>   >  画龍点睛:Vol.64:蝌蚪
Vol.64:蝌蚪

Vol.64:蝌蚪

今回のモチーフは蛙の卵です。光を通すモチーフは見え方によって綺麗にもグロテスクにもなりますね。
※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 208(2015年12月号)からの転載記事になります

STEP 1:レンダリングと表現

▲ひと昔前の3DCGと言えば、レンダラの機能もあまり発達していなかったので、大部分はコンポジットの力でそれらしく見せる画づくりが主でした。しかし、最近はPBR(Physically Based Rendering)に代表されるように、物理ベースのリアルな表現が主流になってきていますね。作り方がめまぐるしく変わっていくこの業界は気を抜けない反面、とても面白いです。

STEP 2:モデル画像

▲モデル画像です。4Kでレンダリングするため、モデルの形状自体は単純ですが、メッシュの分割は多くしています。球形やカーブはアップで見るとカクつきがある場合もあるので、大きなサイズのレンダリングには気を遣います。

STEP 3:モデルの作成

画龍点睛 Vol.64:蝌蚪

▲ベースはスプラインにサーフェスを張って作成。有機物はやはりこの手法に限ります。

画龍点睛 Vol.64:蝌蚪

▲今回はMudboxで読み込み、スカルプトをしました。

画龍点睛 Vol.64:蝌蚪

▲そのままMudboxでテクスチャを描いていきます。スカルプトとテクスチャ、両方の作業を一度にできるのは重宝しますね。細かい表面の模様もMudboxで描き込んでいきます。

画龍点睛 Vol.64:蝌蚪

▲テクスチャを一度描き出しました。Photoshopで確認します。

画龍点睛 Vol.64:蝌蚪

▲3ds Maxにオブジェクトとテクスチャ、両方を読み込んで表示。さらに状態を確認します。

次ページ:STEP 4:幼生の作成

その他の連載