>   >  映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』、ビジュアルによるストーリーテリングの徹底 〜ショットワーク&グレーディング〜
 映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』、ビジュアルによるストーリーテリングの徹底 〜ショットワーク&グレーディング〜

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』、ビジュアルによるストーリーテリングの徹底 〜ショットワーク&グレーディング〜

映画とは、映像表現によって物語を語る芸術様式。その意味においては、下流工程のメインテーマは「ビジュアルによるストーリーテリング」であるという方針の下、画づくりに専念できる環境を追求。本格的なカラーグレーディングのワークフロー構築も実践された映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』のショットワークを紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 226(2017年6月号)からの転載記事になります

TEXT_ 村上 浩(夢幻PICTURES
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』
絶賛公開中
biohazard-vendetta.com/
© 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

戦略的に画づくりの的を広げ、
追い込みはグレーディングに集約

本プロジェクトでは、エフェクト、ライティング、レンダリング、コンポジットといういわゆる下流工程を1つのセクションに集約したシンプルでコンパクトなワークフローにすることで少数精鋭による作業の効率化が図られた。このセクションを率いた波田琢也Senior ShotSVがプロジェクトに合流したのは、2015年9月。まずは本作で求められる画づくりを把握すべくシナリオの読み込みからはじめたという。「作品の前半は重厚でシリアスなドラマ、後半はエンターテイメント性の高い爽快なアクションの2つを楽しめる作品にしたいと考え、それらを本作の軸としました」(波田氏)。さらに目指すべき画の方向性やストーリーテリング(個々のシーンやショットだけでなく、作品全体としてのカラーキーの策定)をビジュアルで共有するために「Big Picture」と名付けた資料を作成。カラーキー、時間軸に応じたキャラクターの感情(表情)変化などが図示されておりセクション内ならびに辻本監督とのイメージ共有に活用された。「Big Pictureによって各シーンで何を見せるべきかが明確になり作業の無駄も軽減されましたし、リソースを注ぎ込むポイントも見定めることができました」(波田氏)。

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』主要スタッフ
<前列>右から、冨山竜徳Layout Artist、中村 翼Lead Character Artist、中井 翼CG Director、岩井敬祐Animator、安部 清Effect Artist、波田琢也Senior Shot SV、小泉薫央FX Artist、/<中列>右から、堺井洋介Layout SV、児玉真生子Animator、貫薗健剛CharacterFX Artist、塙 智洋Lead Rigging Artist、福田裕也Character Artist、秋山佳子Production Assistant、金 ソルLead TD、高原聡史Sets & Props Designer、戸松 聡Lighting/Composite SV、羽山実里Production Assistant、荒川孝宏Senior Asset SV、上出彩加PM、亀井清明Matte Paint Artist/<後列>右から、川崎広貴CharacterFX SV、坂本知万Senior Animation SV、吉沢康晴Lighting/Composite Artist、早川一繁Environment & Props Artist、笹谷周生Lighting/Composite Artist、永田浩司Environment & Props SV、木村宜真Animator、山岸次郎Animator、木下秀幸Animator、中森達也Lighting/Composite Artist、里吉大介FX Artist。以上、マーザ・アニメーションプラネット

PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


波田氏が作成した多くの資料を元にアセットチームと連携を取りながらロケーションごとにライティング作業が進められたが、最終的な画づくりはグレーディングで行うといった方針が採られたためライティングはシーンごとに形式化することになった。「ショット担当者ごとにバラつきが出ないようにシンプルなライティングに留め、ライトのコントロールにも制限をもたせました。もちろん、キャラクターの見え方が重要な作品なのでキャラクターが映えるようなライティングを常に心がけています」(戸松 聡Lighting / Composite SV)。実作業については台湾のNext Animation Studio(以下、NAS)との全面的な協業体制を構築し、ショットワークの約8割をレンダリングを含めてNASが担当。NASが手がけた画はノイズも少なく想定よりも綺麗に仕上がっていたため、逆にマーザ内製分をブラッシュアップしなければいけないという嬉しい悲鳴も聞こえたそうだ。「映像の細部にまでこだわり独特の色をもった辻本監督が想い描くイメージを具現化できたことはスタッフの自信にもつながりましたし、試写後には『アクションシーンに見応えがあった』という声も多く制作当初に掲げたねらい通りの仕上がりに満足しています。限られたバジェットの中で成果を得るためには初期段階から最終的な仕上がりを想定し、それに向けて戦略と戦術を組むことが重要だと改めて再認識させられました」(波田氏)。

Big Picture

後半に登場するハイウェイでくり広げられるバイクに乗ったレオンとゾンビ犬たちのバトルシーンでは、1分以上の長尺のため、プリビズを作成。演技やカメラワークのプランニングだけでなく、必要となる背景セットやプロップの見積もりにも活用された


今回のプロジェクトの映像のルールをまとめたシート


主人公クリスの表情(感情)の変化をサムネールにまとめたもの。ストーリーの展開に応じて、喜怒哀楽に合わせた画づくり、そしてキャラクターの成長がしっかりと描かれていることがわかる

ショットワークのデータフロー


下流工程のワークフローならびにデータフローを図示したもの。特筆すべきは、エフェクト。従来はエフェクト素材は個別にレンダリングを行なっていたが、今回は各パートナーにベイクしたアニメーションのキャッシュデータをAlembic形式で出荷してもらい、ライティング工程で一括してAnorldによるレンダリングを行う方針が採られた。これによりエフェクトアーティストはより画づくりに注力することが可能になったという

カラープランニング


『バイオハザード:ヴェンデッタ』のシーンならびにショットごとのカラーリングを時系列でまとめたもの(2016年9月13日時点)。キーカラーをひと目で確認できるほか、進捗状況や優先度も併記されている

次ページ:
アーティストが画づくりに
専念できるワークフロー

Profileプロフィール

マーザ・アニメーションプラネット/MARZA ANIMATION PLANET

マーザ・アニメーションプラネット/MARZA ANIMATION PLANET

<前列>右から、冨山竜徳Layout Artist、中村 翼Lead Character Artist、中井 翼CG Director、岩井敬祐Animator、安部 清Effect Artist、波田琢也Senior Shot SV、小泉薫央FX Artist、/<中列>右から、堺井洋介Layout SV、児玉真生子Animator、貫薗健剛CharacterFX Artist、塙 智洋Lead Rigging Artist、福田裕也Character Artist、秋山佳子Production Assistant、金 ソルLead TD、高原聡史Sets & Props Designer、戸松 聡Lighting/Composite SV、羽山実里Production Assistant、荒川孝宏Senior Asset SV、上出彩加PM、亀井清明Matte Paint Artist/<後列>右から、川崎広貴CharacterFX SV、坂本知万Senior Animation SV、吉沢康晴Lighting/Composite Artist、早川一繁Environment & Props Artist、笹谷周生Lighting/Composite Artist、永田浩司Environment & Props SV、木村宜真Animator、山岸次郎Animator、木下秀幸Animator、中森達也Lighting/Composite Artist、里吉大介FX Artist。以上、マーザ・アニメーションプラネット

スペシャルインタビュー