>   >  画龍点睛:Vol.66:金申楽
Vol.66:金申楽

Vol.66:金申楽

毎年恒例の干支。今年、2016年はがモチーフです。ここ最近、CG業界が盛り上がりを見せています。若手のクリエイターが次々と現れてくるのは、さながら20年前のようです。今年もCG業界にとって良い年でありますように。
※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 210(2016年2月号)からの転載記事になります

STEP 1:レイアウト変更

▲2016年の第一弾、作品からわかるように今回から画像アスペクトを改定し、昨今主流になっている4Kサイズにしました。正確には4K UHD(画素3,840×2,160)になります。思えば以前の連載「テクスチャイリュージョン」(2000~2007)のときはCDジャケットを意識した正方形のレイアウト。そして、続く連載「画龍点睛」前半(2010~2015)はポスターレイアウトでした。それが今は4Kに。時代のながれを感じます。画像は作成前に描いたスケッチで、こうしたスケッチをしながらイメージを固めています。今回は中国の京劇のメイクや王朝時代の金銀器を参考にしました。

STEP 2:モデル画像

▲モデル画像です。今回は装飾することが前提ですので、ベースのモデルはなるべく細かい重なりがないように、滑らかな形状を意識しました。

STEP 3:モデルの作成

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲ベースの形は滑らかな曲面を意識して、3ds Max上でサーフェスで作成。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲モデルを半分にして、ZBrushで読み込みます。ある程度スカルプトしたら、リトポロジーしてUVを付けます。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲UV付きのモデルを3ds Max上でミラーコピーし、再び書き出し。今度はMARI上で模様を描いていきます。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲MARIで描いた模様をZBrushに読み込み、マスクを適用。そこからPolygroupsに変換。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲これをくり返して、いくつかパーツを作成していきます。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲出来上がったオブジェクトを3ds Maxに読み込み配置します。

次ページ:
STEP 4:模様の作成

その他の連載