>   >  画龍点睛:Vol. 86 Railway Junction
Vol. 86 Railway Junction

Vol. 86 Railway Junction

今回はRailcloneを使用して、その名の通りレールを作成しました。線路の分岐の表現です。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 231(2017年11月号)からの転載記事になります

TEXT_早野海兵(画龍) / Kaihei Hayano(GARYU)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

STEP1:線路


▲毎日、何気なく見ている電車のレールですが、実際のパーツは1つ1つとても複雑で精密にできています。くり返しのパーツですが、並べることによってより密度感が増してくるような構造ですね。専門家の方が見たら、まだまだ甘いかもしれませんが。

STEP2:モデル画像



▲モデル画像です。レールの方はそのままむき出しで見えるので、なるべく綺麗にモデリングしていますが、地面の方は砂利や草などに覆われてしまうので、比較的大きな形を重視して作成しました。

STEP3:モデルの作成


▲カクカクしているモデルなので、ポリゴンモデリングでいきましょう。BOXから変形させます。


▲ボルトなど、曲線でできたパーツも作成。


▲制作したパーツを組み合わせていきます。溝の部分を少しずらしながら組むのがコツですね。


▲同じような方法で細いパーツや横のパーツなども作成していきます。


▲何本もあるレールのながれをスプラインとスウィープモディファイヤで作成しました。

次ページ:
STEP4:シーンの作成

その他の連載