>   >  ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<1>キックオフ編〜
ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<1>キックオフ編〜

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<1>キックオフ編〜

「人類は進化しているのだろうか。 モノがあふれ、情報があふれ、人間の本質が秒ごとに変わっていく現在。果たして進化の定義はどこにあるのだろうか?」

そんな問いかけを発信するのは、ショウダユキヒロ監督の最新オリジナル・アートフィルム『KAMUY』。主演を務める注目の俳優・村上虹郎は、男性でありながらその腹に子供を宿し、共演者のゆう姫はYoung Juvenile Youth(以下、YJY)として主題歌も提供する。そんな物語を体現するかのごとく、本作の手法自体も完成まで「進化」をし続けたプロセスだったという。制作プロダクションは国内外のプロデューサー&ディレクターにより結成されたNION(ナイオン)、CGプロダクションはAnimationCafe(アセット制作はグループ会社のModelingCafeが担当)。一流のスタッフが集結したとき、映像制作においてどんな化学反応が引き起こされたのか。<1>キックオフ編<2>メイキング編の2回に分けて、その舞台裏をお届けする。

INTERVIEW_山本加奈 / Kana Yamamoto
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



『KAMUY』Official 30秒スポット

<1>ゼロからのディスカッションにより、企画をマッシュアップ

約1年前、本作はショウダユキヒロ監督が毎年必ず制作することを信条とするオリジナル映像作品の新作として緩やかにはじまった。友人のゆう姫(Young Juvenille Youth)と「何か一緒につくりたいね」という気軽な会話がきっかけとなり、気がつけばのべ100名以上もが携わる大プロジェクトへと膨らんでいったという。

ショウダユキヒロ監督(以下、ショウダ監督):仕事や遊びでいつもの映像仲間に「やれへん?」って声をかけたら、みんな賛同してくれた。年内完成目標でやろうか、なんて飲みながら、あんなの良いね、こんなの良いねって、ずっとアイデアを交換していたら2015年が終わってしまった。

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<1>キックオフ編〜

© 2016 NION inc.

『KAMUY』で主演の兵士役を務める村上虹郎


と言うのも、ショウダ監督の中には、つくり方自体も「ガチのコラボレーション」に挑戦したいという思いがあったからだ。映像と音楽、だけでなく、カメラマン、照明、3DCGスタッフにいたるまで、ゼロからディスカッションにより企画をマッシュアップしていくことが目的だった。

ショウダ監督:モノづくりをガチでやっている仲間たちとガチでやりたいっていう気持ちがありました。どういうことかって言うと、だいたいは監督である僕がリードして映像の世界観を作り上げていく。ポストプロダクションまでいくと、CG部さんはじめ、監督の指示通りつくるって感覚はさらに強くなる。僕はポストプロダクションで働いていたこともあるので、そういう体質が面白くないなあ、と思ってた。アイデアや意見を活発に交換できる人たちと思いっきりやってみたかったんです。

このプロジェクトを大きくドライブさせた存在に、プロダクション、NIONがある。ショウダ監督や関根光才といった日本人ディレクターと、親交の深い海外のディレクターIan Pons Jewell/イアン・ポン・ジュウェルとMackenzie Sheppard/マッケンジー・シェパード、それに加えプロデューサーの高橋 聡、守屋貴行、山本 愛ら総勢7名により結成されたプロダクションだ。

守屋貴行プロデューサー:NIONは今年9月に起ち上げたプロダクションです。コンテンツ主義になっていくこのソーシャルメディアの時代に広告だけにすがるディレクターや映像業界って面白くないよね......。そんな会話をショウダ君とはずっとくりかえしてきました。そんな時この『KAMUY』プロジェクトが起ち上がってきて、だったら新しい形態のプロダクションも一気に全部つくってしまおうって。だからナイオンが目指すのは広告に頼らない新しいプロダクション。そしてもうひとつ "日本から世界に、世界から日本へ"って、いう橋渡しとなる役割を担っていければと思っています。

『KAMUY』は、NIONのオリジナル作品となる。

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<1>キックオフ編〜

© 2016 NION inc.

惑星のような球体に映る、ゆう姫(YJY)


▶次ページ:
<2>トラック&ズームアウトの連続という未知なるビジュアルの追求

Profileプロフィール

ショウダユキヒロ監督&『KAMUY』中核スタッフ<br />Yukihiro Shoda &

ショウダユキヒロ監督&『KAMUY』中核スタッフ
Yukihiro Shoda & "KAMUY" Core Crews

写真・右から、守屋貴行プロデューサー(NION)、遠藤基次CGスーパーバイザー(AnimationCafe)、ショウダユキヒロ監督(NION)、高橋 聡プロデューサー(NION)、上野千蔵撮影監督、佐藤大洋CGプロデューサー(AnimationCafe)、守屋雄介シークエンス・スーパーバイザー(AnimationCafe)

『KAMUY』公式サイト

スペシャルインタビュー