>   >  ミュージシャンが自らBlenderに挑戦してMVを制作。〜THE SIXTH LIE・Ray氏とメンバーに聞くMV『Everything Lost』制作の舞台裏
ミュージシャンが自らBlenderに挑戦してMVを制作。〜THE SIXTH LIE・Ray氏とメンバーに聞くMV『Everything Lost』制作の舞台裏

ミュージシャンが自らBlenderに挑戦してMVを制作。〜THE SIXTH LIE・Ray氏とメンバーに聞くMV『Everything Lost』制作の舞台裏

TVアニメ『ゴールデンカムイ』のエンディングテーマが好評を博したロックバンドTHE SIXTH LIE(ザ・シクスライ)。彼らが4月に公開したMV『Everything Lost』は、フルCGの背景にメンバーを実写合成した映像で、ドラムスのRay(涌井 嶺)氏が1人で制作を手がけたものだ。Ray氏によるメイキングはTwitterでも話題となったため、ご存知の方も多いかもしれない。完全に独学でBlenderを習得したった1人でMVを作り上げ、クオリティも折り紙付きというのだから、驚きの声が上がるのも無理はないだろう。今回、Ray氏とバンドメンバーにMV制作の舞台裏を伺ったのでお伝えしよう。


構成_石井勇夫 / Isao Ishii(ねぎぞうデザイン)
INTERVIEW&EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE







全ては「こういう作り方だったら、自分にもできるかもしれない」から始まった

CGWORLD(以下、CGW):ミュージシャンへのインタビューがCGWORLDに載るのは珍しいので、今日はひと味ちがった取材で新鮮です(笑)。みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

THE SIXTH LIE:よろしくおねがいします。

CGW:ドラムスのRayさんがたったお1人でミュージックビデオ(以下、MV)『Everything Lost』を制作されたと伺い、今回取材させていただくことになりました。まずはRayさんにお伺いしますが、映像制作はこれまでも手がけられてきたのですか?

Ray氏(以下、Ray):はい。音楽活動と並行して、映像ディレクターとして6年ほど様々なアーティストのMVを制作してきました。これまではAfter Effectsを使ってMVを制作してきたのですが、『Everything Lost』では初めてBlenderに挑戦して、3DCGと実写の合成でMV制作をしてみました。


  • THE SIXTH LIE( 左から、Ryusei、Ray、Arata、Reiji)
    最先端のトレンドを採り入れたサウンドと近未来をイメージさせる世界観が特徴の国内外をボーダレスに活動する4人組ロックバンド。TVアニメ『ゴールデンカムイ』第一期・第三期のEDテーマを担当し、「Hibana」(2018)、「融雪」(2020)をリリース。TVアニメ『とある科学の一方通行』OPテーマ「Shadow is the Light」(2019)はSpotifyで300万回再生を突破。パリほか各国のJapan ExpoやロンドンのHyper Japanへの出演実績などもあり、海外ファンが多い。
    thesixthlie.jp

  • Ray(涌井 嶺)

    THE SIXTH LIE(ドラムス)、VFXアーティスト、映像作家。ほぼ全曲の作詞と、全ミュージックビデオ・ライブ映像などの監督・編集、アートの制作(ほとんどの作品がほぼ自主制作である)を務める傍ら、プロの映像作家として他アーティストの作品も制作している。東京大学工学部、同大学院出身。在学中は航空宇宙工学を学ぶ(ドローンや人工知能、宇宙機)。


CGW:ハイクオリティな仕上がりはさすが映像ディレクターですね。Blender初挑戦に加えてお1人での制作となったわけですが、制作期間はどれくらいでしたか?

Ray:実は『Everything Lost』は新曲ではなく、2年前にすでにリリースした楽曲なんです。本当は楽曲のリリースと同時に発表しないといけないんですけどね。今回は「半ば自主制作というかたちで作らせてもらえないか」と相談して作らせてもらいました。だからといって、こんなに時間をかけて制作するつもりはなかったのですが、作っていくうちにBlenderの使い方も覚えていき「せっかくこんなにがんばって作るんだったら、もっと良いものにしたいな」とこだわり始めてしまって。それで何度も同じシーンを作り直すうちに、結局完成に1年ほどかかってしまいました。

CGW:撮影もRayさんがご自身でされたのでしょうか?

Ray:僕自身も映像の中に登場するため、撮影だけはカメラマンにお願いしました。

CGW:Blenderの勉強はいつ頃から始められたのですか?

Ray:2019年11月に撮影が終わった直後くらいから勉強を始めました。

CGW:ちょっと待ってくださいね(笑)。ということは、『Everything Lost』のMV制作プロジェクトがスタートした時点では、Blenderや3DCGに関する知識と経験がまったくない状態だったということですか?

Ray:はい(笑)。「やったら何とかなるかな」と完全な見切り発車でした。むしろそれくらい自分を追い込まないと、真剣に勉強しないなと思ったので。

CGW:3DCG制作自体が初めての挑戦だったとのことですが、漠然とでも自信があったのでしょうか?

RayIan Hubertさんというデジタルアーティストが実写合成で作った『Dynamo Dream』という作品があるのですが、その方のチュートリアルをちょこちょこと観ていたんですよ。それで「こういう作り方だったら、自分にもできるかもしれない」と影響を受けて挑戦することにしました。そういえばちょうど先ほど、Episode 1が公開されていましたね。

CGW:『Dynamo Dream』は、Blenderの個人制作で「ここまでできるのか」と話題になりましたよね。でも、実際に作り始める人はなかなかいない気がします。『Everything Lost』のMVメイキングに関しては、Rayさんのnoteで詳細に紹介されていますが、制作工程について改めてお聞かせください。

Ray:撮影した素材をグリーンバックのままでPremiere Proでオフライン編集して、次にAfter Effectsでキーイングします。その撮影プレートをBlenderにインポートしてトラッキングし、さらに板ポリに貼ります。人物以外はBlenderで3DCGモデルを制作して、人物と合わせてレンダリング。After Effectsに戻ってエフェクトを足して、最後にPremiere Proでカラーグレーディングして完成です。こうやって今ふり返ってみると、効率の悪かったところがハッキリとしているので、次はもっと手早く作れるだろうなと思います。

CGW:Blenderの板ポリにシークエンスを貼り付けて、人物も一緒にレンダリングしているんですか?

Ray:はい、人物も一緒にレンダリングしています。Blenderでの画が完成の見え方とほとんど同じといった感じですね。人物は後から合成するのが一般的な工程かと思いますが、Ianさんのチュートリアルでこの手法が紹介されていたので「こういうものなんだ」と思って制作していました。

CGW:撮影は企画当初からグリーンバックを使うことが決まっていたのでしょうか。 

Ray:はい。壮大なテーマの曲だったので、普通のMVを作っても「曲負け」してしまうと思い、「俺を信じて撮らせてくれ」と説得してグリーンバックでの撮影をさせてもらうことにしました。ただ予算もあまりなかったので、他のMV撮影の "ついで" として2〜3時間程度の撮影でした。グリーンバックを立てて、各メンバーの演奏シーンをそれぞれ一発撮影してとバタバタでしたが、ボーカルだけは演技シーンが必要だったので少し時間をかけて撮影しました。

CGW:ずいぶん短時間の撮影だったんですね。事前に撮影リストのようなものを準備されていたのですか?

Ray:ショットリストだけは用意していましたが、画コンテやVコンテまでは切っていなかったので、後になってところどころで欲しい画が撮れていないということがありました。今回の反省点です。

CGW:メンバーのみなさんは、撮影前から仕上がりのイメージが掴めていましたか?

Arata氏(以下、Arata):曲も歌詞もすでに出来上がっていたし世界観も完成していたので、そのイメージに沿った映像になるんだよねとは話していました。あとは撮影現場でRayの指示に従って演技をするといった感じです。

Ray:『Everything Lost』は「誰もいなくなった世界」がテーマの曲なんですが、メンバーには「人間がいなくなって何年か経った荒廃した世界」を舞台にしたMVにしたい、とイメージを伝えていました。

CGW:Rayさんが「CGでMVをつくりたい」と言ったとき、メンバーの皆さんはどのように思われたのでしょうか。

Arata:4年前にRayが作ったMV『The Walls』が少しCGっぽさの目立つ映像だったので、実はちょっとだけ心配でした。だからこんなに写実的になるとは思ってなくて、完成した映像を観たときはびっくりしました。

Ray:そうですね、今回はひたすら「CGっぽさをなくす」ということに重点を置いて制作しました。というのも、『The Walls』は「ありえない世界観の曲」だったので、「ありえない世界ならCGっぽさが出ても良いかな」という言い訳も成り立つのではと考えていた節があったんです。でも『Everything Lost』では、「がんばったらCGを使わなくても作れるんじゃないか」というギリギリの映像を目指すことにしました。

CGW:CGと実写を馴染ませる作業には苦労するものですが、とてもきれいに馴染んでいますよね。

Ray:これまでAfter Effectsでのコンポジット作業を長くやってきたので、「馴染ませ」や「キーイングをきれいに」といった作業は得意でした。やはりCGっぽさが目立ってしまうと、気になって音楽や映像に入り込めませんからね。

CGW:Arataさんはボーカルとして演技力が求められたかと思いますが、こういった撮影は慣れていたのですか?

Arata:いえ、慣れていなかったので、とにかくRayの指示どおりに動いていました。「今落ちてるから」とか「ここから床が崩れるからその感じでお願い」と言われても、どうなるのかよくわからず大変でした(笑)。

▲「落ちてるから」というRay氏の指示で演技するArata氏

CGW:なかなかハードルの高いオーダーですね(笑)。

Ray:そうですよね(笑)。グリーンバックでの撮影って、演技している人にとっては最終的にどんな感じになるかイメージしにくいですからね。カメラも三脚で固定で撮っていたりするので、ボルテージがなかなか上がらなくて「パフォーマンスが出ない」と他のアーティストのMV制作ではよく言われるんですが、ウチのメンバーは結構慣れていると思います。

CGW:グリーンバックは、ある程度イメージが共有できていないと難しいですよね。今回、また一段とグリーンバックスキルが上がりましたね。

Ray:あとリファレンスとして、Imagine Dragonsの『It's Time』を見てもらっていたのも、多少は参考になったのかな。「最終的にはこれくらいいくよ」と(笑)。

CGW:確かに、映像としてイメージが共有できていると演技しやすくなるかもしれませんね。

Ryusei氏(以下、Ryusei):僕はグリーンバックでの撮影が初めてで、正直どんな感じで完成するのかわからなかったんですよ。とりあえずいつものライブのようなイメージで演奏しましたが、内心ではワクワクと不安が入り混じっていました。「CGってこんな感じで作れちゃうの?」って、本当に素人の意見なんですけどね(笑)。

Reiji氏(以下、Reiji):そうそう、フルCGの撮影現場などは設備や機材がかなりしっかりとしているイメージがあったので、スタジオに入ってグリーンバックとカメラマンだけで撮影が始まって「これだけで作れるの? どうなるんだろう」と思いました。

Ray:過去最高に「ついで感」のある撮影だったよね(笑)。自分のバンドだからこそできたことです。

CGW:疑惑が渦巻きつつも撮影が終わって、合成された映像世界の中に自分がいるというのはどんな気分なんですか?

Ryusei:びっくりしましたよ。完成した映像を見たら、崩れていくビルの屋上で演奏させられていて「恨みでもあるのかな」って(笑)。それは冗談として、実際の撮影では不可能なシチュエーションなので、とても不思議な体験でした。

Arata:合成後の映像を見せてもらったときは、本当に驚きましたよ。「さすがTHE SIXTH LIEのドラマーだな」と感心しました。

CGW:音楽も映像も、全てメンバーだけで制作されたわけですが、この方法で制作した方がアーティストとして思い通りの作品ができるのでしょうか?

Ray:「自分たちでできることはやってしまおう」というスタイルでずっと作ってきたので他の作り方と比較ができないのですが、「アーティストとして100%を発揮する」という点では、自分たちで全て作ってしまった方が納得がいくのかもしれませんね。

CGW:映像制作と音楽制作、そしてCGの間には何か通じるものがあるのでしょうか。

Ray:「編集」と「音楽」は似ている気がしていて、楽曲への理解やタイミングなどには通じるものがありますね。CGに関しては、音楽をやる人は職人気質だったりするので、意外とCG制作にも向いているかもしれません。



次ページ:
目標から逆算して必要なことから身につける