今回は、ハリウッド映画の大作シリーズなどでよく使われる「ディエイジング/エイジング(若返りと老化)」のVFXテクニックを得意とするスタジオ Lola Visual Effectsで活躍中の上原勇樹氏に登場いただいた。アメリカに留学し、何もない状態から勉強を始め、現在はマーベル作品などに参加し多忙な日々を送っているという。そんな上原氏の横顔に迫ってみよう。

TEXT_鍋 潤太郎 / Jyuntaro Nabe
ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。
著書に『海外で働く日本人クリエイター』(ボーンデジタル刊)、『ハリウッドVFX業界就職の手引き』などがある。
公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」


EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

Artist's Profile

上原勇樹 / Yuki Uehara(Lola Visual Effects / Senior Flame Artist)
沖縄県出身。2008年にカリフォルニア州ノースリッジ大学デジタルアート科を卒業後、Skulley FX、yU+coでデジタルアーティストとしてキャリアをスタート。その後、Method Studio、Hydraulxなどでフリーランスとして活躍。2009年にロサンゼルスのLola Visual Effectsに入社。2019年現在までに『ハリー・ポッター』シリーズ、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、マーベル作品など、全70作品以上の映画やテレビシリーズを手がけた

<1>留学後、VFXにハマる

――日本での学生時代の話をお聞かせください。

中学、高校の頃は絵を描くのが好きでよく漫画に出てくるようなキャラクターばかり描いていました。それと母親と祖父が中学校の美術の先生だったこともあり、よく美術館に一緒に行っていました。週末には両親にドライブに連れて行ってもらい、沖縄の自然に触れ合ったことでアートの感覚を養うことができたと思います。

得意科目は美術、音楽、英語でした。その頃からよく洋画を観ていて「アメリカや、海外で勉強したい」という気持ちはありました。ただ、その当時は将来アメリカで映画関係の仕事に携わるとは想像もしていませんでした。というのも、学生の頃は映画の舞台裏やVFXのVさえ知らないほど、知識がなかったからです。

――留学されたときの話をお聞かせください。

アメリカに留学した当初は、語学学校でTOEFLの目標スコアに達成するために4ヵ月程勉強して、その後にサンタモニカ・カレッジに入学しました。最初は音楽科で卒業して、音楽関係の仕事を探していましたが中々見つからず、再度サンタモニカ・カレッジに戻り、4年生大学への編入のための科目を取得して、最終的に自分の得意分野であるアートの専攻でノースリッジ大学に編入しました。

そこで美術の基礎を学びつつ、コンボジットやモーショングラフィックスのクラスを取りました。当初は3D方面で就職したくて、ドリームワークスで働いたことのあるマーク・ファーカー教授の下でMayaを学び、モデリングからアニメーションまで勉強しました。

それらのクラスで勉強したときは、あまりにも楽しくてハマってしまい、朝の授業が始まるギリギリまでプロジェクトの制作に取り組んでいたのを覚えています。この時、「この業界でアメリカで働けたらな」という夢がますます強くなってきました。

クラス以外の活動として、サンタモニカ・カレッジ在学中は英語練習も兼ねてテニスやその他のサークルに参加しました。またノースリッジ大学では当時新しくできた「Viscom」というグループに積極的に参加していました。そこでは活動の一環として、実際のクライアントと仕事をやり取りしたり、他の大学とデザインやモーショングラフィックスなどのショートフィルムを競い合うことでスキルを伸ばしました。

ただ、ノースリッジ大学は他の美術学校と比べると、専門部分においてまだまだ発展途上でもあったので、卒業後もハリウッドにあるGnomon Schoolという専門学校でクラスを取って、デモリールを磨くようにしました。

――海外の映像業界での就職活動は、いかがでしたか?

この業界は「経験と人脈などのネットワークが大事」だというのをよく学生の頃から聞いていたので、デモリールを早めにつくり始めたり、インターンを卒業1年前から始めるなどして、卒業と同時に就職できるよう準備はしていました。

卒業してOPT※という就労許可証が発行された後、できるだけたくさんのスタジオにデモリールとレジュメを送った結果、運良くモーショングラフィクスで有名なyU+coというスタジオに採用されることが決まり、そこで8ヵ月程働き、就労許可証が切れるまで様々なスタジオでスキルを磨きながら経験を積んだ結果、なんとかO-1ビザを取得することができました。

※OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング):アメリカの大学を卒業すると、自分が専攻した分野と同じ業種の企業において、実務研修を積むため1年間合法的に就労できるオプショナル・プラクティカル・トレーニングという制度がある。専攻分野によっては1年以上の就労が認められるケースもあるので、留学先の学校に確認してみると良い

O-1ビザは、映像関係者などの特殊技能保持者のためのビザですが、個人で申請することができません。雇用主となるVFXスタジオや、アーティスト・エージェンシーなどの企業を通して申請する必要があります。その関係で、僕の場合は、たまたまこの業界でビジネスを立ち上げたいという知り合いと組んで自分で会社を設立して、自分自信をビザスポンサーする形で、最初のO-1ビザを取得しました。

また、移民弁護士の選定も重要で、こちらの状況を提示すると「可能」だと言う弁護士もいれば、「無理」と言ってくる弁護士もいます。自分は、同じ方法でO-1ビザを取得した元同僚に弁護士の情報を教えてもらい、その弁護士と何度もやり取りをして、ビザを得ることができました。ビザでも永住権でも、その申請プロセスは忍耐力がかなり必要になってきます。

その後、現在の会社にスポンサーしてもらうまでに、何度かビザを更新しつつ、ようやくグリーンカードを取得して、現在に至ります。


仕事中の上原氏

次ページ:
<2>シニア・アーティストとして、マーベル作品を数多く担当

[[SplitPage]]

<2>シニア・アーティストとして、マーベル作品を数多く担当

――現在の勤務先は、どんな会社でしょうか。

現在のスタジオはLola Visual Effects(以下、Lola)という会社で、主に映画やテレビ番組に出てくる、人物を若返らせたり(ディエイジング)、逆に老けさせる(エイジング)といったスペシャルエフェクトで有名な会社です。

中でも特に有名な作品としては、マーベル作品を多数手がけています。マーベルはトップレベルのクオリティが求められるので、携わった映画のほとんどは締め切りギリギリまで、夜遅くまで仕事をやっていました。そんな中で、ストレスレベルも頂点に達するのですが、職場の同僚はとても親切で教えあったり、助けあったりと、とても働きやすい環境でありがたく思っています。

忙しくなるとフードトラックによるケータリングがあったり、クリスマス前には会社主催のディナーイベントが開かれたり、同僚とカラオケ大会やビーチバレーなどのイベントに参加したりと、仕事以外でも社外で同僚と楽しくやっています。

また、時折本業の職場で余裕があるときには、副業としてTechnicolor、CBS Digital、Skulley FXなどの会社でミュージックビデオやテレビ番組のプロジェクト制作に週末や夜勤で働くなどしてネットワークの幅を広げるようにしています。

――最近参加された作品についてお聞かせください。

やはりマーベル作品などが印象的でどれも苦労したんですが、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で登場するキャラクター、ペギー・カーターのエイジング、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のヴィジョンのハイブリッドCGコンポジット、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のキャプテン・アメリカのエイジングを担当したときが一番大変だったと思います。

というのは、マーベルの作品はどれもVFXにおいて質の高い作品ばかりで、クライアントが求めるクオリティが非常に高く、納期ギリギリまで夜遅くまで残って作業していたからです。その苦労の甲斐あって、毎回、映画のエンドロールに自分の名前を見つけたときの達成感は、最高です。

また、最近『キャプテン・マーベル』での仕事をLolaからVFXアワードに応募することが決まり、4名の代表者の1人として名前を入れていただけることになりました。まだエントリーの段階なので、ノミネートまで辿り着けるかどうか分かりませんが、こういう機会をいただけるだけでも嬉しいですね。

――現在のポジションの面白いところは何でしょうか。

Lolaに入りたての頃は、簡単なディエイジンやクリーンプレートの作成などを担当していましたが、年数を重ねるごとにレベルの高い仕事を任されるようになりました。

現在はシニア・アーティストとして、幅広いプロジェクトを手がけています。このLolaとういう会社での高度なスキルを要する仕事としては、エイジング/ディエイジンがそれにあたるのですが、その登場人物のキャストの現年齢からプラスマイナス30歳から40歳程変化させるプロジェクトがとても大変で、しかも非常にテクニカルなため、かなりの大仕事になってきます。

クライアントがどういうルックを求めるかにもよるのですが、2~5歳若返えらせたり、老けさせる簡単なプロジェクトとは異なり、「数十歳以上の歳の変化を、いかにリアルなクオリティで見せられるか」というセンスが必要になってきます。時間がかかる大変な作業ですが、楽しい仕事です。

――英語の習得は、どのようにされましたか?

やはり現地の方と友達になって会話をすることが、一番上達につながりました。

英語は、中高の頃得意分野だったのですが、アメリカに初めて留学したときは会話に全くついていけないず、何度も挫折しそうになりました。

大学を通してある程度上達はしたのですが、就職後も英語の力不足に何度も苦労しました。今ではほぼ問題なく喋れるのですが、やはり英語は自分にとっては第2言語なので、今でも友達との会話、本や記事、ポッドキャスト、映画などをうまく使って、できるだけ勉強するようにしています。

――将来、海外で働きたい人へのアドバイスをお願いします。

最近はトランプ政権の影響で、アメリカでのビザ取得も難しくなっていますが、アメリカの映画産業はアウトソーシングが多くなってきているので海外、ハリウッド映画に関わりたいというのであれば、これからは他国でも携わる機会が増えていくかもしれません。

それも視野に入れて、様々なスタジオで経験を積んでいけば、ネットワークも広がると思います。自分もこの先、アメリカに居続けるかどうかわかりませんが、もしも今後、この記事をお読みの読者の皆さんと一緒に働く機会があれば、ぜひよろしくお願いします。


Lolaの同僚と

【ビザ取得のキーワード】

1.カリフォルニア州ノースリッジ大学を卒業
2.yU+co、Skulley FX、Method Studio、Hydraulxなどのスタジオでフリーランスとして経験を積む
3.自分で個人会社Octavizを設立、そこを通じて就労ビザO-1を取得
4.ロサンゼルスのLola Visual Effectsに就職、アメリカ永住権取得

info.

  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』
    ーハリウッドを支える日本人 [プリント・レプリカ]
    MovieNEX(4,200円+税)発売中、デジタル配信中
    marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html
    『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』など、その他のマーベル作品はディズニーデラックスで配信中
    disneydeluxe.jp

  • 【Kindle版】海外で働く映像クリエーター
    ーハリウッドを支える日本人 [プリント・レプリカ]
    日本を飛び出し、海外で職を得、さらに高みを目指す。個性あふれる海外在住日本人クリエーターたちは何を考え、誰と出会い、どのような生活をしているのだろうか? ハリウッドの著名スタジオに所属する映像クリエーター、開発・サポートスタッフとして映像制作を支える現地スタッフなど、総勢48人に、自らも映像クリエーターである著者がインタビュー。実際の制作現場での裏話、海外へ出たきっかけ、就労ビザ取得での苦労、海外での就職を目指す人へのアドバイスなど、将来海外で働きたいと思っている人たちへのメッセージが凝縮されている。
    価格:1,296円(税込)
    総ページ数:368ページ
    発行・発売:ボーンデジタル
    www.amazon.co.jp/exec/
    obidos/ASIN/B07SZRQFWY

あなたの海外就業体験を聞かせてください。
インタビュー希望者募集中!

連載「新・海外で働く日本人アーティスト」では、海外で活躍中のクリエイター、エンジニアの方々の海外就職体験談を募集中です。
ご自身のキャリア、学生時代、そして現在のお仕事を確立されるまでの就職体験について。お話をしてみたい方は、CGWORLD編集部までご連絡ください(下記のアドレス宛にメールまたはCGWORLD.jpのSNS宛にご連絡ください)。たくさんのご応募をお待ちしてます!(CGWORLD編集部)

e-mail:cgw@cgworld.jp
Twitter:@CGWjp
Facebook:@cgworldjp