>   >  画龍点睛:Vol.100 Wooden Boar ~2019~
Vol.100 Wooden Boar ~2019~

Vol.100 Wooden Boar ~2019~

Method 5:ゼネラリストの強みを活かしたシーン作成

▲身体や床に散らばった破片の配置は、エフェクトの概念からMassFXで行いました。エフェクトやアニメーション用途とされるツールからシーンを作成するヒントをつかめるのは、ゼネラリストらしい発想だと思います。

▲衝突用のコリジョンモデル。重いと固まるのでZBrushの力を借りて最低限の形にしました。ちょっとした作業も他ソフトとの連携が大事です。

▲アニメーションに使用する植物生成プラグインで蔦を背中に這わせます。盆栽のような雰囲気が出てきますね。

▲顔の部分に目がいくように、アクセントになる模様を工芸品のようにフリーハンドで作成。

▲完成したモデルです。

Method 6:レンダリングと画としての魅力

▲実際のアート作品を組み上げた後のように、VRayCameraを配置して撮影。ISOや被写界深度などの設定もしています。

▲ひと通りできましたが、レンダリングは少し悩みました。そのままでも良かったのですが、ただ木を組んだだけのように見えてしまいます。

▲そこで全ての木のマテリアル、テクスチャをペイントし直し、様々なHDRでテストをしました。このあたりの創意工夫が同じようなレンダリングになりがちな3DCGに変化を与えるポイントでしょう。

Method 7:画づくり

After Effects(以下、AE)に読み込みました。自然な質感を活かすために、あえてレンダリングで被写界深度やブルーム、グレア効果も付けています。

▲現実的なコンポジットでは本当に薄く、ほんのりとフレアや反射の強弱を味付けします。

▲カラコレもV-Ray Frame Bufferで同時に済ませています。効果はLUTを使い、AEで合成。イメージを変えることなく、仕上げができます。

次ページ:
連載アーティストの皆さまからのコメント