>   >  片桐裕司監督 ✕ 上杉裕世氏(マットアーティスト)特別対談ーハリウッドから『ゲヘナ〜死の生ける場所〜』へいたるまで
片桐裕司監督 ✕ 上杉裕世氏(マットアーティスト)特別対談ーハリウッドから『ゲヘナ〜死の生ける場所〜』へいたるまで

片桐裕司監督 ✕ 上杉裕世氏(マットアーティスト)特別対談ーハリウッドから『ゲヘナ〜死の生ける場所〜』へいたるまで

『パシフィック・リム』(2013)、『マン・オブ・スティール』(2013)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)など、ハリウッド大作映画の特殊メイクアップ、キャラクターデザインを担当してきた片桐裕司氏の初監督作品『ゲヘナ∼死の生ける場所∼』(以下、『ゲヘナ』)がユーロライブ(渋谷)にて7月30日(月)∼8月5日(日)の期間上映される。上映後には片桐監督とゲストによるトークライブも開催され、『アベンジャーズ』(2012)、『アバター』(2009)、『スター・ウォーズ』シリーズなど、名だたるハリウッド映画のマットペインティングを担当してきた上杉裕世氏もゲストのひとりとして招かれる(上杉氏とのトークライブは8月1日(水)開催)。本記事では、それに先立って行われた片桐監督と上杉氏の対談の模様をお伝えする。

TEXT_神山大輝 / Daiki Kamiyama(NINE GATES STUDIO
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲『ゲヘナ∼死の生ける場所∼』予告編

© Copyright 2018 HK STUDIO All Rights Reserved.

約30年前、スクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で出会う

CGWORLD(以下、C):本日はよろしくお願いいたします。『ゲヘナ』上映後のトークライブには上杉さんも登壇なさるそうですね。もともとお二人はどういったご関係なのでしょうか?

片桐裕司監督(以下、片桐):最初にお会いしたのは30年近く前だと思います。私は1991年の終わりから約10ヶ月の間、スクリーミング・マッド・ジョージさんというロサンゼルスに工房をもつSFXアーティストの下でインターンをしていました。そのときに偶然上杉さんが工房を訪ねてくださり、紹介されてすぐに「上杉さんだ!」とわかったのです。私が渡米する前、既にアメリカでマットアーティストとして活動していた上杉さんを紹介するTV番組を観ていたので、お会いできて嬉しかったですね。

上杉裕世氏(以下、上杉):そのとき、私はIndustrial Light & Magic(以下、ILM)を2週間だけレイオフされていました。時間があったのでサンフランシスコからロサンゼルスまで車を運転し、ジョージさんの工房を見学したり、35mmフィルムの撮影機材を買い集めたりしていましたね。そのレイオフは「期間限定で解雇します。2週間経ったら仕事に復帰してください」というもので今のレイオフとは意味合いがちがいましたが、「この立場は永遠に約束されたものではない」と感じたので、日本に帰国して営業活動をしたりもしました。結局それ以降はレイオフされることなく、2017年までILMでの仕事を続けることになりました(笑)。


片桐:その後はあまり接点がなかったものの、『ゲヘナ』のトークライブでご一緒できる方を検討したときに上杉さんのお名前が挙がったのです。絵の具で描いていたアナログ時代から3Dを駆使するデジタル時代まで、一貫して最前線に身を置いてきた上杉さんであれば今回のゲストに最適だと思いました。

C:片桐さんの活動拠点はアメリカだと伺っていますが、最近はどのくらいの頻度で日本に帰国されているのでしょうか。

片桐彫刻セミナーの開催などに合わせ、2、3ヶ月に一度は帰国しています。『ゲヘナ』制作中はほかの映画の仕事を引き受ける余裕がなかったので、彫刻セミナーが主な収入源になっていました。

C:上杉さんは現在どういった活動をされていますか?

上杉オムニバス・ジャパンのVFXスーパーバイザーとして映像制作に携わっています。ILM時代には自分で手を動かしてEnvironment制作をやっていましたが、今は制作全体を俯瞰的に見て、クオリティ面の可否を判断することが主な役割になっています。

様々な挑戦を繰り返した『ゲヘナ』完成までの7年間

C:『ゲヘナ』の構想は撮影開始の7年前から温めてきたそうですね。具体的にはどのような過程を経て制作されたのでしょうか?

片桐:構想と言うと大げさなのですが、脚本を書き始めたのは2008年頃でした。長編映画監督デビューという夢のために、まずはコストのかからない脚本からスタートしたわけです。脚本とアートワークをプロデューサーなどに渡したり、ピッチをしたりしては返事を待つということを繰り返していました。それと併行して3本の短編映画を企画し、その監督をしたりもしました。

C:脚本やピッチの反応はいかがでしたか?

片桐:あまりいい返事はいただけず、悶々とした日々が続きました。「映画の舞台を日本に移し、日本映画として企画してはどうだろう?」と思って脚本を全て書き換えてみたりもしましたが、日本国内でもいい返事はいただけませんでした。私はそれまで脚本の書き方を勉強したことがなかったのですが、『映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術』(フィルムアート社)という本に出会い、自分の脚本のいたらなさに愕然としました。これではいかんと思い、今まで書いた全ての脚本をスクラップして、1からビルドし直したのです。それが2013年頃だったと思います。

上杉:映画の舞台を日本に移したとき、時代設定は現代だったのでしょうか? ホラー映画は「ちょっと昔が怖い」というイメージがあるのですが。

片桐:当初から「映画を撮るなら現代だ」という考えがありました。「長編映画をつくりきるには何をすればいいか」という観点で物事を決めていった結果、「昔が舞台ならその時代のセットをつくる必要がある。だが、そんな予算はない」という結論にいたったわけです。

C:現実的な話になりますが、限られた予算の中で長編映画をつくることはかなり困難だったと思います。最終的にはクラウドファンディングのKickstarterで制作資金を調達なさったそうですね。

片桐:Kickstarterには合計2回挑戦し、最初のKickstarterのプロジェクトは2013年の夏に開始しました。クリーチャーアクターのダグ・ジョーンズさんに出演を依頼して、映画のオープニングシーンを制作したのです。実際には彼に打診する前から「映画のキーキャラクターとなる不気味な老人は、ダグに演じてもらおう」と考えており、彼の出演を前提に老人のパペット制作を始めました(笑)。さらにホームセンターで材料を買ってオープニングシーンの舞台セットをつくったり、アイコンとなるアートワークを田島光二さんに依頼したり、Kickstarter用のプレゼンテーションビデオをつくったりもして......その多くが初めての試みでした。そうやって1年がかりで準備したにも関わらず、目標金額の25万ドル(約2,800万円)に対して約5万3,000ドル(約600万円)しか集まらず、最初のKickstarterは失敗に終わりました。でも多くの反響をいただけたので、ネガティブな気持ちにはなりませんでした。むしろ「これはいける」と確信をもつことができました。

▲【左】知人の工房の一角を借り、木と発砲スチロールを使って自作したオープニングシーンのための舞台セット/【右】田島光二氏が制作した不気味な老人のアートワーク


上杉:そのときの撮影スタッフはどうやって集めたのですか?

片桐:特殊メイクアップ以外は、知り合いのつてを頼って探しました。例えば撮影監督の立石洋平さんは、ロサンゼルスを拠点としてコマーシャルを中心に撮ってきた方でした。「コマーシャルだけでなく、映画も撮りたがっている」という話を聞き、ご依頼したところ快諾いただけました。すごく綺麗な画づくりをする方で、『ゲヘナ』のようなテイストの映像を撮るのは初めてだったそうですが、いい仕事をしてくださいました。

C:その後、2回目のKickstarterに挑戦したわけでしょうか?

片桐:はい。半年後に再挑戦しました。1回目のKickstarterのときに様々な方から連絡をいただき、その中のひとりにロサンゼルス在住のマーケターの方がいました。彼は「君のプロジェクトは成功する要素が全てそろっている。しかし君は売り方をまちがっている」と言い、『ゲヘナ』のキャンペーンへの協力を申し出てくれたのです。彼の意見はとても説得力があったので、彼と共に2回目のKickstarterに踏み切ることにしました。その結果、目標金額の22万ドルに対して約24万ドル(約2,700万円)を集めることができ、ようやく撮影をスタートする手はずが整ったのです。

▲成功した2回目のKickstarterのWebページ

次ページ:
全体を見る片桐氏、細部を見る上杉氏

Profileプロフィール

片桐裕司/Hiroshi Katagiri

片桐裕司/Hiroshi Katagiri

東京生まれ。特殊メイクアップアーティストを志し、高校卒業後18歳で渡米。19歳からスクリーミング・マッド・ジョージ氏のスタジオでインターンとして働き始める。その後は映画、TV番組の特殊メイクアップアーティスト、キャラクターデザイナーとして活躍。スティーブン・スピルバーグ監督、ギレルモ・デル・トロ監督、サム・ライミ監督などの映画制作に参加。主な参加作品は『パシフィック・リム』(2013)、『マン・オブ・スティール』(2013)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)など。クラウドファンディングのKickstarterで資金を集め、『ゲヘナ∼死の生ける場所∼』で長年の夢であった長編映画監督デビューを果たす。同作は2018年5月4日に全米10都市で公開された。現在は『キャプテン・マーベル』(2019公開予定)、『アバター2』(2020公開予定)などのハリウッド大作映画に関わりながら、日本全国で彫刻セミナーを開催。
chokokuseminar.com

上杉裕世/Yusei Uesugi

上杉裕世/Yusei Uesugi

1964年広島県生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。1987年、渡米費用を稼ぐため『欽ちゃんの仮装大賞』に出場し優勝。賞金100万円でアメリカに渡る。マットアーティストのロッコ・ジョフレ氏に師事し、1989年、Industrial Light & Magicに入社。以後マットアーティストとして活躍。『スター・ウォーズ 特別編』(1995)で3Dマットペインティング(主観移動表現)を開発し、マットペインティングの表現領域を大きく広げる。主な参加作品は『アベンジャーズ』(2012)、『アバター』(2009)、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)、『スター・ウォーズ エピソード3』(2005)、同『エピソード2』(2002)、同『エピソード1』(1999)、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)など。エミー賞最優秀視覚効果賞、VESベストマットペインティング賞受賞。2017年11月、オムニバス・ジャパンにVFXスーパーバイザーとして移籍。
www.omnibusjp.com

スペシャルインタビュー