>   >  中学生・高校生に"3DCGは簡単、楽しい"という体験を。ライフイズテックに聞く「Maya 3DCG Special 1day」開催のねらい
中学生・高校生に

中学生・高校生に"3DCGは簡単、楽しい"という体験を。ライフイズテックに聞く「Maya 3DCG Special 1day」開催のねらい

中学生・高校生のためのIT関連講座を運営するライフイズテックオートデスク、CGWORLDと共同でMayaの1日体験会「Maya 3DCG Special 1day」を2017年4月23日(日)に開催する。この体験会では同社が開発したブラウザベースのMayaのインタラクティブ教材が使用される予定だ。開催のねらいや教材の内容などについて、同社取締役CTOの橋本善久氏に聞いた。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
トップ写真提供_ライフイズテック

<1>「3DCGをつくりたい」という声から、Mayaのオンライン学習教材を開発

CGWORLD(以下CGW):知人に以前、ライフイズテックで学生メンターをしていた女性がいるんですよ。今はゲーム業界でモバイルゲームの運営プランナーをしています。メンター経験が就職活動で活きたと話していました。

橋本善久(以下、橋本):そうなんですか! それはうれしいですね。

CGW:中学生・高校生向けにプログラミングやITキャンプなどを学べる場を提供するライフイズテックも、すっかり定着してきましたね。

橋本:会社の創業は2011年で、私が参加したのは2014年からです。オンライン学習サービスや教材制作の開発責任者として主に技術面から経営に関わっています。私のゲーム業界での経験や培ったネットワークなどをライフイズテックに還元できればと思っていて、今回の「Maya 3DCG Special 1day」も、その一環でスタートしました。

CGW:どういうことでしょうか?

橋本:弊社ではUnityを使ったアプリ開発や、PhotoshopIllustratorを使った名刺デザインなど、16種類のコースを開発、運用しているのですが、Unityのコースなどで「オリジナルの3DCGの素材を使いたい」という要望があったんです。ゲーム業界にいた私にとって3DCGは身近な存在ですし、他のコースとも親和性が高いので、3DCGのコースをライフイズテックでぜひやりたいと思っていました。オートデスク様にもこの思いに共感いただき、Maya向けのオンライン学習教材を開発する上で、さまざまな支援をいただいていたんです。それがようやく形になりはじめまして、オートデスク様にお見せしたところ、ぜひ体験会を共催しようというながれになりました。

CGW:次世代の3DCGクリエイターを育成するという点では、CGWORLDも大いに共感しています。そのため今回の「Maya 3DCG Special 1day」でも協力させていただくことになりました。「Maya 3DCG Special 1day」は、ライフイズテックで普段から開催されているようなワークショップ形式で開催されるわけですよね。

橋本:そうですね。3DCG制作に興味のある中学生・高校生が対象で、今回の定員は40人です。ワークショップは午前10時から午後6時まで、昼食を挟んで実質7時間程度を予定しています。もちろん、参加する学生は3DCGに対する基礎知識や制作経験は、まったくないことを想定しています。

CGW:プログラムはどういったものを想定されていますか?

橋本:大きく分けて2部構成で、1部では弊社が開発したオンライン学習教材を使い、2時間程度でMayaの基礎的な操作を習得してもらいます。2部では1部で学んだ内容をもとに、自由に作品づくりをしてもらいます。最後に作品を発表して終了です。これ以外にもオートデスク様から3DCGの楽しさや、3DCGを用いた仕事などの講演をしていただく予定です。

「以前から3DCGのコースをライフイズテックでやりたかった」と語る橋本氏

CGW:Mayaを選ばれた理由は何だったのでしょうか?

橋本: Unity、Photoshop、Illustratorといった具合に、弊社のコースは中学生・高校生を対象としていますが、全てプロ向けのツールを使っています。そのため3DCGのコースをつくるなら、プロの現場で一番メジャーなMayaを使用したかったんです。

CGW:Mayaのたくさんある機能の中で、「Maya 3DCG Special 1day」ではどの部分に焦点を当てられますか?

橋本:簡単なモデリングとアニメーションに絞る予定です。自動車のモデルをつくってライントレースをさせたり、ひよこのモデルをつくって、よちよち歩かせたり。中学生・高校生に一番伝えたいのは「3DCGって楽しい」、「3DCGって思ったより簡単」ということなんです。これは弊社の「教育×IT×エンターテイメント」というサービスの軸にもつながることで、やってみて「楽しかった」と思ってもらえなければ、意味がないと思っています。

次ページ:
<2>ブラウザで動くインタラクティブな学習教材

Profileプロフィール

橋本善久/Yoshihisa Hashimoto(ライフイズテック)

橋本善久/Yoshihisa Hashimoto(ライフイズテック)

東京大学工学部卒業後、セガで技術ディレクターやゲームディレクター、スクウェア・エニックスでCTOなどを務め、小規模から大規模まで様々な家庭用ゲームソフトやゲームエンジン開発の経験を持つ。2014年末よりライフイズテック株式会社 取締役CTOに就任しオンラインプログラミング学習サービス「MOZER」の開発に従事。リブゼント・イノベーションズ株式会社 代表、株式会社INEI 執行役員、他を兼務

life-is-tech.com

スペシャルインタビュー