>   >  スクリプト兵法書 〜MAX Script編〜:Vol.1:MAXScriptから始めるスクリプトによる効率化
Vol.1:MAXScriptから始めるスクリプトによる効率化

Vol.1:MAXScriptから始めるスクリプトによる効率化

「個人の力量では、決してハリウッドにひけをとらない」。そうした話をよく聞きませんか?
では、どうして日本とハリウッドで映像表現の差が出てしまうのでしょうか? その鍵となるのが、「プロジェクトに適したパイプラインの構築」です。パイプラインと言うとものすごいものを想像するかもしれませんが、デザイナーが個人個人で工夫してツールをカスタマイズすることはできます。この連載では、スクリプトによるカスタマイズについて、デザイナーにも分かりやすく解説していきます。

MAXScriptはスクリプト界のガラパゴス島

はじめまして、JCGSの痴山紘史(ちやま ひろし)です。この連載では、スクリプトを一度も書いたことのないデザイナーの方々を中心に、スクリプトによるツールカスタマイズのメリットについて分かりやすく解説することを目指しています。CGソフトで使えるスクリプトにもいくつか種類がありますが、まずは 3ds Max のスクリプト言語「MAXScript」を題材にしていきましょう。

初回から水を差すようですが(苦笑)、MAXScriptはかなりクセがあるスクリプトです。そしてMax 以外の主要なCGソフトはスクリプト言語に「Python」を採用しています。Maya も MEL から Python に急速に移行していますし、Softimage も Houdini も Python がメイン。そうした状況にもかかわらず、Max だけが頑に MAXScript 一本で来ているのです。とは言え、Max だって今後も Python を採用しないという保証はありません。むしろ、今のCG業界のトレンドを鑑みれば、将来的に Python に置き換わっても何ら不思議ではありません。

実は、Max にも米ブラー・スタジオ/Blur Studioが開発している「Py3dsMax」という Max からPython を使うための拡張プラグインもあるのですが、まだ開発途中のため動かない機能があったり、利用できる環境を整えるための敷居もかなり高かったりするので当分は触れないことにします。こうした背景を踏まえ、まずは MAXScript をメインに据えつつ、特定のスクリプト言語に依存しないプログラミング一般の話題にも触れていきたいと思っています。

米ブラー・スタジオが開発中の「Py3dsMax」http://code.google.com/p/blur-dev/wiki/Py3dsMax

米ブラー・スタジオが開発中の「Py3dsMax」
http://code.google.com/p/blur-dev/wiki/Py3dsMax

スクリプトはクリエイティブワークのブースター

MAXScript は、本職のプログラマーたちの間で非常に評判が悪いプログラム言語です。また、デザイナーにとってもインターネットで探せば大量のフリースクリプトが見つかるため、自分で一からスクリプトを書く人はすごく限られているのではないでしょうか。裏を返せば、Max ユーザー数に比べて MAXScript を扱うことのできる人数はほんの一握りということです。そのため、MAXScript をマスターできれば、それだけで他の人とは違う技術を身につけることができたとも言えるかもしれません。

スクリプトが書けるようになれば、標準機能では実現できなくて諦めていたちょっとした工夫ができたり、手作業ではとてもできないけれども見た目として面白い表現を作ることもできるようになります。ただし、当然のことながらスクリプトだけではコンテンツを生み出すことはできませんよね。ベースになる、クリエイターたちの素晴らしい発想や才能豊かなデザイナーが必要なのは言うまでもありません。ですが、スクリプトには作品の魅力や作品制作の効率を10倍にも100倍にも向上する可能性を秘めています。

例えば、デザイナーが10人集まれば素晴らしい作品ができるかもしれませんが、生み出される表現はあくまでも10人分です。しかし、ここに1人スクリプトを書けるテクニカルに強い人が参加すれば、100人分の仕事をすることも可能になるのです。

もちろん人に得意不得意があるように、スクリプトにも向いている仕事と向いていない仕事があります。また、スクリプト化するために仕事の進め方を工夫する必要が出てくる場合もあります。目の前にある問題を分析・分割して、分割したものを機械に任せることができるように工夫するというスキルは、デザイナーが普段求められるものとは随分違います。そのため、プログラミングの勉強を始めようという人はどこから手をつけていいのか分からず途方に暮れてしまい、そのまま挫折してしまうことも多いです。それだけならまだしも、「仕事なんてひとつひとつ違うもので、汎用化できるわけがない」と、最初から諦めてしまい、徹夜と力技で日々やりくりすることに忙殺されてしまうことにもなりかねません。

その他の連載