>   >  2015年は助走に過ぎない~橋本善久(リブゼント・イノベーションズ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(3)
2015年は助走に過ぎない~橋本善久(リブゼント・イノベーションズ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(3)

2015年は助走に過ぎない~橋本善久(リブゼント・イノベーションズ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(3)

『HAPPY FOREST』(MARZA ANIMATION PLANET)の制作支援をはじめ、INEIの執行役員就任、Life is Tech!のCTO就任と、企業の枠にとらわれず、活躍の幅を急速に拡大させた橋本善久氏。CGWORLD大賞の候補者の選出にあわせて、各々の活動における意味合いや抱負を聞いた。

ーーCGWORLD大賞2015のノミネートおめでとうございます。ゲーム業界のキャリアが長い橋本さんが、本賞にノミネートされている点が、時代を象徴している気がします。

橋本善久氏(以下橋本):ははは、そうかもしれませんね。

ーーあらためて2015年を振り返ってみて、橋本さんにとってはどんな年でしたか?

橋本:実は自分の中では、まだ助走という感じなんですよ。『HAPPY FOREST』ではMARZA ANIMATION PLANETさんの制作支援をさせていただきましたが、自分は水先案内人にすぎませんでしたからね。ただ、これまでプリレンダーCGを作られてきたスタジオにとって、リアルタイムCGは新しいフロンティアに映るようです。

▲Real Time Engine Tech Demo - "HAPPY FOREST"

ーー今年は本業のリブセント・イノベーションズに加えて、コンセプトアートのINEIで執行役員になりましたね。教育事業のLife is Tech!でCTOにも就任されました。

橋本:そういう意味では、2015年に一番力を入れたのはLife is Tech!としての仕事でした。一年ちょっと前にジョインしたのですが、段々と負荷が増えて2015年後半は半分くらいの労力がそこにさかれています。来年は1/3くらいに抑えたいところですね(笑)

ーーあらためて3社の位置づけについて教えてください。

橋本:リブゼント・イノベーションズは自分が代表を務める会社で日常の仕事や生活をITやゲーム作りのノウハウを生かして、豊かにしたり、笑顔を作り出せるようなサービスやアプリケーションの開発を主眼としています。あくまで自社ソフトウェア開発と販売が基本の会社です。コンサルティングや開発支援はサブにすぎません。

▲橋本氏が代表と務めるリブセント・イノベーションズ(HPはこちら

ーーINEIについてはいかがですか?

橋本:INEIは映画・ゲーム・CMや、都市計画・大型案件のコンセプトアートを専門に手がける会社です。執行役員プロデューサーとして裏方をやっています。代表の富安健一郎とは、スクエニ時代から付き合いがあり、コンセプトアートの重要性についても同じ問題意識がありました。いろいろなプロジェクトの初期段階にかかわることで、さまざまなプロジェクトの生産性や品質向上に貢献できればと思っています。

▲橋本氏が執行役員/プロデューサーを務めるINEI(HPはこちら

ーーLife is Tech!だけ教育事業ということで、毛色が違いますが・・・?

橋本:教育事業は自分でも関心がありましたが、もっと後の話だと思っていました。ただ、日本のITやクリエイティブ教育を活性化させるうえで、Life is Tech!は最適解だと思います。ライフイズテックでは取締役CTOとして経営陣の一部として活動しています。独自でやるよりは、そうした会社と一緒に組んで進めた方が良いだろうとも判断しました。今はオンライン学習システムの開発やカリキュラム作り、経営視点での組織改善などを中心に取り組んでいます。

▲橋本氏が取締役CTOを務めるLife is Tech!(HPはこちら

ーーコンセプトアートは短期、ソフトウェア開発は中期、人材教育は成果が出るまで、10年スパンの時間がかかる長期プロジェクトですよね。

橋本:そうですね。各々に並行して取り組みながら、いろんな観点で日本を元気にしていきたいですね。

ーー橋本さんからすると、リブゼント・イノベーションズの本業以外の部分で注目された1年だったと思いますが、それだけ時代とマッチしていたということかもしれません。

橋本:自分なりに流れにそって動いているつもりです。人材教育でいえば、僕の周りだけかもしれませんが、若手を育成して業界に貢献したいという人が増えているんですよ。アラフォーでそういったスイッチが入るのかもしれません。

▶次ページ:橋本氏が注目した2015年のトピックスは?

Profileプロフィール

橋本善久/YOSHIHISA HASHIMOTO

橋本善久/YOSHIHISA HASHIMOTO

東京大学 工学部を卒業後、株式会社セガに入社。その後株式会社スクウェア・エニックスに転職。 『Agni ’s Philosophy– FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO』のプロデューサー兼ディレクター、『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』(PC)の技術ディレクター、ゲームエンジンLuminous Studio開発責任者、CTOを務めた後、2014年に独立して株式会社リブゼント・イノベーションズを設立。www.libzent.co.jp

スペシャルインタビュー