を増やして複雑なものに見せられるところは面白い。

単純な構造のオブジェクトは物量を増やすことで複雑に

▲メインテーマとなるサークルは、トーラスにGeometry Nodesをアサインし、3種類のオブジェクトをランダムなスケールで生成させている

▲トーラス自体のスケールをアニメーションさせるとサークルの大きさを調節できるが、それではGeometry Nodesで生成したオブジェクトのスケールも同時に変化してしまう。そこでシェイプキーを使用してオブジェクトのスケールには影響を与えずにトーラスを出現させた【画像】。また、それに応じてGeometry Nodeの密度を調節して、何もないところから突然現れる「訪問者」を表現した

生命感の希薄な樹木は3Dスキャンをベースにスカルプト

▲本作の背景のテーマは枯れきった森。生命体が存在しない環境を表現したかったため、枯葉の多い秋に近所の山に出向き、枯れた樹木をiPadの3dScannerAppでスキャン。データはそのままでは使えないので、不正ポリゴンを削除し、スカルプトで細かい形を整えた。さらに、木が朽ちて風化したような形状を再現したかったため、あえて真ん中より上の部分のポリゴンを削除し、幹を削った

フォトリアルな描写を目指し被写界深度にこだわる

▲本作では神秘的な雰囲気をもたせつつも、フォトリアルな描写にしたかったため、カメラワークや被写界深度には特にこだわった。そのため、本物のカメラのように被写体を捉えるときに出るボケを再現し、f値にアニメーションを付けた。さらに絞り羽根を6枚に設定し、ボケたときに綺麗な六角形ができるようにしている

ゴッドレイで神秘的な空間に仕上げる

▲本作のシーンには、全体を包むように立方体にボリュームをかけた。そして、ところどころランダムに穴を開けた平面を作成し......

▲スポットライトで照らすことで、ゴッドレイを表現している【画像】。コンポジットでゴッドレイを表現する手法もあるが、今回はビューポート上で位置を調節する必要があったため、物理的な表現を採用した

空中に舞う塵でリアリティと異世界観を増幅

▲空間演出としては、ゴッドレイに加えて空中に舞う塵も制作。パーティクルシステムを用いて直方体に六角形のオブジェクトを散りばめ【上】、直方体ごとアニメーションで動かすことによって、塵が舞っている様子を表現した【下】

▲【上】はテクスチャや空間演出を外したもの、【下】は全てを適用したもの

なお、YouTubeでは元動画を公開しており、さらにこのシーンのblendファイルをBOOTHで無料公開している。誰でもダウンロードできるのでぜひ

次ページ:
<2>オリジナル作品『Dragon Skyscraper』メイキング

特集