>   >  自社IPを世界へ!スタジオ不要で導入可能なモーションキャプチャシステム「Xsens MVN」が実現したイノベーティブな3DCG制作フロー
自社IPを世界へ!スタジオ不要で導入可能なモーションキャプチャシステム「Xsens MVN」が実現したイノベーティブな3DCG制作フロー

自社IPを世界へ!スタジオ不要で導入可能なモーションキャプチャシステム「Xsens MVN」が実現したイノベーティブな3DCG制作フロー

[PR]

「HUGっと!プリキュア」などの大規模タイトルに携わるほか、自社IPとして展開中の「放課後ミッドナイターズ」がSNSで大きく拡散されるなど、独自性の高い取り組みで注目を集めるモンブラン・ピクチャーズ。昨今、新たな試みとして採用したのが、慣性式モーションキャプチャシステム「Xsens MVN」およびハンドトラッキンググローブ「Manus VR」だ。今回は、社内でモーションキャプチャ設備を所有する利点とその活用法について、同社のクリエイター陣に聞いた。

TEXT_神山大輝 / Daiki Kamiyama(NINE GATES STUDIO)
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



モーションキャプチャシステムを自社導入するメリットと活用事例

福岡県中央区に拠点を構えるモンブラン・ピクチャーズは、総勢17名という規模ながら劇場映画やゲーム、CM、ステーションIDや企業CIなど映像制作にまつわる幅広い分野のコンテンツを手がける少数精鋭のスタジオだ。2012年の設立以来、クライアントワークをこなすかたわら自社IPの創出にも力を注いできた。

モンブラン・ピクチャーズが「Xsens MVN」を導入したのは2018年8月頃。MVNは慣性センサー式モーションキャプチャシステムで、小型のジャイロセンサーが搭載されたスーツ単体でモーションキャプチャ収録を可能とするプロダクトだ。

同社はこれまでも数多くのモーションキャプチャ案件を手がけていたが、従来は全て外部スタジオで撮影を行なっていた。「去年の春頃に『放課後ミッドナイターズ』の新しい作品を公開し、SNSで大きな反響をいただきました。その際、ファンの皆さんとのコミュニケーションや、流行の時事ネタを取り入れたいといった理由から、プロモーション用途のムービーをスピーディに量産したいという話になりまして。制作するスケジュール感やコスト計算のために外部スタジオを見学、相談させていただいたりしたのですが、なかなか折り合いがつかず、自社でのキャプチャシステム導入を検討しました。MVNは5年ほど前に見たときは期待していたキャプチャ精度が出ていなかったのですが、現行のバージョンはリプロセスの精度の高さに驚いて、これはいける!となってすぐに当社代表に連絡しました」と導入経緯を説明するのは、同社プロデューサーの江藤浩輝氏とテクニカルディレクターの吉田真也氏だ。





  • 吉田真也 氏(テクニカルディレクター)

    プログラマーからキャリアをスタートさせた後、ディレクターとして展示会や博物館などショールーム向けのデジタルコンテンツ制作を行なってきた。モンブラン・ピクチャーズに入社後は、プリレンダー映像のテクニカルサポートを行う一方で、インタラクティブ系のコンテンツ制作に携わる。

もちろん、検討段階では外部スタジオと連携を行う、別のモーションキャプチャシステムを利用するといったプランもあったそうだが、MVNの決め手となったのは "オペレーションのシンプルさ" と "キャプチャ精度" だった。精度面で言えば、肩周りなど上半身の細かな動きはMVNのような慣性センサー式が光学式に比べて優位性があり、オペレーション面では「スーツを着るだけで場所を選ばない」ため、会議室のような空間や、周りが鏡張りのダンススタジオなどでも問題なく収録できる点がポイントとなった。

同社は1ヶ月の試用期間を経て、MVNスーツとManus VRを3セットずつ導入。現在は実写の映像と3DCGキャラクターのアニメーションをVJソフトを用いて合成し、リアルタイムにプレビューを行いながら撮影を進めている。

活用事例

『放課後ミッドナイターズ』

◆劇場版予告編

After School Midnighters from MontBlanc Pictures on Vimeo.

◆ショートムービーズ「まとめ1 -真剣白刃取り篇∼ケツ花火」

◆三次もののけミュージアムコラボ「広島vs福岡∼ラップバトル篇」

©ASMS2

「放課後ミッドナイターズ」は人体模型のキュン様と骨格標本のゴスが放課後の小学校を舞台にドタバタコントをくり広げる作品で、若い世代を中心にSNSで話題を集めている。2012年には劇場版が全国公開されたほか、2019年には広島県三次市が運営する「三次もののけミュージアム」とのコラボPVが制作されるなど、行政との連携を含め幅広く展開されているIPだ。本作はBS日テレでも毎週金曜日にショートムービーが放送されており、1作にかける工数をいかに削減するかが焦点となっている。キャラクターのアニメーションは全てモーションキャプチャで、MVN導入以前は外部スタジオで収録していたが、現在は企画後すぐに収録に取りかかれるかたちとなっている。

「僕たち作り手としても、ファンの人たちが喜んでくれるのが一番のモチベーションです。もっとファンに喜んでもらえるよう、例えば時事ネタにリアルタイムで反応したいようなとき、外部スタジオを押さえて制作に取りかかって......というやり方ではスピード感が出せません。『放課後ミッドナイターズ』は僕たちのIPで、制作者も自分たち、運営も自分たちだからこそスピーディにできる作品でもある。MVNを導入後は全てのクリエイティブが社内で完結できるようになったので、このスピード感で作品をつくり続けられるんです」(江藤氏)。





  • 江藤浩輝 氏(プロデューサー)

    DTPなど雑誌系のグラフィックデザイン会社の制作ディレクターを経て、モンブラン・ピクチャーズに入社。クライアントワークの制作管理や、自社IPのプロデュースを行っている。現在は、自社ブランディングの中心としても活躍中。

西元祐貴×猪口大樹のコラボ「龍のキセキ」

墨絵アーティスト・西元祐貴 × 映像作家・猪口大樹 スペシャルコラボ「龍のキセキ」 from MontBlanc Pictures on Vimeo.

プリレンダー系の案件を得意とするモンブラン・ピクチャーズだが、プロジェクションマッピングの需要の高まりなどを背景として、5年ほど前からインタラクティブコンテンツの制作事例も増えてきているという。こうした取り組みをリードするのは、自身も大学時代インタラクティブコンテンツの研究を続けていたというディレクターの猪口大樹氏。中でもユニークなのは、2017年に公開された墨絵アーティスト・西元祐貴氏とのコラボレーション「龍のキセキ」だ。

「本来、墨絵は完成品を観るものですが、描いていく過程や作家の息遣いを映像で表現したら面白いのでは、ということで制作した作品です。こちらはMVN導入前でしたので、特注の筆や筋電センサーなど様々なセンサーを組み合わせて作家の息遣いを表現しています。スタジオがなくても気軽に使えるモーションキャプチャシステムは、こういったインタラクティブな作品にも活用できると思っています」(猪口氏)。





  • 猪口大樹 氏(ディレクター)

    モーショングラフィックを軸とした表現手法でCMやWeb、番組パッケージなどの映像をコンセプトワークから制作まで一貫して手がける。大学時代からインタラクションの研究を続けており、ディレクターという立場ながら自ら手を動かして開発をリードするクリエイターとしての一面も強い。

「LST/D」NEIGHBORS COMPLAIN

大阪発のセルフ・コンテインド・バンド「NEIGHBORS COMPLAIN(ネイバーズ コンプレイン)」のMVでは、MVNと合わせてManus VRが活用されている。一見手打ちのドット絵にも見えるが、動きに関しては全てモーションキャプチャで収録したもので、独自のフィルタ処理によって個性的なルックを表現しているという。また、Manus VRによって手の動きも同時に収録しており、アニメーションのガイドとして用いている。

こうした特殊な演出にあたっては事前の技術検証が重要となるが、従来は検証も外部スタジオで行なっていた。一方、現在はモーションキャプチャシステムが社内にあることで、やりたい演出に対する技術検証が即時的にできるようになっていることが制作スピード向上に大きくつながっている。また、収録自体は北九州のダンススタジオで行なっているが、場所を選ばないポータビリティ性と、大がかりなスタジオ設備ではなくダンサーにとって慣れ親しんだ環境で撮影できる点もプラスに働いたという。

「HUGっと!プリキュア」後期エンディング

©ABC-A・東映アニメーション

「HUGっと!プリキュア」後期エンディングのキャラクターアニメーションにもMVNが用いられている。制作は同社ディレクター/CGアニメーター・竹野智史氏がリード。「東映アニメーションさんが "新しい演出を取り入れたい" ということで、われわれが制作を担当させていただきました。正直、昨今のプリキュアは3DCGのレベルが上がりすぎていて、新しいことと言っても単なるクオリティアップではないと感じていたので、これまで当社が得意としていたモーショングラフィックスと、東映アニメーションさんが所有していたMVNによるモーションキャプチャとを組み合わせた演出を行いました」(竹野氏)。





  • 竹野智史 氏(ディレクター/CGアニメーター)

    劇場版「放課後ミッドナイターズ」では、リードアニメーターとして参加。主役2人の表情をほぼ1人で手掛ける。現在は、キャラクターやグラフィックのアニメーションを中心にCG制作のディレクションも行い、セットアップからコンポジットまで手広く対応する。

こうした案件を受託できたのは、モンブラン・ピクチャーズの従来の得意分野でもあるモーショングラフィックスが演出上の重要なファクターであったことに加え、"自社内でモーションキャプチャを扱えるレベルで、収録に長けたスタッフがいる" という新たな特徴があったからこそ。そういった意味では、MVNと既存の強みが上手く結びついた事例と言える。

次ページ:
モンブラン・ピクチャーズ社内でのMVN活用法

Profileプロフィール

モンブラン・ピクチャーズ/MontBlanc Pictures Co.,Ltd

モンブラン・ピクチャーズ/MontBlanc Pictures Co.,Ltd

https://mtblanc.jp/

モンブラン・ピクチャーズは、映像の企画・制作を手がけるスタジオです。監督、プロデューサー、プランナー、アニメーター、編集マン、プログラマーなど、コンパクトなスタジオながらも個性的で有能なスタッフが在籍し、企画に合わせて最適な表現方法とチームを組むことができます。例えば、料理人は食を豊かに、建築士は住を豊かにするように、私たちの仕事は「想像力」で世界と人生を彩ることです。私たちは「 STRIKE YOUR IMAGINATION 」を合言葉に、優れたアイデアと技術で想像力を刺激する、とびきり面白いエンターテインメントをつくり続けるスタジオでありたいと思っています。
◉求人情報の詳細
https://mtblanc.jp/news/1387/

スペシャルインタビュー