>   >  「嘘から出たまこと」でも良いじゃない! 自分から手を挙げて、コンフォートゾーンから一歩だけ外に出てみる。 〜Image Engine/ハードサーフェスモデラー 前東勇次氏インタビュー
「嘘から出たまこと」でも良いじゃない! 自分から手を挙げて、コンフォートゾーンから一歩だけ外に出てみる。 〜Image Engine/ハードサーフェスモデラー 前東勇次氏インタビュー

「嘘から出たまこと」でも良いじゃない! 自分から手を挙げて、コンフォートゾーンから一歩だけ外に出てみる。 〜Image Engine/ハードサーフェスモデラー 前東勇次氏インタビュー

自身の失敗すらネタにする軽快な語り口で「とにかく楽しいCGチュートリアル」をYouTubeで配信し続ける前東勇次氏。Image Engineのハードサーフェスモデラーとして活躍する前東氏は、バンクーバー在住のYouTuberでもある。また、CGWORLDオンラインチュートリアルの講師も務めるなど、現在多岐にわたって活躍中だ。今回、YouTubeチャンネル登録者数1万人を目前にした前東氏に話を聞くことができたので、その様子をお届けしよう。前東氏の軽やかさの内側に秘める独特な強さを垣間見て、何かと悩める筆者のやる気はすっかり回復した。読者の皆さん、もうやっちゃいましょう! この記事を読み終えたら、きっとそんな気分になるはず。


INTERVIEW&TEXT&EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE




「コンフォートゾーン」から一歩出てみるとわかる!

CGW:先日開催された「CGWORLD MASTER CLASS ONLINE Vol.5」ではトップバッターを務められましたね。同イベントのレポートでも書きましたが、とても軽快で楽しくわかりやすいセッションでした! 今回はそんな前東さんのインタビューということで、まずはこれまでのご経歴についてお聞かせください。

前東勇次氏(以下、前東):九州デザイナー学院を卒業後、ModelingCafe・福岡支社で背景モデラーとして3年間経験を積んで、2019年にカナダ・バンクーバーに移りました。バンクーバーでの6ヶ月間の就活を経て、トロントにあるMonsters Aliens Robots Zombies VFX(MARZ)に就職が決まり1年ほど働いた後、再びバンクーバーに戻って2度目の就活をしたのですが、これがなかなか決まらず。4ヶ月ほどジリ貧の生活を送った後にImage Engineに就職が決まり、現在は同スタジオでハードサーフェスモデラーをしています。

CGW:前東さんが海外に出られた経緯はどのようなものだったんですか?

前東:実は、インタビューの前にいただいた質問リストの中で「最も答えるのが恥ずかしい」と思っていたのがこの質問なんです。というのもこういった記事に登場する方々は、大きな目標を掲げて海外を目指してこられていたり、何かしらのサクセスストーリーをお持ちの方だったりすると思うんですよ。でも、僕にはそういうものがないんです。

  • 前東勇次/Yuji Maehigashi

    2016年に九州デザイナー学院を卒業後、ModelingCafeの福岡支社で3年間背景モデラーとしての実績を積み、2019年にカナダのバンクーバーに移住しフリーランスとして活動。2020年からカナダのトロントに拠点を移しMarzVFXで1年間アセットアーティストとしてハリウッド映画やドラマに携わる。2021年に再びバンクーバーに移り、現在はImage Engineでハードサーフェスモデラーとして活動。これまでに関わった作品は『ワンダヴィジョン』(2021)、『暗黒と神秘の骨』(2021)、『FINAL FANTASY VII REMAKE』(2020)など
    www.artstation.com/yujimaehigashi
    CGWORLDオンラインチュートリアル

CGW:差し支えなければ、もう少し詳しくお聞かせいただけますか?

前東:福岡にある専門学校に通っていた当時、親しかった先輩のほとんどが当時設立されたばかりのModelingCafe・福岡支社に就職していたんです。働き始めた先輩の話によるととても楽しそうな会社だと思ったので、もうModelingCafeに就職することしか考えておらず、他の会社をリサーチすることすらありませんでした。

そんな感じで応募して、ありがたいことに面接をしてもらえることになったのですが、福岡支社・代表の北田(栄二)さんとの面接前日に、やはり不安になって福岡支社で働いている先輩に相談したんですよ。すると「そう言えば、北田さんは海外に出るクリエイターを応援してるよ。"海外に興味がある" と言ったら、少しは可能性があるんじゃない?」とおっしゃって......。

CGW:なるほど(笑)。

前東:面接でも北田さんに「海外で働くことに興味はある?」と聞かれたので、「はい、興味あります!」と答えてしまってですね。

CGW:(ドキドキ......)。

前東:すると「いつくらいに海外に出ようと考えてる?」と聞かれたので、「......そうですね、3年後くらいですかね」と思いつくまま答えてしまったんですよ。そういったやり取りの末、無事ModelingCafe・福岡支社に入社することができたのですが、2年ほど経ったある日、北田さんに「そういえば前東君、3年後に海外に行くって言ってたけど準備できてるの?」と聞かれて。

自主制作も2作品くらいしかなく、何の準備も英語の勉強もできていなかったのですが、「......はい、できてます!」と答えてしまいました。そこでようやく火が点いて、その日から大急ぎで英語の勉強を始めて作品を作って、......というわけで、北田さんにケツを叩いてもらってやっと海外に出て来た、というわけなんです。

CGW:そうだったんですね。なかなかスリリングなお話でした(笑)。しかし、多少は海外で働くことに憧れはあったのでしょうか?

前東:社内には海外に出られた先輩がいたので、そういった方々の背中をずっと見ていたし、仕事で映画のブレイクダウンなどを観るうちに、「海外の仕事は格好良いな」と思うようにはなっていました。その一方で、「果たしてこんなところで働けるようになるのか」と半信半疑だったのも事実です。怖い気持ちと興味が「半々」だったので、北田さんが忘れてくれていることをどこかで願っている自分がいました。

▲▲学生時代、九州デザイナー学院・ゲーム学科で菊池 蓮氏の講演後、教室でお話を伺っている様子

CGW:しかし北田さんは、前東さんが面接で伝えた「海外への夢」をちゃんと "覚えていてくれた" わけですね。そうなると、言ったからにはやらなければと。

前東:はい、「嘘から出たまこと」です。まさか本当に海外に出てVFXの仕事ができるとは思っていませんでしたが、ケツを叩かれながらもカナダに来て、実際にVFXのスタジオに就職して自分が仕事をしていることに驚きはあります。というわけで、長年の夢を実現するためにではなく「ただ自分の言ったことを実行しただけ」なので、海外に出た理由をインタビューで話すのはとても恥ずかしいんです。

CGW:確かにこういったインタビュー記事では、大きな夢を掲げてそれを実現させた方々を取り上げ、サクセスストーリーを語ってもらう傾向がありますよね。しかし現実に目を向けると、華やかで迫力のあるストーリーばかりではありません。十人十色で様々な成功のかたちがありますし、何かを実現するにしても「自分に合った方法」がありますからね。その方法に良いも悪いもないはずです。結果として実現させたのであれば「1つの成功のかたち」なのではないでしょうか。ところで、そういった経緯で海外に出られたことを北田さんはご存知なのでしょうか?

前東:......いえ。まだ話していません。これまでこの十字架を背負って来ましたが、この場を借りて謝らせてください! 「北田さん、すみませんでした! 嘘から出たまことでした!」。

CGW:肩の荷が少し降りましたね(笑)。しかし、周囲からの影響やサポートはとても重要ですよね。前東さんの場合は「周囲の人が目標を提示してくれた」とも言える部分があり、また、そういった提案に可能性を見出す能力が高いように思います。

前東:確かにそうかも知れません。専門学校に入学して半年ほどはイラストレーションコースを専攻していたのですが、絵の具を使った授業が多く「これが就職に役立つのだろうか」と疑問を抱いていました。また、模写ばかりしていたのでオリジナリティのあるイラストが描けず、イラストレーターとしてやっていけないのではないかと。自分のやりたいことがわからなくなっていた時期でした。そんなある日、ゲーム学科の卒業生がキャラクターのイラストを描くアルバイトを募るために教室を訪れて来たことがあったのですが、「これで何かが変われば」と手を挙げてみることにしたんです。

▲ModelingCafeのメンバーとプロジェクトの打ち上げ

CGW:自分からアクションを起こすことで、ながれを変えようと思ったのですね。

前東:はい、まさにそのとおりで、このことがきっかけでイラストレーション科からゲーム学科に転科することになったんです。バイトの説明を受ける前にゲーム学科の先生と話をする機会があったのですが、その内容に納得感があったこと、ゲーム学科が就職に力を入れていること、絵もCGも学べてデッサンやコンセプトアートなども勉強できるということなどを聞き、可能性を感じて転科することにしました。

CGW:迷いながらも可能性のある方向を探りつつ、その時々で微調整していく。とても柔軟な思考ですね。しかし、目の前に現れた可能性を上手く掴まれているなという印象を受けるのですが、何か意識されているのでしょうか?

前東:「バイトの募集で手を挙げた」とお話ししたことに繋がるのですが、「父親の教え」が大きく影響していると思います。小学校まで話はさかのぼりますが、通信簿に「関心、意欲、態度」という項目があり、それぞれ「◎」、「◯」、「△」の三段階評価になっていて、「△が付いたら覚えとけよ」と父親に脅されていたんですよ(笑)。父親に怒られるのがとにかく怖かったので、得意なことであろうとなかろうと、何にでも手を挙げて立候補していたんです。でもその結果、先生に褒められたりみんなに喜ばれることも多く、成功体験を積み上げることができたんだと思います。

CGW:なるほど。頭では理解できても、手を挙げる勇気はなかなか出ないものです。小さな一歩を踏み出せないがために、挑戦できないままチャンスをみすみす逃してしまうこともたくさんあります。前東さんは、どのように考えてその一歩を踏み出されているのでしょうか。

前東:僕自身がとにかくポジティブというのもありますが、手を挙げて挑戦してみて、結果が悪かったことがなかったからだと思います。どんな小さなことでも、成功体験が連続すると自信が付きますからね。「コンフォートゾーン(自分の居心地の良いところ)から一歩外に出る」という経験の積み重ねと、それがどんな結果であろうと「成功」としか捉えていない性格によるものだと思います。

▲2018年、フォトン・アーツとの社員エクスチェンジで、鈴木卓矢氏(中央)から "指導を受けている様子" を装った記念撮影

CGW:「成功も失敗も全て糧となる」と考えると、やらない理由はないですからね。ところで、北田さんに「準備しているの?」と聞かれて火が付いたとのことですが、どれくらいの期間でどのような準備をされたのですか?

前東: その後すぐに、北田さんと親交の深い鈴木卓矢 さん(現:SAFEHOUSE・代表)が当時所属されていた、フォトン・アーツとの「社員エクスチェンジ」の話があったんですよ。「誰か行きたい人いる?」と聞かれたときに、僕はまた手を挙げたんです(笑)。それで、3ヶ月ほどお世話になることになったのですが、 その際にフォトン・アーツで英語を勉強している方と知り合えたことで、英語に関する情報交換をしたりモチベーションをもらったり、鈴木(卓矢)さんを訪れる人々との出会いを通して、バンクーバーの映画会社でお仕事をされている方を紹介してもらえたり。また、そういった方々から海外に関する話をたくさん聞いていくうちに、海外に行くことが現実味を帯びてきたんです。

CGW