>   >  CINEMA 4D R11.5 Studio Bundle 超実践レビュー(前編)
CINEMA 4D R11.5 Studio Bundle 超実践レビュー(前編)

CINEMA 4D R11.5 Studio Bundle 超実践レビュー(前編)

[PR]

直感的なインターフェイスと論理的な操作体系を兼ね備えていることにより、手軽に高度な3DCG表現が行えると言われる、CINEMA 4D。今回は現行バージョンRelease 11.5のStudio Bundle版(全機能を備えた最上位グレード)について、スタジオ雲雀のCGディレクター・奈良岡智哉氏に実践的にレビューをしてもらった。前編と後編の2回に分けてお届けしよう。

判りやすいユーザー・インターフェイス

筆者は、7年間ほど3ds Max(以降Max)を使用しているアニメ屋勤務の3DCG担当である。普段はアニメのCGパートや、フルCGアニメ、ゲームのムービーパート等、その中でも非リアル系映像のCGディレクションを担当することが多い。今回CINEMA 4D(以後C4D)の現行バージョンRELEASE 11.5をレビューするにあたり、"アニメ制作向けに導入を検討する"というコンセプトの下、機能性とコストパフォーマンスの両面からC4Dの最上位グレードStudio Bundleをレビューしてみた(筆者にとって初めてのC4Dだ)。
触り始めてまず最初に感じたのは、「お、使いやすいな」という印象。ツール類、作成関係のアイコンは上に、ビューポート操作系のアイコンは左等、体系的に上手くまとめられていて、頻繁に使用するほぼ全ての機能に、タブを切り替えずに素早くアクセスできる。オブジェクト・ライト・カメラ等の作成は画面上のアイコンをクリックすることで、さらに右下に△がついているアイコンは、長押しすることで拡張機能にアクセスできる。

CINEMA 4D基本インターフェイス

コマンドパネルに並ぶアイコンは、ツール系は暖色系、作成系は寒色系でまとめられ、その中でも役割によってオブジェクトは青、モデファイヤは緑といったように視覚的に判りやすい配色がされている

オブジェクトパネルとタグで視覚的に設定を管理

Maxでいうところのモデファイヤは、まずはこのアイコンをクリックして作成した後、右のオブジェクトパネルで関連付けすることで使用できるようになっている。
さらに、このオブジェクトパネルは、オブジェクトの階層の管理のみではなく、「タグ」という機能で、割り当てたマテリアルや、モデファイヤ、各種コントローラやダイナミクス等、オブジェクトに対してどのような効果をかけているかが一目で判るようになっており、プロジェクトが進んでいくにつれ、煩雑になっていくシーンの構成が、ツリービューにまとめられていて非常に把握しやすい。
レイヤーもこのウインドウで管理できる。他のスタッフが作成したシーンデータの解析も億劫ではなくなる日が来るのではないかと思わせられるほどだ。

CINEMA 4Dモディファイヤ使用例1 CINEMA 4Dモディファイヤ使用例2

モデファイヤはまずオブジェクトとして作成した後、オブジェクトパネルで親子付けして使用する。複数効果も同じ手順で可能で、並び順を変えることで、効果のかかる順番を変更することができる。左にあるチェックボックスでON/OFFの切り替えも可能

CINEMA 4Dタグ使用例

ずらっと並ぶタグ。このタグアイコンの順番を並び替えることで、効果のかかる順番を変更できる他、オブジェクト間でドラッグアンドドロップしたり、コピーすることもできる

特集