>   >  新・海外で働く日本人アーティスト:第11回:中村俊博 (Tonko House / Animator)
第11回:中村俊博 (Tonko House / Animator)

第11回:中村俊博 (Tonko House / Animator)

今回はサンフランシスコで働くデジタル・アーティストを紹介しよう。バークレーにあるアニメーションスタジオ「トンコハウス」は、元ピクサーの堤 大介氏とロバート・コンドウ氏の2人が中心となって立ち上げたユニークなアニメーション・スタジオ。このスタジオで、アニメーターとして活躍するのが中村俊博氏だ。日本でプロとして経験を積んだ後アメリカに留学し、「海外で働く」という夢を叶えた中村氏の横顔に迫った。

TEXT_鍋 潤太郎 / Jyuntaro Nabe
ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。
著書に『海外で働く日本人クリエイター』(ボーンデジタル刊)、『ハリウッドVFX業界就職の手引き』などがある。
公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」


EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

Artist's Profile

中村俊博/Toshihiro Nakamura(Tonko House:Animator )
福岡県出身。2003年に福岡コミュニケーションアート専門学校(現・福岡デザインコミュニケーション専門学校)を卒業後上京し、CGジェネラリストとしてTVコマーシャル、PVなどの分野でキャリアをスタート。その後フリーランスに転身、東映アニメーションで映画制作に携わったほか、NHKのCG・VFX部門にて『NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲』の制作を2年間担当。2010年に渡米しサンフランシスコの美大、アカデミー・オブ・アート大学に入学。在学中の2013年、短編アニメーション映画『ダム・キーパー』にAfter Effectsアーティストとして参加。卒業後はSony Computer Entertainment America(現・Sony Interactive Entertainment America)でのアニメーション・インターンを経て、アニメーターとしてトンコハウスに就職し現在にいたる。

<1>福岡の専門学校を卒業後、上京して様々な会社で経験を積む

ーーまず、学生時代の話を聞かせください。

中村俊博氏(以下、中村):幼少時代から絵を描くのが好きな子供でした。高校生の頃、日本では3DCGが流行りだしていたので、卒業後は漠然とCGアーティストになりたいと思い、福岡コミュニケーションアート専門学校に入学して3DCGを勉強しました。当時は3ds Maxを学んでいて、卒業する頃に福岡のゲーム会社レベルファイブにインターンとして採用されました。

ーー日本ではどのようなお仕事をされていたのでしょうか。

中村:レベルファイブでのインターンが終わった後、すぐに上京してCM制作会社に就職し、4年間働きました。とても小さな会社だったので、打ち合わせや撮影の立ち会いから、TVCM・PVの3DCGなどあらゆる仕事に携わっていて、とても忙しかったですね。常に2~3本の案件を抱えていたので、スケジュール管理や作業スピードを上げる方法などは、ここで鍛えられたと思います。その後「海外で働きたい」と思いフリーランスに転身し、東映アニメーションで3本の劇場映画の制作を担当した後、NHKでドラマのVFXを手がけるかたわら、帰宅後は朝までフリーランスの業務をこなすという、なかなかハードな2年間を過ごしました。「眠りの中村」というあだ名をくださった上、海外への後押しをしてくれたNHKの松永孝治さんには、今でも頭が上がりません。

ーー留学されたときのお話を聞かせください。

書籍『海外で働く映像クリエーター』に先輩デジタル・アーティスト達が多く通っていると書かれていたサンフランシスコのアカデミー・オブ・アート大学 Animation & Visual Effects科に入学しました。そこにはピクサー・クラスという現役のピクサー・アニメーターが教えているクラスがあります。このクラスでは基礎固めとしてバウンシングボール(はずむ球体)、ウォークサイクル(歩く動作)の制作から始まり、レベルが上がるにつれパントマイムやダイアログのテストアニメーションを学びました。例えば好きな映画の俳優や女優を選び、どういう要素がそのキャラクターをスペシャルにしているかを分析した後、自分でオリジナルのストーリーをつくり、キャラクターに適用してアニメーションさせる課題がありました。完成したアニメーションを先生やクラスメイトに見せて、そのキャラクターが誰をリファレンスにしたかを当ててもらうというもので面白かったですね。とても深くキャラクターについて考えないと、アニメーションは人に伝わらないという事を学びました。このようにアニメーションの技術よりも、「なぜこのキャラクターがいるのか」とキャラクターの背景から考えることを重視したクラスでした。毎年ピクサー・クラスから1、2人ピクサーのインターンに受かっているので、ちょっとした登竜門にもなっていましたね。授業ではポートフォリオの提出が義務づけられていて、評価が3段階あり、自分は卒業するまでに最高評価のレベル3を3回も取っていたので、先生に「いつまで学校にいるんだ」と怒られました(笑)。大学のスプリング・ショーという年に一度のコンペティションで賞を受賞し、アニメーションに対する精神やスキルをしっかり学ぶことができましたね。そのほかにも大学時代は様々なことに興味があり、3DCGはもちろん、油絵、粘土、パースの授業にカラーや解剖学の授業も受講していました。2Dアニメーションの授業も楽しかったですし、ドローイングのワークショップが無料で行われていたので、授業が終るとよく顔を出していました。

ーーどのような経緯でトンコハウスで働くことになったのでしょうか。

アカデミー在学中に『ダム・キーパー』という短編作品に関わったことが、大きなきっかけです。当時まだピクサーに在籍されていた堤 大介さんがコンポジターを募集していたので、日本で制作したデモリールを送ってみると即採用され、8ヶ月ほど制作に参加させていただきました。卒業後はトンコハウスのロバート氏からの紹介で、Circle square creativeからTwitterやGoogleの仕事をいただきながら、何社かにデモリールを送っていました。LAIKAでは映画『Kubo and the Two Strings』の制作採用ということで電話面接までいったのですが、残念ながら不採用でした。「なかなか、うまくいかないものだ」と思っていたら『ダム・キーパー』時代の同僚でSony Computer Entertainment(現・Sony Interactive Entertainment)のアニメーターから連絡がありアニメーターのインターンを紹介されました。その後、3ヶ月間はアニメーション・インターンとしてゲーム内モーションをつくっていました。その頃から堤さんと連絡を取り合い、インターン終了後、トンコハウスから就職のオファーをいただきました。

映画『ダム・キーパー』公式トレーラー
thedamkeeper.jimdo.com

次ページ:
<2>トンコハウス、そしてサンフランシスコで働くこと

その他の連載