>   >  画龍点睛:Vol.101 銀杏木馬
Vol.101 銀杏木馬

Vol.101 銀杏木馬

今回はフォトグラメトリーを取り入れた作品づくりです。そういえばこの連載で背景の実写合成を取り上げるのは初めてですね。背景全体にはあらゆる要素が含まれていて、ゼネラリストは背景制作のお仕事も多く、私も背景デザインや実際のシーンベースで作成したりすることが多々あります。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 247(2019年3月号)からの転載となります。

TEXT_KAI(GARYU)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

Method 1:散策ロケハン



▲まずはロケハン(ロケーション・ハンティング)です。撮影場所を探して様々な場所を検証します。制作作業で引きこもりがちなので、こういった外出はとても楽しい工程のひとつですね。ついでにその街の素敵なお店を発見したり、隠れた重要文化財に出会えたりといった偶然の出会いも楽しめます。

Method 2:背景の制作工程の検証


▲【1】最初に全体の作業工程を頭に入れておきましょう。例えば、今回の公園の作成には図のような作業が必要です。【2】使用する主なハードとソフトです。今回の撮影では散策しながらの持ち運びに便利なCanon EOS M5を使用しました。ワークフローとしては3ds Maxを中心に構築しています。もし多人数で取り組む場合は撮影、テクニカル(HDRやPhotoScan)、アセット作成、シーン作成、コンポジットくらいで分けると良いかと思います。

Method 3:実際の撮影


▲HDRを作成するために露出の異なる写真を同アングルで何枚か撮影します。屋外だと天候にも大きく左右されてしまいますが、実は散歩には不向きな曇りで、空気が澄んでいるときが撮影には最適です。今回の撮影日前後は晴れた日が多く、曇りの日をねらうのに苦労しました。


▲ミラーボールの状態ならPhotoshopで、自動でHDRに合成できます。私が写ってしまっていますね(笑)。

次ページ:
Method 4:撮影した写真から

その他の連載