>   >  画龍点睛:Vol. 89 戌年 ~Spline Dog~
Vol. 89 戌年 ~Spline Dog~

Vol. 89 戌年 ~Spline Dog~

毎年恒例の干支をモチーフにした作品を掲載する季節がやってまいりました。2018年は"戌"です! 今年もよろしくお願いいたします!

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 234(2018年2月号)からの転載記事になります

TEXT_早野海兵(画龍) / Kaihei Hayano(GARYU)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

STEP1:新年


▲あけましておめでとうございます! 昨年はディテールをテーマにプロシージャル的なものから、いろいろと細かい作品を作成しましたが、今年は「表現」というものを重視したメイキングをしていきたいと思います。昨今はツールの完成度の高まりや豊富なチュートリアルなどの公開で、素晴らしい作品を簡単に制作できる時代になってきました。こうした時代に必要なのは発想力や応用力でしょう。今年は様々な方法で「表現」を追及していきたいと思います。

STEP2:モデル画像



▲モデル画像です。今回は新機能のスプラインモディファイヤを使用しながら、アナログのデッサンのような感覚でモデリングをしてみました。基はほとんどスプラインなのですが、オブジェクト化しているのでビューポートできちんとモデル表示されます。

STEP3:モデリング


▲フリーハンドスプラインを使用して、ガイドで作成したモデルに対してスプラインを描いていきます。


▲新しいモディファイヤでスプラインをリラックスさせ、なめらかに。


▲鉛筆画のつもりでどんどん描いていきます。


▲描いたスプラインを可視化し、オブジェクトとして表示。


▲太さが一定にならないようにパーツを分けて作成していきました。

次ページ:
STEP4:シーンの作成

その他の連載