>   >  画龍点睛:Vol.112 子鼠
Vol.112 子鼠

Vol.112 子鼠

2020年あけましておめでとうございます! 今号は毎年恒例の干支モチーフ、今年は「子鼠」です。さて、前身の連載と合わせると、2020年で連載合計200回を迎えます。「2」ばかり続いてなんだかめでたい感じですね(笑)。それでは今年も、連載『画龍点睛』をどうぞよろしくお願いいたします。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 258(2020年02月号)からの転載となります。

TEXT_早野海兵(GARYU)
EDIT_三村ゆにこ(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

Method 1:謹賀新年

こちらは12年前に干支モチーフとして制作した作品です。連載のバックアップの中に干支モチーフ「ねずみ」がないな......と探していたのですが、そう言えばちょうど12年前は『画龍点睛』を一時休載して、1年間CGWORLDの表紙を描いていたのでした。これはその当時制作した作品です。12年後も作品をつくっていられるよう、日々精進していきたいと思っております! 今回制作した作品のイメージは「ちょっと机の上に欲しい感じ」です。モチーフは毎年恒例の「干支」なので、テーマは最初から決まっていました。最近はまっている、BlenderのGrease Pencilは本当に素敵です! ZBrushが「スカルプト(彫る)」に特化したツールであるのに対して、Blenderは「描く」ことに特化したツールですね。制作していて「アナログ感」が出るんです。......描いてるんだから当たり前か(笑)。

「CG感」には良い点と悪い点があります。お手軽にさっとつくれたり、わかりやすいプリミティブだったりといった点は良い点として挙げられます。その反面、味や色気、雰囲気といったアナログならではの魅力を出すのは相当の研鑽が必要です。今回のテーマは「子鼠」ですが、演出を考える際のキーワードは「謹賀新年」「年賀状」「めでたい」。カラー構成は「赤」「白」「金」。気持ちは「あたたかさ」「前進」「孤高」といった感じです。過去作は「気持ち悪さ」が前面に出たものが多かったので(笑)、今回は「ハイブランドのような透明感とクオリティ」をコンセプトに、新年に「初」で目を引く作品に仕上げました。デパートの売り場に置いてあるんじゃないか、というリアリティのあるイメージです。


Method 2:3Dスケッチ


▲昨年、自分の中で最もヒットしたBlender の「Grease Pencil」を使用して3Dスケッチをしました。


▲具体的な仕様は「単純に描き込む」。こういったペイント系ツールは、「どの機能を使用するか」よりも「いかに慣れて手足のように描けるか」が大切ですね。


▲Blenderの「ペイントの上にさらにペイントしていく」という発想も、ディテールアップする際に力強い味方となってくれる機能です。


▲描画したスケッチは一度スプライン化して、飛び出た箇所を修正します。また、ここでスカルプトも使用できるので、描いたスケッチを柔軟に変形させます。


▲全体をメッシュ化します。一気に描いてしまうと後からパーツを分けるのに苦労するので、ある程度レイヤーごとに分けながら描きました。

Method 3:ゼネラリスト的なシーン作成

1:デザイン


3ds MaxにFBXでパーツを読み込みます。レイヤーもパーツごとに分かれるので便利です。


▲「Grease Pencil」でのスケッチではUVが展開できないので、今回はお手軽にZBrushにもっていって展開しました。ついでにリメッシュもして軽くしておきます。


▲ほんの少しだけ質感に汚れやニュアンスを付けたかったので、UV付きのFBXをSubstance Painterで加工します。

2:モデリング


▲球体やプリミティブなものであれば、3ds Maxで配置した方が効率的です。


▲直立しているのもどうかと思うので、ポーズを付けるためにCATを使用しました。リグのサンプルが多くて使いやすいですね。


▲質感の味付けに「Dirtテクスチャ」を使用しています。物理的に境界部分を塗ることができますが、あまりやりすぎるとアニメっぽくなるので注意です。


▲地面と背景に関しては、単純な赤背景のように見えますが、実は「V-RayFur」によってぎっしりと毛で覆われています。


▲新年のめでたさを強調するため、ライティングはいつもより明るめにしました。

3:完成


▲コンポジットでAfter Effectsにもってきたレンダリング画像。V-Rayでのカラコレも外している「素」の状態です。


▲V-RayからLUTをもってきて、さらに色味を微調整します。After Effectsは0以下の色調整が難しいのが残念です。


▲エレメントとしてフレア素材などを追加して、完成です。

次ページ:
Road to Generalist ゼネラリストになりたい!01

その他の連載