>   >  画龍点睛:Vol.100 Wooden Boar ~2019~
Vol.100 Wooden Boar ~2019~

Vol.100 Wooden Boar ~2019~

あけましておめでとうございます! 毎年恒例の年賀状メイキングです。今年の干支は亥。そして今年の連載のテーマは「Generalist Style」。近年、多種多様になってきたCG制作方法をゼネラリストならではの視点で解説させていただきたいと思います。ゼネラリスト的な制作スタイルには3ds Maxがとても向いています。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 246(2019年1月号)からの転載記事になります

TEXT_KAI(GARYU)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

Method 1:リアリティを求めて


▲今回は連載「画竜点睛」の100回記念です。この連載を始めてからずっと、リアリティのある作品をつくり続けてきました。筆者の考えるリアリティはただ実写のようなものではなく、見る人の心に届くリアリティのある作品です。そのためセオリー通りのつくり方はせず、毎回ちがうアプローチを考え、様々な試みもしてきました。しかしながら、まだまだ道は遠く、さらなる研鑽が必要と勉強に励む日々です。ちなみに今回は連載100回目ですが、前連載(「必殺テクスチャ・イリュージョン」、および「Texture Illusion」/2000~2007)の分も合わせると182回目の連載掲載になります。おかげさまで、合計200回ももうすぐです。

Method 2:進化するアプローチ


▲ソフトの進化により、今までバラバラだった制作アプローチが、同時進行できるようになってきました。これはゼネラリストには良い環境です。


▲資料集めに加え、昨今取り組んでいるのはフォトグラメトリー用の写真撮影をしながらの散策です。


▲以前はスケッチブックにアイデアなどを描いていましたが、現在では直接3DCGソフトでラフスケッチを行うこともあります。

Method 3:制作の準備


▲撮りためた写真をPhotoScanでモデル化。ノートPCでもできるので、手持ちでその場でのスキャン確認もできるお手軽さです。


▲さらにテクスチャも一連のソフトで分解し、要素ごとのテクスチャに。これも半自動でできてしまいます。


▲こうして作成したアセットや購入したもの、以前制作したものを大量にシーンに並べてみると、あたかも採取した木材をアトリエにならべて思考するアーティストの気分になりますね。

Method 4:制作の時間

▲ひとつひとつパーツを組み合わせていきます、こうした作業はアナログでつくっていくのとたいして変わらないかもしれません。

V-Ray IPRを活用することで、ビューポートでリアルタイムレンダリングの表示が可能に。質感やライティングを行いながら配置、レイアウトができて、本当に目の前で組み上げているようです。

▲もともとのアセットに質感は付いているので、レンダリングするとそれなりに綺麗な木の質感が出ます。

次ページ:
Method 5:ゼネラリストの強みを活かしたシーン作成

その他の連載