>   >  実写監督と日本人アメコミアーティストが贈る、虫たちの冒険活劇!? 3DCGアニメ『スペースバグ』放送開始直前対談(後編)
実写監督と日本人アメコミアーティストが贈る、虫たちの冒険活劇!? 3DCGアニメ『スペースバグ』放送開始直前対談(後編)

実写監督と日本人アメコミアーティストが贈る、虫たちの冒険活劇!? 3DCGアニメ『スペースバグ』放送開始直前対談(後編)

7月8日(日)から放送がスタートするCGアニメーション『スペースバグ』。実験のために宇宙に連れてこられた虫が、人間がいなくなった宇宙ステーションの中で工夫して生き延び、地球への帰還を目指す姿を描き出す、笑いと感動の物語だ。中尾浩之監督とキャラクターデザインを務めたアーティストユニット・グリヒルの対談の後編となる今回は、主要キャラクターのデザインについての話題を紹介しよう。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


  • オリジナルTVアニメーション『スペースバグ』
    7月8日(日)TOKYO MXにて放送スタート!
    毎週日曜あさ10時30分
    脚本:中尾浩之
    監督:中尾浩之/YOON Yoo-Byung
    キャラクターデザイン:グリヒル
    アニメーション制作:W.BABA/P.I.C.S.
    企画:トムス・エンタテインメント
    製作:SPC/トムス・エンタテインメント/W.BABA

    【配信情報】
    ・「dアニメストア」7月8日(日)より配信開始
    ・「dTV」7月8日(日)より配信開始
    ・「FOD」7月8日(日)より配信開始
    ・「あにてれ」7月8日(日)より配信開始
    ・「J:COMオンデマンド」「ビデオパス」7月9日(月)より配信開始
    ・「バンダイチャンネル」7月9日(月)より配信開始
    ・「U-NEXT」7月9日(月)正午より配信開始

    www.spacebug-special.com



オリジナルTVアニメーション「スペースバグ」予告編


<1>ネムリユスリカの生態から、ヒーローらしさを感じさせるデザインに

CGW:グリヒルさんお2人の中でのキャラクター開発での分担について教えてください。普段はササキさんがデザインでカワノさんがカラーリストとのことですが。

ササキ:普段はそうなのですが、今回はオリジナル企画なので、キャラクターデザインに関しては2人で相談しながらつくって、それを私が描いて形を決めていく感じでしたね。

カワノ:主人公のカラーがなかなか決まらなかったんですよね。


  • グリヒル

    グリヒルは作画担当のササキとカラリストのカワノのユニット名。主にアメリカのコミックアーティストとして執筆する傍ら、日本国内では書籍、ゲーム、アニメなどのイラストレーターとして活動中。MARVELでの代表作『グウェンプール』、『パワーパック』のほかウルヴァリン、スパイダーマン、キャプテンアメリカなど人気作品の作画を手がける。また、ピクサーによる映画『メリダとおそろしの森』のその後の話を描いた児童小説のカバー・挿絵やディズニー映画『ズートピア』のコミックを担当するなど、数多くの作品を手がける。8月公開予定のピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』の絵本でもアートを担当しており、同作は現在発売中
    gurihiru.com

中尾:現実のネムリユスリカは、グレーや茶色のような地味な色なんです。

ササキ:だからそれを再現してもアニメ映えしないんですよ。

カワノ:あとは他の有名なアニメの虫に似せないように気をつけました。


  • 中尾浩之/Hiroyuki Nakao(P.I.C.S.

    日本大学芸術学部放送学科卒。実写とCGを組み合わせた独自のスタイル"ライブメーション"による『スチーム係長』が1998年MTV Station-IDコンテストにてグランプリを受賞。2000年カンヌ広告祭におけるニューディレクターズショーケースで世界の新人監督8人に選出される。2004年オリジナルショートフィルム『ZERO』が、アカデミー賞登⻯門でもあるショートショートフィルムフェスティバルにてグランプリ・審査員賞・学生審査員賞をトリプル受賞。2009年脚本・演出を手がけた『タイムスクープハンター』がNHK総合にて放送開始。以後6年に渡りSeason1~6が放送される。2013年夏には『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』が公開。2018年春に放送された日本テレビ深夜ドラマ『卒業バカメンタリー』でも監督を務めた
    www.pics.tokyo/people/hiroyuki-nakao/

CGW:工程でいうと、まずは主人公の色を固めてから、他のキャラクターを調整していくかたちですか?

カワノ:そうですね。ミッジは黄色ベースというのは決まっていて、ただ黄色と黒だとハチっぽくなっちゃうねと。

中尾:この時点ではミツバチのキャラクターをつくっていなかったんです。後から女の子のキャラクターがいなかったことに気づきまして。その際に差別化を話し合った記憶があります。

主人公ミッジのデザイン画(左)とCGモデル(右)

CGW:主人公のミッジはシンプルながらスタイリッシュなデザインですね。

ササキ:シルエットは特に意識しました。蚊だから足が長いというイメージがあり、思いきり強調してみました。あと子ども向けには冒険感とかヒーロー感があった方が良いだろうと、ゴーグルを付けてみました。CGアニメにはフワフワした髪の毛は向かないんですよ。かといって、そのままだと寂しくて。

カワノ:ゴーグルって、デザイン的に良いアイテムだと思っているんですよね。ナウシカや『デジモン』シリーズの主人公・八神太一もゴーグルをしているし、すごく使い勝手が良いんです。


©W.BABA & TMS

ササキ:そのかわり、ハチのエレンには髪の毛をつけて人間寄りのデザインにしました。CGでも上手く落とし込んでいただけて、とても気に入っています。



  • ミツバチの女の子・エレンのデザイン画(左)とCGモデル(右)

次ページ:
<2>虫の特徴を残しつつ削ぎ落としていったサブキャラクターのデザイン

Profileプロフィール

中尾浩之&グリヒル

中尾浩之&グリヒル

監督・脚本:中尾浩之氏(写真中央)、キャラクターデザイン:グリヒル(写真左右)

スペシャルインタビュー