>   >  画龍点睛:Vol.66:金申楽
Vol.66:金申楽

Vol.66:金申楽

Basic MAX「コンポジットワークにおける3ds MaxとAfter Effectsの連携」

3ds Maxのちょっとした小技を紹介していく「Basic MAX」コーナー。今回はせっかく4Kになったので、コンポジットワークにおける3ds MaxとAfter Effectsの連携を解説します。実はこのテーマはセミナーなどでも質問が一番多いです。

Point 1:After Effectsとの連携方法

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲1:作業を進めていく前に下準備が必要です。ヘルプを参考に、3ds Maxに付属しているAEプラグインを正しくインストールしてください。これがわからず断念している人が多いようです。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲2:プラグインが正しくインストールできると、AEの[ファイル]に[Open Compositor Link(Autodesk)]という項目が表示されます。ちなみに、この記事を執筆している2015年11月現在、CC2015には対応しておらず、CC2014までの対応のようです。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲3:読み込めるのはカメラ、ライト、Nullです。オブジェクトはNullのようになってしまいます。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲4:3ds Maxの[レンダリング→ステートセット]から[コンポジタリンク]を表示。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲5:読み込みたいものを選択した状態で[オブジェクト]の緑の矢印をクリックすると、その下に選択した項目が追加されます。そして、[コンポジタリンク]でファイルを保存。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲6:3ds Max上で保存したファイルを先ほどのAEの[Open Compositor Link(Autodesk)]から読み込みます。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲7:これでカメラ、ライト、Nullの入ったコンポジションが作成されました。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲8:相互リンクするプラグインですので、例えばAE上でこのようにカメラのキーフレームを変更すると、

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲9:3ds Max上でもカメラの位置が変更されます。ただし、全フレームにキーが打たれてしまうので注意が必要です。

Point 2:そのほかの方法

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲このほかにも、AEから3ds MaxにカメラをもってきたいときはAE3D EXPORT(aenhancers.com/viewtopic.php?t=991)というスクリプトがあります。AEで簡単にトラッキングしたカメラを読み込む場合などに便利です。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲また、FBXで書き出したカメラを読み込めるプラグイン、FBX to AE(aescripts.com/fbx-to-ae)もあります。こちらもAEのプラグインですね。

[information]
デジタルハリウッド×画龍コラボレーション「画龍・早野海兵流CGアーティスト講座~working of 3ds Max~」

  • 2016年4月、デジタルハリウッド×画龍コラボレーション「画龍・早野海兵流CGアーティスト講座~working of 3ds Max~」を開講いたします。
    "3DCGを創る楽しさ"をモットーに20年以上業界の最前線を走ってきました。3DCGやってみたい!その気持ちだけで大丈夫です。週1回だけ、週末の時間を使って魅力的な3DCGの世界を手に入れませんか?私ができる限りのお手伝いをさせていただきます。詳しくは下記HPまで。

    開講日:2016年4月
    期間:6ヶ月
    曜日:毎週土曜日(週1回)
    時間:1日・5時間
    講師:早野海兵(画龍)
    school.dhw.co.jp/p/garyudhw
  • 画龍点睛 Vol.66:金申楽

[プロフィール]
早野海兵(はやのかいへい)
日本大学芸術学部卒業後、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント、(株)リンクス、(株)ソニー・コンピューターエンタテインメントを経て、フリーランスで活動。2007年(株)画龍を設立。
www.ga-ryu.co.jp
www.kaihei.net
@kai_hei