>   >  日本初上陸、オーバークロックド・モデルも用意。高速処理と信頼性を両立させたBOXX Technologies「3DBOXX」シリーズ
日本初上陸、オーバークロックド・モデルも用意。高速処理と信頼性を両立させた<br/>BOXX Technologies「3DBOXX」シリーズ

日本初上陸、オーバークロックド・モデルも用意。高速処理と信頼性を両立させた
BOXX Technologies「3DBOXX」シリーズ

[PR]

BOXX Technologiesというワークステーション・ベンダーを御存知だろうか。
北米において、映画やブロードキャスティングの現場、そしてピクサールーカスフィルムなど大手スタジオのクリエイターたちから高い支持を得ている、"知る人ぞ知る"ブランドである。水冷仕様のオーバークロックCPUによる高速動作をメーカー保証で行いながら、かつプロ向けDCCソフトウェア群の動作認証をも取得しているという、非常にユニークなこの"ワークステーション"。満を持しての日本上陸に合わせ、その全貌に迫る。

北米をはじめ世界中のCG・VFX現場で活用される
オンリーワンなワークステーション

「プロ向けワークステーションでありながら、オーバークロック仕様のCPUを提供。それでいてAutodesk Mayaや3ds Maxといった3DCGソフトはもちろん、V-RayやOctane Renderといったレンダラの認証まで取得している」。こう聞くだけでも、ちょっと信じられないような仕様である。業務における長時間稼働に耐えうる安定動作が求められる"ワークステーション"としては、相当に尖った設計思想で作られている。それが、BOXX社のデスクトップワークステーション「3DBOXX」シリーズだ。

前述の通り、北米をはじめ海外では「第3のワークステーション」として広く支持を集めており、なかでも映画VFXや3DCGアニメーションといった、メディア&エンターテインメント業界での導入が増えているのだそうだ。実際にBOXX社の公式サイトに記載されているカスタマーには、ピクサー、デジタル・ドメイン、ドリームワークス、ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス、ブラー・スタジオ、シネサイトといった、CGWORLDでお馴染みの著名スタジオが名を連ねている。具体的な事例としては、映画『リアル・スティール』(2011)のVFX制作に用いられたことでも知られている。こうした北米のメディア&エンターテインメントの制作現場において、この「3DBOXX」シリーズが活用されている理由としては、他にはない単体としての高速なハードウェア設計はもちろんのこと、ブランドそのものの実績や信頼性によるところも大きい。

Making of Kevin Margo's CONSTRUCT
Chaos Group公式YouTubeチャンネルで公開されている3DCGアニメーション短編『CONSTRUCT』のメイキング動画。本作では、「3DBOXX 4920 XTREME GPU」を導入し(GPUはNVIDIA Quadro K6000と同Tesla K40×2枚という構成)、V-Ray RT for MotionBuilderによるリアルタイムに物理ベースのライティングやシェーディングのプレビューに成功した

日本ではまだ知る人ぞ知る「3DBOXX」シリーズを製造・販売するBOXX Technologies社(以下、BOXX)は、テキサス州オースティンに本社をかまえている。恥ずかしながら筆者は今回初めてその存在を知ったため、新興かと思いきや、実は北米での歴史は相当に古い。自社ブランドによる販売からでも10年以上、PC事業でいえば30年以上にもわたって業務向けビルドアップPCを手がけてきており(創業は1987年)、高速安定稼働が必須でサポートも必要となるワークステーションの開発については、ノウハウも実績も十分に蓄積されているのだ。それゆえに、オーバークロックという規格外なアプローチであっても、決してキワモノやテストレベルの製品ではないという信頼が、すでにBOXXブランドには確立されている。他社のマシンでは得られない高速性能が、手厚いサポート付きで得られ、その上で業務に必要なDCCツールのISV認証も取得されているのだから、マシンに最もスピードを求める業務のひとつとされるCG・VFX制作現場で3DBOXXシリーズが高い支持を集めるのは、当然と言えば当然のことだろう。

GTC 2014にて披露された『CONSTRUCT』ティザー。
こちらの最終レンダリングには、V-Ray RT GPU 3.0 for 3ds Maxで行われており、マシンはモーションキャプチャ時と同じく「3DBOXX 4920 XTREME GPU」が用いられた

特集