>   >  1,000万色以上を再現できるMimaki 3Dプリンタによる立体出力を無料で試せるキャンペーンを開催中。『ReVdol!』クリエイターがその実力を試す!
1,000万色以上を再現できるMimaki 3Dプリンタによる立体出力を無料で試せるキャンペーンを開催中。『ReVdol!』クリエイターがその実力を試す!

1,000万色以上を再現できるMimaki 3Dプリンタによる立体出力を無料で試せるキャンペーンを開催中。『ReVdol!』クリエイターがその実力を試す!

[PR]

ミマキエンジニアリングのグループ企業で、グラフィックの出力加工サービスを提供するグラフィッククリエーション(以下、GCC)。現在、ミマキが独自開発したUV硬化インクジェット方式では世界で初めて(※1)の1,000万色以上のフルカラー3Dプリントを実現した「3DUJ-553」による、立体出力をなんと無料で試すことができる「おためしキャンペーン」を7月31日(水)まで開催中だ(先着30体)。
今回は、リアルタイム育成型バーチャルアイドルプロジェクト『ReVdol! -VIRTUAL IDOLS NEXT TO YOU-』(以下、『リブドル!』)を展開するHappy Elements Asia Pacific(以下、HEAP)のクリエイターたちに、フルカラー3Dプリントの実力を体験してもらった。

※1:2017年8月時点でのミマキエンジニアリング調べ。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>画面上のCGキャラクターが立体物になる感動

CGWORLD(以下、CGW):今回は、『リブドル!』の神宮司玉藻(じんぐうじたまも)の3DCGキャラクターモデルを「3DUJ-553」で実際に立体出力してみました。その結果について、率直なご感想はいかがですか?

Happy Elements Asia Pacific/谷内寛之氏(以下、谷内):神宮司玉藻のイメージが忠実に再現されていて、驚きました。『リブドル!』のキャラクターが初めて3Dフィギュアになったことで、感慨深いものがありますね。私自身はデジタルアーティストではなく、『リブドル!』をはじめとするHEAPコンテンツの企画・プロデュースに携わっているのですが、そうした立場だからこそ3Dプリンタには夢があると感じました。

  • 谷内寛之氏(Happy Elements Asia Pacific)
    コンテンツ事業部

Happy Elements Asia Pacific/内田博明氏(以下、内田):今回の玉藻3DCGモデルは背中が大胆に空いていて、袖から腋が覗けるなど、かなり複雑なデザインだったので、本当にちゃんと出力できるのか心配なところもありましたが、杞憂でしたね。

  • 内田博明氏(Happy Elements Asia Pacific)
    3DCGキャラクタースーパーバイザー

『ReVdol!』 © 2019 Happy Elements Asia Pacific Co., Ltd.

神宮司玉藻3Dプリント用キャラクターモデル
Unityでレンダリングしたターンテーブル動画。(向かって左)Unityのスタンダードシェーダ(フィギュア的な質感)/(向かって右)内製のセルシェーダ(アニメシリーズ本編で、キャラクターに用いているもの)


谷内:玉藻はハイヒールを履いたり、頭にカチューシャを付けたりして、少し背伸びをしている女の子という設定です。細部まで精緻に再現された立体造形で、そうした雰囲気が良く伝わってきました。実際、人差し指を伸ばしたポーズや、ピンヒールなどは、立体で再現するのが難しいと思うんですよ。襟の模様など、テクスチャの細かいパターンまで反映されている点にも感心しました。



  • 正面・全身



  • 背面・全身


正面・上半身

ミマキ「3DUJ-553」で立体出力した玉藻の立体造形。1,000色以上を再現できるため、テクスチャ情報に内包されている衣装パターンまで忠実に再現されている

グラフィッククリエーション/野﨑和也氏(以下、野﨑):ありがとうございます。今回使用した3Dプリンタ「3DUJ-553」の特徴として、造形物を水溶性のサポート材に包んで出力する点があります。これにより、指先や髪の毛など細かなパーツまで、クリエイターの意図した形状どおりに、細かなパーツを破損する可能性を抑えて出力できるようになりました。

  • 野﨑和也氏(グラフィッククリエーション)
    3Dプリントサービスの技術サポートを主に担当している

内田:3DCGアーティストという職業柄、3Dプリンタに対する関心は昔からありました。趣味の範疇ですが、粉末石膏造形方式の3Dプリンタを使用したこともあります。ただ、石膏なので壊れやすいのが玉に瑕で、樹脂性でフルカラーのものができれば良いなと昔から思っていたんですよ。

野﨑:そうですね。従来の粉末石膏造形方式でも500~600万色程度の色表現ができましたが、強度に問題がありました。当社の親会社であるミマキエンジニアリングから、世界で初めて樹脂性による約1000万色のフルカラー造形を実現した本製品が開発されたことで、その課題が解決されました。

目を引く看板 未来のサイン | Mimaki 3D Printer

CGW:データの作成と出力は順調でしたか?

内田:最初にテスト用のデータを送って出力してもらい、問題点を洗い出してもらいました。その後、いただいたフィードバックを基にデータを修正し、ポーズをつけるなどして、本番用のデータを作成しました。3Dプリンタの仕様上、表面から0.3mmほど下層で彩色される点に注意が必要でしたが、それほど苦労なく対応できました。

CGW:どういった修正を行われましたか?

内田:服の厚みが0.3mm以下の独立したシェルで認識されてしまったため、袖や胸、襟元、下半身、足などで肌の色が透けてしまいました。そこで服と肌のパーツを1つにブーリアンしました。他にテスト版では口の中もモデリングされていたため、口が赤くなってしまいました。そこで本番モデルでは削除して、口のメッシュを閉じるようにしていますね。

アニメシリーズ用のオリジナル3DCGモデルデータをそのまま立体出力したもの。厚みが0.3mm以下の部位は透けてしまっている

野﨑:帯やスカートも0.3mm以下の部分が透けてしまったので、少し厚くしてもらいましたが、こちらはよろしかったでしょうか?

谷内:もともとイラストには2Dならではの嘘が含まれているんです。実際、帯なら厚みがあってしかるべきですよね。立体になって、少し厚みが増したことで、逆にリアリティが増したのではないでしょうか?

内田:ただ、ブーリアンは1つずつ手作業で行うため、1日がかりになってしまいました。また、一度ブーリアンを行うと、そこからの再調整が困難になります。今後、こうしたワークフローが改善されると良いのですが......。

野﨑:そうしたクリエイティブではない作業は、できるだけわれわれの方で巻き取っていきたいと思っています。ご要望があれば今後もぜひ聞かせてください。



  • 処理前



  • 処理後

(左)ブーリアン処理前の顔アップ。オリジナルモデルでは、まつ毛・瞳・ハイライト・白目を別オブジェクトとして作成されていたが、面の位置が近いためこのまま出力すると瞳の色が透けてしまった/(右)全てのパーツをブーリアンし、内側の不要なポリゴンを消去。これにより、意図した正しい色が出力される



  • 処理前



  • 処理後

(左)ブーリアン処理前の上半身/(右)ブーリアン処理後。身体も顔まわりと同様に袖や胸、襟元に透けが生じたため、服と肌のパーツを1モデルにまとめるためにブーリアンを実施(腕まわりなどがわかりやすい)。下半身や髪の毛についても同じ要領でブーリアン処理が施された

次ページ:
<2>フルカラーで3Dプリントできる、3DUJ-553ならではの表現力と注意点

Profileプロフィール

Happy Elements Asia Pacific × グラフィッククリエーション

Happy Elements Asia Pacific × グラフィッククリエーション

右から谷内寛之氏(Happy Elements Asia Pacific/コンテンツ事業部)、内田博明氏(Happy Elements Asia Pacific/3DCGキャラクタースーパーバイザー)、野﨑和也氏(グラフィッククリエーション)

スペシャルインタビュー

  • 三木陽子/Yoko Miki

    三木陽子/Yoko Miki

    映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~色彩設計篇~

    映画『君の名は。』(2016)から3年。 今夏、新海 誠監督待望の最新作『天気の子』が公開された。 「新海ワールド」の特徴でもある、美しい色彩で描き出される作品世界は、本作でさらに磨きがかけられている。 そんな観る者すべての心を掴む「新海ワールド」の秘密を暴くべく、メインスタッフへのインタビューを敢行。 全3回に亘って、本作を支えた凄腕クリエイターたちの本音をお届けしていく。 第1回となる今回はは、「色彩設計」にフォーカス。 "色"を組み立てるという作品の根幹に関わる工程だけに、困難も少なくなかったようだが......。 クリエイターにしか語れない、苦悩の舞台裏に迫る。