>   >  VFXと特殊メイクの高度な連携で実現する「俳優の老化・若返り」の実際。Digicが採用に力を入れている理由。
VFXと特殊メイクの高度な連携で実現する「俳優の老化・若返り」の実際。Digicが採用に力を入れている理由。

VFXと特殊メイクの高度な連携で実現する「俳優の老化・若返り」の実際。Digicが採用に力を入れている理由。

[PR]

「顔のVFX」についての情報は未だに少ない。俳優を映像の中で老化させたり・若返らせたりすることは珍しくなくなったものの、監督やプロデューサーが知りたい情報が外に出ることは滅多になかった。今年2月のインタビューに大きな反響があったというDigicに、フェイシャルVFXの最新事情と、スタッフの採用強化について聞いた。

INTERVIEW_CGWORLD編集部
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

■求人情報はこちら
cgworld.jp/jobs/30466.html

募集職種
・フェイシャルVFX
・CGクリエイター
・レタッチャー

主演俳優が決まる前から参加することが増えてきた

CGWORLD編集部(以下、CGW):前回のインタビューは反響が大きかったようですね。

清水敬太氏(以下、清水):映像部のフェイシャルVFXアーティスト、清水と申します。前回の記事の公開後、プロデューサーと監督からの問い合わせが想像以上に増えたことにも驚きましたが、それ以上に、記事を読んでいただいたことで、最初から深い相談をしていただけるようになったことが一番の収穫でした。あの記事が出る前は「何から相談すればいいのか困った」と言われたことがありました。皆さんが問い合わせ段階で困っていたところに、この記事を読むことで「フェイシャルVFX」の全体像を把握することができ、その先に進みやすくなったのかなと思います。


  • 清水敬太/Keita Shimizu
    フェイシャルVFXアーティスト
    Digic

清水:もう1つの変化は、問い合わせをいただいた後に正式な依頼へ発展していくながれが増えたことです。これも、初期の話し合いの密度が高まったため、監督とプロデューサーがフェイシャルVFXを正式採用しやすくなったのではないかと思います。

担当する案件が増えたことで、当初計画していた採用人数ではとても足りなくなってしまいました。今回、さらなるスタッフの増員に踏み切った背景には、映像事業部の売上が前年比の倍以上となったこと、機材面への投資も進み、さらなるサービス拡大の時期に入ったことがあります。

CGW:そのような変化は、監督とプロデューサーにとって最初のハードルが下がったためだと思いますが、プリプロダクションと撮影、そしてポストプロダクション工程で変化はありましたか?

清水:以前から、企画が立ち上がってすぐ、我々にお声がけいただくことが多く、監督とプロデューサーと進め方の大枠を話し合った後、主演俳優にフェイシャルVFXの採用に賛同していただくことが、最初の山場となっていました。主演の所属事務所や関係各位にフェイシャルVFXについて説明するための資料を、制作会社さんの方で作られていましたが、前回のインタビュー記事が出たことで、その負担も減ったと仰っていました。

私たちの仕事は、人の顔に関わるため、最初から最後まで厳重なセキュリティが求められます。前線で担当にあたるフェイシャルVFXアドバイザーは、10年以上「顔」専門で対応にあたってきた者であるなど、顔の取り扱いに慎重なスタッフのみで構成しているのも、我々の特徴です。そのため、我々の活動に関する情報は、俳優と監督、プロデューサー、プロダクションマネージャー、VFXスーパーバイザーのみに限定されることが多いのです。このように業界内でも情報が出回ることがないため、いざフェイシャルVFXを起用しようとする際には関係者へ説明する負担が大きかったと思います。

最近では、主演が決まる前からご相談いただくことが増えました。キャスティング段階で、候補に上がっている人たちの顔を老化させて検討材料にするためです。私たちはお話をいただくのが早ければ早いほど、提案が多くできるのでありがたい状況になってきました。

私たちの技術は、本番で撮影された俳優の顔の筋肉と、肌表面の微細な変化を活かして、老化/若返らせることが最大の特徴です。この方法はメリットが多く、繊細な演技であっても損なわれることがなく、俳優の方に安心していただけます。そして、演出する監督にも喜んでいただいています。

今の技術をさらに向上させる取り組みは続いています。私たちの開発ポリシーは、監督・プロデューサー・俳優が求めているものを最優先することです。CGとVFXの作り手としては、全てデジタルで生み出したい欲望はありますが、フルCGにこだわりすぎないように気をつけています。さらには、我々だけの技術に固執せずに他社様をオススメすることもあります。

もうひとつの開発ポリシーには、「撮影現場の柔軟性を奪うような技術にしない」というものがあります。プリビズや絵コンテが作られることもあれば、絵コンテが作られないケースもあります。我々としては絵コンテを基に計画を立てられる方が助かるのですが、絵コンテがない場合でも対応できるように開発を続けてきました。絵コンテが作られたとしても、撮影本番で構図やカメラワークが変わることはあるので、私たちの柔軟性のある技術が喜ばれています。

俳優を老化させる/若返らせる方法はいくつかあります。現在は、いくつかの方法の組み合わせが良い結果を生んでいます。最近では、フェイシャルVFXと特殊メイクの組み合わせによって、10代の子供を80歳へ老化させることに成功しました。

デジタルの手法が生まれる前から、俳優の顔を変えてきた「特殊メイク」は、監督に根強い人気があります。しかし、特殊メイクの「時間」に頭を抱えてきたスタッフの方も多かったと思います。

フェイシャルVFXを前提とした特殊メイクであれば、全てメイクで仕上げるよりも時間を短くできますし、仕上がりも良くなります。今までVFXと特殊メイクの両方を深く理解して、最適な連携を実現できる人が業界に少ないのが課題でしたが、様々な交流と実験を通して、私たちが担当できる体制が整いました。

CGW:監督が「VFXのみ」と「VFXと特殊メイクの組み合わせ」のどちらで行くか迷われたときに、どのようなアドバイスをされますか?

清水:俳優の現在の顔の形状から大幅に変えずに、年齢差の変化が10~30歳くらいの「老化/若返り」であれば、VFXのみで自然な結果を作り出すことが可能です。先月、10代の子供を80歳の老人に変えた際は、顔の形状を大きく変える必要があったので「VFXと特殊メイク」という方法を採用しました。

覚えておくと役に立つことと言えば「特殊メイクは、足すことはできても顔を削ることはできない」点。そして、「フェイシャルVFXでは、痩せ細らせる表現ができ、白目や瞳を変えることもできる」点などがあります。

1つの映像作品の中で、俳優が様々な年齢を演じることがあります。そのときは、私たちがそれぞれの年齢での最適な手法をお伝えしています。

現場で発生した問題を解決するため実験を重ねた

CGW:俳優を「老化/若返らせる」ことが決まった後、いくつか問題が発生したと伺いました。その問題についてと、それを解決するための取り組みについて詳しく教えてもらえますか。

清水:監督とプロデューサーが、俳優の老化・若返りが必要になった際は、「特殊メイクでいくか? デジタル処理にするか?」をまずは検討されることが多いです。

特殊メイクを起用したことがある監督の方が多いこともあり、まずは特殊メイクを検討されることが多いようです。特殊メイクにはいくつかの利点があり、その中でも撮影時に仕上がりを確認できる点と、俳優が役になりきる際の助けになってくれる点などのメリットがあります。

数年前までは、特殊メイクだけで「老人の顔/若者の顔」を完成させようとする作品が多く、デジタル処理は違和感や不要物を消さなければならなくなったら依頼するということが多かったです。

日本では、撮影本番を想定したメイクテスト撮影を行うことがほぼなく、特殊メイクチームに与えられる時間も少ないなど、アーティストに対して厳しい条件となっています。このような状況で、特殊メイクだけで「老化や若返り」を作るのは無理があると感じていました。実際、特殊メイクだけで完結しようとしたけれど、私たちに修正の相談がきたことが何度かありました。

昨年から、新型コロナウイルス感染症対策の影響もあり、フェイシャルVFXのみで「老化・若返り」を希望する方が増えました。プロダクションマネージャーの話では、特殊メイクのための型取りや、撮影本番のメイクなど、長い時間「密」になりやすい状況は、今は避けたいと言っていました。

私たちは、特殊メイクを付けていない状態でも、俳優を老化させたり若返らせたりすることができます。しかし、先ほどお話しした「特殊メイクのメリット」はとても貴重で、採用しないのは非常にもったいないと考えてきました。

「特殊メイクチームと我々VFXチームが高いレベルで連携することで、特殊メイクの時間を短縮しつつ、最終的な仕上がりも今まで以上のものにできないだろうか?」と考え始めたのは昨年の終わり頃でした。

実際の案件で実験はできないので、自分たちで費用を出して取り組むことにしました。この取り組みは3ヶ月かけて行いました。数多くの実験を行なったおかげで新しい開発へ繋がり、既に映画やCMでこの技術が採用されるまでになっています。

今回紹介する、この取り組みは、プロダクションマネージャーやVFXスーパーバイザーだけではなく、特殊メイクの方や現在CGやVFXに関わる方にも有益な情報だと思います。

今までお話ししてきた「特殊メイクと、フェイシャルVFXのメリット・デメリット」を整理すると、以下の表になります。

●特殊メイク

  • メリット
  • ・俳優が、老人役や若者役になりきる際の助けとなる
    ・撮影時に、変化した顔を確認できる
    ・撮影時の環境光が、顔にどのような影響を与えていたのか等、
     様々な情報が取得でき、VFX工程で活かすことができる
  • デメリット
  • ・旧来からの「型取り」は、俳優・タレントに負担を強いる
    (3Dスキャナと3Dプリンタを使う方法もあるが、特殊メイクチームが満足する性能には現状なっていない)
    ・メイク時間が長くなる場合があり、俳優と撮影現場の負担が大きい
    ・メイクの種類によっては、違和感のある顔になってしまう

●フェイシャルVFX

  • メリット
  • ・俳優の負担がない(顔が動かしやすい)
    ・俳優の表情と演技そのものを活かすことができる
    ・撮影現場の負担がない
    ・特殊メイクではできない「痩せ細る」表現が可能
  • デメリット
  • ・費用が高額になってしまう場合がある
    ・作業期間が長くなる場合がある
    ・専門チームによる適切な準備や進め方が必須となる
    ・新しい技術ゆえ、関係者へ説明する負担が大きい

清水:特殊メイクとVFX作業、どちらの時間も費用も抑えること、そして、最終的な仕上がりを今まで以上に良くするためには、3つの検証が必要だとわかりました。1つ目は「顔に貼られた特殊メイクそれぞれのパーツが、俳優の演技にどのような影響を与えるかの検証」。2つ目は「顔の部位ごとに、VFXと特殊メイクのどちらが担当した方が良いのかの検証」。3つ目は「特殊メイクが崩れた際の対応についての検証」になります。

3つ目の「特殊メイクが崩れる」について補足しますと、特殊メイクの接着剤は、俳優やタレントの肌が傷まないように作られています。汗や皮脂などによって、メイクが徐々に動いてしまうのは仕方のないことです。長丁場の撮影では、メイクを着けたばかりの顔と、撮影終わりの顔では変わってしまうことがあります。そのメイクの変化に対して、VFX側で修正できるものとできないものを洗い出そうと考えました。

今回の取り組みのおかげで、監督に「VFXのみ」で老化/若返りを行なった場合と、「VFXと特殊メイク」を組み合わせた場合の実例を見てもらいながら話し合える環境を作ることができました。

「VFXと特殊メイク」で老化を作り出した映像がこちらです。

Aging VFX + Special Make up【4K 】 from Digic:デジック on Vimeo.

清水:もう1つの映像は、顔ではなく「手」に対して実験を行なったものです。手も映像に映ることが多く、手の「老化/若返り」の依頼も多いためです。

Special Make-up:HAND【4K 】 from Digic:デジック on Vimeo.